ムニンタツナミソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムニンタツナミソウ
Scutellaria longituba 1.JPG
新宿御苑温室 2013年4月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : タツナミソウ亜科 Scutellarioideae
: タツナミソウ属 Scutellaria
: ムニンタツナミソウ S. longituba
学名
Scutellaria longituba Koidz.[1]
和名
ムニンタツナミソウ(無人立浪草)

ムニンタツナミソウ(無人立浪草、学名:Scutellaria longituba )は、シソ科タツナミソウ属多年草[2][3]

特徴[編集]

には稜があり、高さは40-70cmになり、短毛が生える。は十字に対生し、長い葉柄があり、葉身の縁には波形の鋸歯がある。樹陰地のものは草丈が高く、葉も大型になり、薄く柔らかい。日当たりのよい裸地に生えるものの草丈は低く、葉はやや厚めになる[2]

花期は3-5月。茎先に総状花序をつけ、多数の唇形状のをつける。花冠は白色で長く、花冠筒部の長さは日本本土の同属のものと比べ2倍近く長く、長さ4-5cmになり、先は唇形となる。は鐘形。雄蕊は4個あり、下側の2個がやや短い。果期は5-6月で、果実は4個の分果となる。夏に地上部は一時枯れて、晩秋に芽を出す[2][3]

分布と生育環境[編集]

日本の小笠原諸島固有種[4]。小笠原諸島の父島兄島のみに分布し、あまり乾燥しない林地や林縁に生育する。群生することがある。父島では、夜明平から中央山東平、躑躅山にかけて自生が確認されている[2]

名前の由来[編集]

小笠原諸島には、同諸島の古い呼称の「無人島(ムニンジマ)」の「ムニン」を和名に冠する植物が50種近くある[5]。和名のムニンタツナミソウ(無人立浪草)は、小笠原諸島に産するタツナミソウ属の種の意。

種小名longituba は、「花筒が長い」の意味[3]

保全状況評価[編集]

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

2012年レッドリスト。
2007年レッドリストでは絶滅危惧II類(VU)。2000年レッドデータブックでは準絶滅危惧(NT)。

ギャラリー[編集]

花冠筒部が長い。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ムニンタツナミソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d 『小笠原植物図譜(増補改訂版)』p.203,p.205,p.422
  3. ^ a b c 『日本の野生植物草本III合弁花類』p.75
  4. ^ Scutellaria longituba, Royal Botanic Gardens, Kew
  5. ^ ムニンとつく植物

参考文献[編集]