ムラト・ガシエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムラト・ガシエフ
基本情報
本名 ムラト・ギオルゲリシュ・ガシエフ
通称 Iron
階級 クルーザー級
身長 192cm
リーチ 193cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1993-10-12) 1993年10月12日(26歳)
出身地 ウラジカフカス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 26
KO勝ち 19
敗け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

ムラト・ガシエフMurat Gassievロシア語: Мурат Гассиевオセット語: Гасситы Мурат1993年10月12日 - )はロシアプロボクサーウラジカフカス出身。元WBAスーパーIBF世界クルーザー級王者。ウラル・ボクシング・プロモーションズとウォリアーズ・ボクシング・プロモーションズとエディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ・USAに所属。トレーナーはアベル・サンチェス[1][2]

来歴[編集]

2011年9月21日、ガシエフはアマチュアで25戦戦った実績を引き下げて[3]、プロデビューした(結果は4回判定勝ち)。

2013年6月26日、チェリャビンスクユノスト・スポーツパレスでレヴァン・ジョマーダッシュビリとWBC世界クルーザー級ユース王座決定戦を行い、2回1分10秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2014年2月1日、チェリャビンスクのトラクトル・アイスアリーナでイスマイル・アブドゥールとIBF東西ヨーロッパクルーザー級王座決定戦を行い、12回3-0(120-108、117-111、115-113)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2014年10月31日、ウラジカフカスのマネスにて、エンギン・カラカプランとIBFインターコンチネンタルクルーザー級王座決定戦を行い、初回1分39秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

2015年4月17日、コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズにて、フェリックス・コーラ・ジュニアと対戦し、9回1分10秒TKO勝ちを収めIBFインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した[7]

2015年8月18日、トレーナーをデビューから担当していたビタリ・スラロブからアベル・サンチェスに変更した[8]

2015年12月18日、ネバダ州ラスベガスパームス内ザ・パールにて、アイゼア・トーマスとIBF世界クルーザー級挑戦者決定戦を行うが、3回終了無効試合に終わった[9]

2016年5月17日、ミネソタ州カールトンのブラック・ベア・カジノにて、ジョルダン・シャミールとIBF世界クルーザー級挑戦者決定戦を行い、初回2分54秒KO勝ちを収め、指名挑戦権を獲得した[10]

2016年12月3日、モスクワのメガスポルトにて、WBA・IBF世界クルーザー級スーパー王者[要出典]デニス・レベデフと対戦し、12回2-1(116-112、116-111、113-114)の判定勝ちを収めIBF王座のみ獲得した[11]。尚、当初は2本の王座が懸けられる予定であったが、レベデフ陣営がWBA王座を懸けない特別許可を申請し、WBAがこれを認めたため、この試合はWBA王座は懸けられずに行われた[12]

2017年10月21日、ニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センターで行われたWorld Boxing Super Series(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)クルーザー級準々決勝で元WBC・IBF王者でIBF世界クルーザー級1位のクシシュトフ・ヴウォダルチクと対戦し、3回1分57秒KO勝ちを収め初防衛に成功、WBSSの準決勝に進出した[13][14]

2018年2月3日、ソチのボリショイ・アイス・ドームで行われたWBSSクルーザー級準決勝でWBA世界クルーザー級正規王者のユニエル・ドルティコスと王座統一戦を行い、12回2分52秒TKO勝ちを収め王座統一に成功、IBF王座の2度目の防衛とWBA王座獲得に成功、WBSSの決勝に進出した[15][16][17]

2018年2月28日、WBAはガシエフを2018年2月度の月間優秀選手賞に選出した[18][19]

2018年5月11日、ジッダにてWBC・WBO世界クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシクとWBSS決勝戦で対戦予定だったが、ウシクがトレーニング中に肘を負傷した為、延期となった[20]

2018年7月21日、ロシアモスクワオリンピック・スタジアムで行わるWBSSクルーザー級決勝でWBC・WBO世界クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシクと4団体統一戦並びにリングマガジン世界クルーザー級王座決定戦を行うも、12回0-3(109-119が2者、108-120)の判定負けを喫し4団体王座統一に失敗し王座から陥落した[21]

2019年4月18日、エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ・USAと契約を結んだ[22]

獲得タイトル[編集]

  • WBC世界クルーザー級ユース王座
  • IBF東西ヨーロッパクルーザー級王座
  • IBFインターコンチネンタルクルーザー級王座
  • IBF世界クルーザー級王座(防衛2)
  • WBA世界クルーザー級スーパー王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ Abel Sanchez: Gassiev will prove that Lebedev’s time is over Fightnews.com 2016年12月1日
  2. ^ あすレベデフvsガシエフ、トロヤノフスキーも防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月3日
  3. ^ Ringside Seat: The complete guide to Murat Gassiev vs. Krzysztof Wlodarczyk ESPN 2017年10月21日
  4. ^ Ponomarev, Gassiev Win WBC Youth Titles in Chelyabinsk Boxing Scene.com 2013年6月26日
  5. ^ Murat Gassiev Outpoints Imsail Abdul Over Twelve Boxing Scene.com 2014年2月1日
  6. ^ Murat Gassiev Crushes Engin Karakalpan in One Boxing Scene.com 2014年10月31日
  7. ^ Murat Gassiev Breaks Cora in Nine, Ray Robinson Wins Boxing Scene.com 2015年4月17日
  8. ^ Gassiev, Ponomarev Open Camp With Abel Sanchez Boxing Scene.com 2015年8月18日
  9. ^ Murat Gassiev, Isiah Thomas Fight To a No-Contest Boxing Scene.com 2015年12月18日
  10. ^ Gassiev Flattens Shimmell in Frightening 1st Round Knockout Boxing Scene.com 2016年5月17日
  11. ^ ガシエフ2-1でレベデフ攻略、ダウン奪いIBF戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月4日
  12. ^ Lebedev's Manager Explains Why NO WBA Title Shot For Gassiev Boxing Scene.com 2016年12月2日
  13. ^ WBSS: Gassiev destroys Wlodarczyk in three Fightnews.com 2017年10月21日
  14. ^ ガシエフが3回KO勝ち IBFクルーザー級兼WBSS Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  15. ^ WBSS: Gassiev KOs Dorticos, unifies WBA/IBF Fightnews.com 2018年2月3日
  16. ^ 風太がロシアで殊勲の勝利、ガシエフは王座統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日
  17. ^ Gassiev knocked out Dorticos and is the new WBA Cruiserweight Champion WBA公式サイト 2018年2月4日
  18. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2018年2月28日
  19. ^ The WBA announces ranking for February WBA公式サイト 2018年2月28日
  20. ^ Promoter: If Usyk is Injured, I'd Love Briedis To Face Gassiev BoxingScene.com 2018年5月14日
  21. ^ ウシクがクルーザー級4冠統一 ガシエフに大差勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月20日
  22. ^ Murat Gassiev Inks Pact With Hearn, Heading To Heavyweight”. Boxing Scene.com (2019年4月18日). 2019年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

前王者
デニス・レベデフ
IBF世界クルーザー級王者

2016年12月3日 - 2018年7月21日

次王者
オレクサンドル・ウシク
前WBA正規王者
ユニエル・ドルティコス
WBA世界クルーザー級スーパー王者
2018年2月3日 - 2018年7月21日
次スーパー王者
オレクサンドル・ウシク