ムブルジ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ムブルジ川(Mbuluzi River)は、エスワティニ河川。エスワティニの四大河川の一つである[1]。ムブルジ川の源流は二つあり、ひとつはムババーネの北方のハイフェルト(高地地帯)に源を発する黒ムブルジ川であり、もう一つはミドルベルトのマンジニ近くに源を持つ白ムブルジ川(ムブルザネ川)である。両河川ともエスワティニ国内を西から東へと流れ、東端のルボンボ山脈の西で合流する。流域は主に国土の北東部であり、フラネロイヤル国立公園やShewula自然保護区を流域に持つ。エスワティニの主要なダムであるMnjoliダムがムルメの近郊にあり、ムルメ周辺のサトウキビ農園へ灌漑用水を供給している。モザンビーク領内に入ると、Pequenos Libombosダムを抜けた後、マプト湾にそそぎこむ。

脚注[編集]

  1. ^ 「週刊朝日百科世界の地理109 南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」朝日新聞社 昭和60年11月24日 p11-244