ムバーラク・シャー (チャガタイ家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ムバーラク・シャーは、チャガタイ家の第6代君主(在位:1266年)。

父は第2代君主カラ・フレグ。監国として国政を執ったオルガナを母に持つ。イスラム教徒であり、篤実で公正な人物と伝えられる[1]。ムバーラク・シャーの即位は慣例に従った地であるイリ河畔のオルドではなく、イスラーム文化の中心地であるアングレン河畔で行われた[2]。しかし、ムバーラク・シャーの改宗がウルス全体に影響を及ぼしたかについては疑問視されている[3]

母のオルガナはアルグによって廃位された後にそのアルグの妃になり、アルグにチャガタイ家の当主となる大義名分と引き換えに、ムバーラク・シャーの後継者としての地位を確保した[4]。1266年にアルグが死去すると、チャガタイ家内部の総意によって当主に選出された[4]。しかし、中央アジアとチャガタイ家の統制を図るクビライが、彼に近侍していたバラクをムバーラク・シャーの共同統治者として派遣すると事態は変化する[1][4]。ムバーラク・シャーはバラクによって廃位され、ケシクの鷹匠(シバウチ)に落とされた[5]

バラク没後はアルグの遺児のカバン、チュベイ兄弟と共にオゴタイ家のカイドゥの元に投じ、彼を「アカ」(モンゴル語で「兄」を意味する)に奉じて、チャガタイ家の指導者として推戴した[6]

後にムバーラク・シャーはイルハン朝に亡命し、カラウナス(ニークダーリヤーン)軍団の長としてガズナ方面に駐屯し、生涯を終える[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b ドーソン 1971、25頁
  2. ^ ウェ・バルトリド『中央アジア史概説』(長沢和俊訳, 角川文庫, 角川書店, 1966年)、104頁
  3. ^ 北川誠一、杉山正明『大モンゴルの時代』(世界の歴史9, 中央公論社, 1997年8月)、357頁
  4. ^ a b c 杉山 1996、44頁
  5. ^ 杉山 1996、45頁
  6. ^ 杉山 1996、62-63頁
  7. ^ 杉山 1996、67-68頁

参考文献[編集]

  • C.M.ドーソン佐口透訳注、1971年、『モンゴル帝国史 3巻』、平凡社東洋文庫
  • 杉山正明、1996年、『モンゴル帝国の興亡(下)世界経営の時代』、講談社講談社現代新書〉 ISBN 4061493078
先代:
アルグ
チャガタイ・ハン国の君主
1266年
次代:
バラク