ムバーラク・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ムバーラク・アリー・ハーン
Mubarak Ali Khan
ベンガル太守
Mubaraq Ali Khan.jpg
ムバーラク・アリー・ハーン
在位 1770年 - 1793年
戴冠 1770年3月26日
別号 ナワーブ
出生 1759年
ムルシダーバード
死去 1793年9月6日
ムルシダーバード、ムルシダーバード城
埋葬 ジャアファルガンジ・セメタリー
子女 バーバル・アリー・ハーン
王朝 ナジャフィー朝
父親 ミール・ジャアファル
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

ムバーラク・アリー・ハーン(Mubarak Ali Khan, 1759年 - 1793年9月6日)は、東インドベンガル太守(在位:1770年 - 1793年)。

生涯[編集]

1759年ベンガル太守ミール・ジャアファルの五男として生まれた[1]

1770年3月10日、兄の太守アシュラーフ・アリー・ハーン天然痘で死亡したことにより、ムバーラク・アリー・ハーンが太守位を継承した[1]。翌1771年6月16日ムガル帝国の皇帝シャー・アーラム2世にも追認された[1]。とはいえ、ムバーラク・アリー・ハーンは幼かったため、継母のムンニー・ベーグムと副太守のムハンマド・レザー・ハーンのもとで統治した[1]

1772年5月14日ベンガル知事ウォーレン・ヘースティングスは皇帝から授けられたディーワーニーを受諾し、自ら徴税業務を行うことにし、同時に行政・司法も直接統治に移行されることとなった[2][3][4]。ここにベンガル太守の領有権は事実上失われ、ベンガルの植民地化は決定した。またこのとき、代替わりの度に減額されていた太守への内廷費は160万ルピーへと固定された[5]

1793年9月6日、ムバーラク・アリー・ハーンは死亡し、息子のバーバル・アリー・ハーンが太守位を継承した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Murshidabad 10
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.274
  3. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.44
  4. ^ メトカーフ『ケンブリッジ版世界各国史 インドの歴史』、p.82
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.274

参考文献[編集]

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 
  • バーバラ・D・メトカーフ、トーマス・D・メトカーフ; 河野肇訳 『ケンブリッジ版世界各国史 インドの歴史』 創士社、2009年 

関連項目[編集]