ムイミダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ムイミダス』は、一部日本テレビ系列局と一部独立UHF局で放送された読売テレビ製作のバラエティ番組。製作局の読売テレビでは1990年4月から1991年3月まで放送。

概要[編集]

波良野(ぱらの)家4兄弟の家庭を舞台にしたコントがメインの深夜番組である。1回の放送で波良野家のコントが3本程度あり、その合間合間に「あきのえかき唄」や「知っておこう」といったコーナーが挿まれていた。両親は彼らとは離れて暮らしている設定であるために登場しないが、後に次男と入れ替わる形でおじいちゃんが登場するようになった。

番組タイトルは集英社の現代用語事典『イミダス』をもじったもので、ほぼ同一の出演者陣によって展開された前番組『週刊テレビ広辞苑』と『現代用語の基礎体力』の流れを汲んでいた。後番組は『未確認飛行ぶっとい』。

放送局[編集]

日本テレビ系列局[編集]

独立UHF局[編集]

コーナー・出演者[編集]

波良野家[編集]

  • 升毅売名行為) - 波良野タケシ(長男)
    職業は小説家。和服を着ていることが多かった。
  • 槍魔栗三助(現・生瀬勝久)(劇団そとばこまち) - 波良野サンスケ(次男)、おじいちゃん
    サンスケの職業は警察官。当時、槍魔栗三助が関西ローカルの刑事ドラマ『新・部長刑事アーバンポリス24』に刑事・倉田小太郎役でレギュラー出演していたことのパロディである。後にサンスケは登場しなくなり、替わりにおじいちゃんが登場するようになった。
  • 古田新太劇団☆新感線) - 波良野アラタ(三男)
    職業はフリーター。常にハードロッカーのような服装を身に着けていた。
  • 羽野晶紀(劇団☆新感線) - 波良野アキ(長女であるが末妹)
    高校生。セーラー服を着ていることが多かった。親元を飛び出してきた居候的な身分のため自分の部屋がなく、天井から逆さ吊りで登場するなど時折突拍子もない登場の仕方をしていた。
  • 立原啓裕(売名行為) - でんちゃん
    アラタの部屋の窓の外にある電柱につかまって登場する中年男性。自分のことを「おっちゃん」と自称していたが、アラタが「おっちゃん」と呼ぶと「おっちゃん言うな」と怒っていた。
  • 牧野エミ(売名行為)
  • 山西惇(劇団そとばこまち)
    来客や乱入者など、毎回違う役で登場。登場しない時もあった。

あきのえかき唄[編集]

コンピュータグラフィックス(ソニーCP グラフィックコンピュータ)を使って、オリジナルの絵描き歌を歌い描くだけのコーナー。後に唄は無くなり、「あきのおえかき」と改題。

  • 羽野晶紀(歌)

知っておこう[編集]

NHK教育テレビ学校放送番組のようなミニコントをするコーナー。オチを敢えて作らないシュールな作りのコーナーだった。

  • 山西惇(ナレーター)

螺旋の季節(とき)[編集]

病院を舞台にしたシリアスな雰囲気のショートドラマ。コメディの要素はほとんどなかった。

  • 曲直部耕介 - 升毅
  • 曲直部忠介 - 山西惇
  • 看護婦和田 - 羽野晶紀
  • 進藤恵 - 牧野エミ
  • ナレーション - 道浦俊彦(読売テレビアナウンサー)

花とみつばち[編集]

ヤクザ映画のパロディ。「赤白組」と「果汁組」の対立を軸としたシチュエーション・コメディ

  • 赤白組組長 山口あき - 羽野晶紀

ウルトラドン[編集]

番組自体よりも強烈な印象を残す伝説の名コーナー。『ウルトラマン』のパロディなのだが、本家と違って怪獣がいつも同じウルトラドンで、対するヒーローが毎回変わる。

  • ウルトラドン - 山西惇
  • アラタ隊員 - 古田新太

オープニングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

  • ディレクター - 川口裕(東通企画)、落合秀昭(東通企画)
  • 構成 - かわら長介東野博昭倉本美津留
  • 技術 - 宮内良一、菊川雄二
  • 美術 - 綿谷登
  • 照明 - 浜野眞治
  • 音声 - 高添優
  • 音効 - 久保秀夫、中村康治
  • 技術協力 - タクビデオ
  • 編集 - メディアプラザ
  • 協力 - リコモーション
  • 制作協力 - 東通企画
  • プロデューサー - 竹内伸治、川口裕(東通企画)
  • チーフプロデューサー - 豊永幸男
  • 制作著作 - よみうりテレビ

特別番組[編集]

2008年3月8日と同年3月15日に読売テレビで、下記DVD発売の宣伝告知を兼ねた特別番組現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が放送された。放送時間はともに24:50 - 26:15、深夜の単発番組放送枠『Y.A.P.P.Y.』で放送。

関連メディア[編集]

この番組の内容を元にした新作DVD『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 DVD-BOX』が、2008年4月23日にジェネオン エンタテインメントより発売。内容は、『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 其の壱』と『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑 其の弐』、以上2枚に特典DVD1枚をセットにしたものである。