ムハンメディヤル・スルタノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ムハンメディヤル・スルタノフロシア語Мухамедьяр Мухаметшарипович Султанов1837年 - 1915年)は、ロシア帝国イスラーム指導者。公的ムスリム機関であるオレンブルク・ムスリム宗務局ムフティー(在任1885年 - 1915年)を務めた。

ウファにてバシキール人貴族の家系に生まれ、カザン大学を卒業した後、国家勤務に就き、1857年から1859年まで、バシキール人部隊の司令官として勤務した。1861年から1866年までメンゼリンスク郡の第20カントン長、および第7カントン長、1866年から1885年までメンゼリンスク郡、ベレベエフ郡の農事調停官(мировой посредник)、治安判事(мировой судья)等を経て、1885年にオレンブルク・ムスリム宗務局のムフティーに任命された。

1893年にはメッカへの巡礼を行った。巡礼の途上では、イスタンブールにてオスマン帝国アブデュルハミト2世に謁見し、ベイルートではイスラーム教学について教えを受けた。

1888年にスタニスラフ勲章、1896年に聖アンナ勲章を受勲。