ムスタイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムスタイーン
アッバース朝カリフ
在位 862年 - 866年

全名 アル・ムスタイーン
出生 835年
死去 866年
サーマッラ―
継承者 ムゥタッズ
王家 アッバース家
王朝 アッバース朝
父親 ムハンマド
宗教 スンナ派
テンプレートを表示

ムスタイーン835年 - 866年、)はアッバース朝の第12代カリフ(在位:862年 - 866年)である。

生涯[編集]

アッバース朝の第8代カリフであるムウタシムの孫である。人柄は良く、862年にマルムークに押され即位した。しかし軍閥にサーマッラ―からバグダートに連れていかれ、追いかけてきた反対派にバグダートを1年間にわたって包囲されやむなく従兄弟のムゥタッズにカリフの地位を譲った。サーマッラ―の獄に投じられムゥタッズにそそのかされた侍従に獄中で殺害された。享年31。ムゥタッズは遺体を重臣たちの前に出し自然死であると主張し賛同させた。

参考文献[編集]

  • 『生活の世界歴史7 イスラムの蔭に』  河出文庫