ムアンローイエット郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯16度3分12秒 東経103度39分12秒 / 北緯16.05333度 東経103.65333度 / 16.05333; 103.65333

ムアンローイエット郡
位置画像
ムアンローイエット郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองร้อยเอ็ด
ローイエット県
地理番号 4501
郵便番号 45000
統計
面積 493.6 km2
人口 153,567 人 (2005年)
人口密度 124.9 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンローイエット郡(ムアンローイエットぐん)はタイ東北部・ローイエット県の郡(アムプー)。同県の県庁所在地(ムアン)でもある。

名称[編集]

ローイエットはかつて11の衛星都市(ムアン)とそれに続く11の門があった。このため、101(10と1という意味、じゅういち)の街と書かれた、これが元になってローイエット(101、ひゃくいち)の街と呼ばれるようになった。

歴史[編集]

ローイエットは古くサケートナコーン王国が存在し、11の衛星都市を持った都市として機能した。しかし、その後衰退し、ローイエットは廃墟となった。

1713年、チャムパーサックの王、ソイシースントーンプッターンクーンは、チャオ・ケーオモンコンに移住者を引き連れさせバーントゥン(現在のスワンナプーム郡)に移住させた。その後、チャオ・ケーオモンコンは3人の子供を残すが、この息子、チャオ・ムートがバーントゥンの国主に、またその後、弟のチャオ・トンが国主になり、バーントゥンはアユタヤ王朝の属国となった。1772年トンブリー王朝タークシンの命でバーントゥンからムアン・シープーム(スワンナプーム郡)に街が移動、その後、1775年、タークシン王はチャオ・トンをプラヤー・カッティヤウォンサーの官位に昇格させローイエットの国主とし、その弟、ターオ・オをプラヤー・ラッタナウォンサーの官位につけた。

1908年、ローイエットは郡となった。1913年、それまで公的にはパチムローイエット郡と呼ばれていたが、ムアンローイエット郡と改称された[1]

地理[編集]

チー川の支流の形成した平地にあり、郡内の主な水源も、同河川の水系の河川である。

国道23号線が東西に通っており、東にヤソートーン方面、西にマハーサーラカーム方面とつながっている。国道が北に向かって延びておりカーラシン方面とつながっている。国道2044号線が東北に延びておりポーントーン方面と、国道2043号線が東南に延びておりパノムプライ方面と、国道215号線が南南東に延びておりスワンナプーム方面と、国道214号線が南南西に延びておりカセートウィサイ方面と、国道2045号線が南西に延びておりパユッカプームピサイ方面に延びている。

経済[編集]

郡の主な産業は農業で、コメ、タバコ、魚などが生産されている。

行政区分[編集]

郡は15のタムボンに分かれ、さらにその下位に195の村(ムーバーン)がある。自治体(テーサバーン)があり以下のようになっている。

また郡内には14のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)がある。以下のリストで欠番のタムボンは市から分離してチャンハーン郡、シーソムデット郡となった郡である。

  1. タムボン・ナイムアン・・・ตำบลในเมือง
  2. タムボン・ロープムアン・・・ตำบลรอบเมือง
  3. タムボン・ヌアムアン・・・ตำบลเหนือเมือง
  4. タムボン・コーンケン・・・ตำบลขอนแก่น
  5. タムボン・ナーポー・・・ตำบลนาโพธิ์
  6. タムボン・サアートソムブーン・・・ตำบลสะอาดสมบูรณ์
  1. タムボン・シーケーオ・・・ตำบลสีแก้ว
  2. タムボン・ポーパーン・・・ตำบลปอภาร
  3. タムボン・ノーンラン・・・ตำบลโนนรัง
  1. タムボン・ノーンケーオ・・・ตำบลหนองแก้ว
  2. タムボン・ノーンウェーン・・・ตำบลหนองแวง
  1. タムボン・ドンラーン・・・ตำบลดงลาน
  1. タムボン・ケーンヤイ・・・ตำบลแคนใหญ่
  2. タムボン・ノーンターン・・・ตำบลโนนตาล
  3. タムボン・ムアントーン・・・ตำบลเมืองทอง

脚注[編集]