ムターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ムターゼ:Mutase)とは、同一分子内である官能基をとある場所から別の場所に移動させることを触媒する酵素のことである[1]

概要

ムターゼによる分子内転移では、基質の構造は変わるが原子組成は変化しない[1]

この酵素の例として、赤血球中に見られるビスホスホグリセリン酸ムターゼや3-ホスホグリセリン酸2-ホスホグリセリン酸に変化させて解糖系で働くホスホグリセリン酸ムターゼなどがある[2]

脚注

[ヘルプ]

参考文献

  • Conn, E.E.,Stumpf, P.K.,et al. 『コーン・スタンプ生化学』 田宮信雄、八木達彦訳、東京化学同人、1988年3月11日(原著1965年4月1日)、第5版。ISBN 4-8079-0299-7。

今日は何の日(8月22日

もっと見る

「ムターゼ」のQ&A