ムジャッダラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムジャッダラ
Mujaddara.jpg
ムジャッダラの一例
フルコース 主食
発祥地 レバント
関連食文化 イラク料理、イスラエル料理、ヨルダン料理、レバノン料理、パレスチナ料理、シリア料理
主な材料 コメまたはブルグル、レンズマメおよびタマネギ
テンプレートを表示

ムジャッダラアラビア語: مجدرةmujadarah 英語ではmajadra、mejadra、moujadara、mudardaraまたはmegadarraと表記される)は、レンズマメおよび脱穀した穀物(一般的にはコメ)を炊き込み、タマネギソテーを加えて作られる料理である。

名称および起源[編集]

ムジャッダラは、アラビア語で「あばたのある」という意味であり、コメの間にレンズマメが混ざっている様子をあばたに例えている[1][2]。記録されているムジャッダラの最古のレシピは、1226年にアル=バグダーディーによりイラクにおいて編纂された料理書であるKitab al-Tabikhに記載されたものである[2]。このレシピは、コメ、レンズマメおよびを用いるもので、儀式の際に提供されるものであった。肉を用いないものは、一般に貧しい者らが食していたアラブ料理であり、旧約聖書においてヤコブエサウから長子の権利を譲り受けるのと引き換えに渡した「レンズ豆のあつもの」はムジャッダラを指すといわれている[1]。ムジャッダラの食生活上の重要性は、マシュリク(東アラブ)のことわざに「空腹のあまりムジャッダラ一皿のために魂を売り渡す」というものがあるほどである[3]

バリエーション[編集]

レンズマメを炊いたものは、中東全域において非常に一般的であり、様々な料理のベースに用いられる。ムジャッダラはアラブ地域全域において一般的な料理であり、茶色または緑色のレンズマメとコメを素材に用い、クミンコリアンダーまたはミントにより風味づけを施している[1]。フライドオニオンが振りかけられ、野菜その他の副菜(温菜・冷菜いずれの場合もある)とともに供されるが、とりわけヨーグルトが添えられるのが通例である[1]

特にパレスチナでは、コメの代わりにしばしばブルグル(茹でて砕き乾燥させたコムギ)が用いられる。コメを用いたムジャッダラと区別して、ブルグルを用いたものはムジャッダレットブルグル(M'jaddaret-Burghul)と呼ばれる。ムジャッダラと呼ばれる料理は、月に何度かは家庭の食卓に上る。オリーブ・オイルおよび薄切りのタマネギとともに調理され、ナーブルスで伝統的に作られてきた羊乳のプレーンヨーグルト(ラバン・ナアジャ(Laban N'aj لبن نعجة)と呼ばれる)とグリーンサラダを添えて供される。パレスチナでは、ムジャッダラで客人をもてなすことはまずない[4][5][6][7][8]

アラブ人キリスト教徒は、伝統的に、レントの期間にムジャッダラを食してきた。ムジャッダラはミズラヒム、とりわけシリアおよびエジプトにバックグラウンドを有するユダヤ人の間でも一般的な料理である。こうしたユダヤ人の間では、ムジャッダラはコムギよりもコメを用いて作られ、「エサウの好物」という名前で呼ばれることがある[9]。こうしたユダヤ人は伝統的にムジャッダラを週に2回、温かいものを木曜日の夜に、冷たいものを日曜日にそれぞれ食してきた[10]

類似の料理[編集]

エジプト料理では、レンズマメ、コメ、マカロニトマトソースを合わせた料理としてコシャリがある。

インド料理では、レンズ豆をコメと炊き合わせたものとしてキチュリがある。

イラン料理では、コメとレンズマメを用いた類似の料理をアダスポロと呼んでいる。

キプロス料理のfakes moutzentra[11]もコメとレンズマメを用いており、ムジャッダラに非常に近い料理である。ギリシア語ではfakesはレンズマメを指す。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Basan, Ghillie (2005) (English). Middle Eastern Kitchen. Hippocrene Books. p. 118. ISBN 978-0781811903. https://books.google.com.my/books?id=-7wnpIi3VRwC&pg=PA118&dq=mujaddara&hl=en&ei=bSyzS5-pFIOe_AaD79n8CA&sa=X&oi=book_result&ct=result&redir_esc=y#v=onepage&q=mujaddara&f=false 2017年11月16日閲覧。. 
  2. ^ a b Marks, Gil (2010) (English). Encyclopedia of Jewish Food. Houghton Mifflin Harcourt. p. 412. ISBN 978-0470391303. 
  3. ^ Salloum, Habeeb; Peters, Jim (1996) (English). From the lands of figs and olives: over 300 delicious and unusual recipes from the Middle East and North Africa. I.B.TAURIS. p. 199. ISBN 978-1860640384. https://books.google.com/books?id=pkmdosckh7MC&pg=PA199&dq=mujaddara&hl=en&ei=b-zTTt-dOIji8QOYlLXUDw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CDIQ6AEwAQ#v=onepage&q=mujaddara&f=false 2017年11月26日閲覧。. 
  4. ^ Hassoun, Ghazi Q (English). Walking Out into the Sunshine: Recollections and Reflections: A Palestinian Personal Experience. Windy City Publishers. ISBN 978-1935766612. https://books.google.ch/books?id=XypgDQAAQBAJ&pg=PT23&lpg=#v=onepage&q&f=false 2017年11月26日閲覧。. 
  5. ^ Colin Kampschoer (2015年11月3日). “FamilyChef: Samar's Mujaddara” (英語). UN World Food Programme. 2017年11月26日閲覧。
  6. ^ Mujaddara palestinian rice & lentil dish” (2014年8月18日). 2017年11月26日閲覧。
  7. ^ Kitchen of Palestine Bulgur with Lentils (Mjaddara)”. 2017年11月26日閲覧。
  8. ^ Zaytoun”. 2017年11月26日閲覧。
  9. ^ Roden, Claudia (2000) (English). The New Book of Middle Eastern Food: The Classic Cookbook, Expanded and Updated, with New Recipes and Contemporary Variations on Old Themes. Knopf. ISBN 978-0375405068. 
  10. ^ (English) Aromas of Aleppo. Knopf. (2007). ISBN 978-0060888183. 
  11. ^ Φακές μουτζιέντρα” (Greek). Cyprus Food Virtual Museum. 2015年11月30日閲覧。