ムハンマド・リドファン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ムハンマド・リドファン Football pictogram.svg
名前
本名 ムハンマド・リドファン・ビン・モハメッド
ラテン文字 Muhammad Ridhuan bin Mohammed
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 1984年5月6日(32歳)
出身地 シンガポール
身長 177cm
選手情報
在籍チーム シンガポールの旗 ウォリアーズFC
ポジション MF
背番号 12
ユース
シンガポールの旗 国立フットボールアカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 シンガポールの旗 ヤング・ライオンズ 79 (6)
2007-2009 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 77 (10)
2009-2013 インドネシアの旗 アレマ・クロノスFC 90 (24)
2013 インドネシアの旗 プトラ・サマリンダFC(loan) 10 (0)
2014 シンガポールの旗 ゲイラン・インターナショナルFC 24 (4)
2015 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 19 (2)
2016- シンガポールの旗 ウォリアーズFC
代表歴2
2003-2009  シンガポール 65 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2009年10月31日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ムハンマド・リドファン・ビン・モハメッドMuhammad Ridhuan bin Mohammed1984年5月6日 - )は、シンガポール出身のサッカー選手。ポジションはMF。元シンガポール代表

経歴[編集]

リドファンはシンガポールサッカー協会のユースを出た後、Sリーグに所属するヤング・ライオンズに所属した。その俊足とドリブルの能力からU-18の代表に選出されるなど、早くから頭角を現した。4年後の2007年にはヤング・ライオンズを離れ、タンピネス・ローバースFCに移籍した。2009年にはノー・アラム・シャーと共にインドネシア・スーパーリーグ所属のアレマ・クロノスFCに移籍し、スーパーリーグの制覇に貢献した[1]

代表歴[編集]

リドファンはSリーグ内で注目されるよりも以前にラドイコ・アヴラモヴィッチ代表監督にその才能を見出され、2003年11月19日カタール代表戦で代表デビューを果たした。

シャーリル・イシャクバイハッキ・カイザンハッサン・サニーと並んで、シンガポールサッカー協会の四ギャングと称され、十代の頃から代表で彼らと共に活躍した。

2004年の東南アジアサッカー選手権では第1戦以外で特に目立ちはしなかったものの、同国の制覇に貢献した。3年後の同選手権では、同国の連覇に大きな役割を果たした。

個人成績[編集]

代表での得点一覧

# 日附 場所 対戦相手 結果 勝敗 大会
1 2007年1月15日 シンガポール  ラオス 11–0 勝利 2007 東南アジアサッカー選手権
2 2007年1月27日 シンガポール  マレーシア 1–1 勝利(PK) 2007 東南アジアサッカー選手権
3 2007年6月24日 シンガポール  北朝鮮 2–1 勝利 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アレマ・クロノスFC
優勝(1): 2009–10
準優勝(1): 2010-11

代表[編集]

シンガポール

参考文献[編集]

  1. ^ Arema is the champions”. Rsssf.com. 2014年3月12日閲覧。