ムサシボウホマレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムサシボウホマレ
品種 アングロアラブ
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1987年4月12日
トライバルセンプー
ワカバテンリユウ
母の父 ブルシヨワ
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 上居茂男
馬主 藤井俊雄
調教師 石井勝教(福山
競走成績
生涯成績 52戦17勝
獲得賞金 109,115,000円
テンプレートを表示

ムサシボウホマレは、日本アングロアラブ競走馬

来歴[編集]

石井幸男が全52戦の手綱を執った。

1989年7月17日福山競馬場(以下、福山)でデビューし初勝利を挙げた。

1990年4月29日福山ダービー(福山)では、チエリーライナーに敗れて2着となったが、同年5月16日に行われた楠賞全日本アラブ優駿園田競馬場)では、1番人気のハヤテスカツドをクビ差下し優勝。

その後、宇都宮から転厩してきた、同じ父を持つ同世代のグリンダイオーに敵わなかったこともあり、12戦もの間勝てなかったが、1991年8月18日に行われた金杯(福山)を勝ち、全日本アラブ優駿以来の重賞制覇。

1992年、A1特別(福山)、福山マイラーズカップ(福山)、A1特別(福山)、ローゼンホーマ記念(福山)を制し4連勝を記録。その後、同年8月16日の金杯に出走。2着のトヨクラバイオーに2馬身の差をつけ、2連覇を達成した。その後、5戦連続2着の成績を経て現役を引退した。

現役引退後種牡馬となったが、特筆すべき産駒は出なかった。