ムラト4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ムラト4世
オスマン帝国第17代皇帝
Murad IV by John Young.jpg
在位 1623年9月10日 - 1640年2月9日

出生 1612年7月27日
死去 1640年2月9日
家名 オスマン家
王朝 オスマン朝
父親 アフメト1世
母親 キョセム・スルタン
テンプレートを表示
ムラト4世

ムラト4世オスマン語:مراد رابع, :Murad IV, 1612年7月27日 - 1640年2月9日)はオスマン帝国の第17代皇帝(在位:1623年9月10日 - 1640年2月9日)。父はアフメト1世、母はキョセム・スルタンオスマン2世の弟、イブラヒムの兄。

生涯[編集]

即位[編集]

1623年、叔父のムスタファ1世の退位で即位した。ムラトが即位した時、彼はまだ割礼を受けていなかったため即位の5日語に割礼を受けた。頭脳明晰、勇敢で非常に信仰深く、煙草と酒とコーヒーを禁止し、夜に出かけることも禁止した。しかし、弟を3人殺害したりするなど、残忍な行為も多かったという。また、科学を愛していたことからヘザルフェン・アフメト・チェレビが初飛行に取り組む時にも非常に興味を寄せていた(後に側近によりチェレビを流刑とした)。

帝国の混乱と権力の掌握[編集]

即位した時、内部では、かつてオスマン2世の殺害に反発してアバザ・メフメト・パシャがアナトリアで反乱を起こしていた。この反乱はブルサやアンカラにまで飛び火してしまい、結局1628年にアバザ・メフメト・パシャをボスニア州の知事にすることでこれを鎮圧した。東方ではサファヴィー朝と過去に締結したセラブ条約が破られてしまい、1623年にアッバース1世が侵攻してきており、翌年にはバグダードを奪われた。即位後はムラト4世は急速に教育を受け、治世前半は母后キョセムが実権を握っていた。皇帝の母親が実権を握ったのは、帝国史上初めてということではなかったが、キョセムは過去にないほどの膨大な権力を手にした。キョセムの垂簾聴政を退け、ムラトが実権を握る契機となったのは、1632年、大宰相らの処刑を求めて常備騎兵がイスタンブールで起こした騒擾である。これをイェニチェリ軍団の支持を取り付け鎮圧したムラトは、今こそ母の影響力を脱する奇貨だと考えた。以降のムラトは、自身の権力を確立すべく積極的な政策を打ち出すようになる。その一つが、社会の規律強化のため、宗教的厳格派と呼ばれるカドゥザーデ派の人々の力を借りることだった。

1625年の夏に始まったバランパシャの疫病は流行し、イスタンブールでは1日1000人が死んだという。1633年には、イスタンブールで火災が発生し、都市の五分の一がもえた。30時間続いた火災は、風が止まった後に消された。

この火災の原因としてタバコの燃えカスが挙げられ、タバコを吸うことは厳禁となった。タバコ禁止を徹底するために家の煙突すらも調べたといい、もしタバコを吸っているのが発覚した場合には手足を切り落とされ、そのまま斬首された。さらにはコーヒーを飲むのも禁止した。理由としては当時のカフェは政治の議論が頻繁にされており、カフェでイェニチェリや知識人、イスラム法学者らが反乱を企てるのを阻止するためと言われている。ムラトはタバコとコーヒーの禁止がしっかり守られているかを確認するために変装して市井をパトロールした。もしも規律が守られていない者を見つけたら、その場で捕らえて処刑するなどした。これらの政策はイスラム厳格派のカドゥザーデ派の支持があったからこそできたと思われ、カドゥザーデ派はウラマーであるカドゥザーデ・メフメト・エフェンディによって開かれた。彼らはコーランの教えを厳格に解釈し、そこから少しでも逸脱した行為を糾弾するなどした。さらにはカドゥザーデ派はモスクでの説教を通じて、一般大衆の心を掴んみ、腕の良い人気説教師は大きな影響力があり、ムラト4世は社会的規律を強化できかつ民衆の動員力をもつ説教師を利用することにした。

また、ムラトは短気な性格であり、1634年にブルサに向かう時には道路が整備されていなかったという理由でイズニクの知事を処刑した。このことをイスラム長老を2年もの間勤めていたアヒザーデ・ヒュセイン・エフェンディは批判した。これに激怒したムラトはアヒザーデ・ヒュセインをキプロスへ追放する処分を下した。しかし、ムラトは突如これを撤回し、追放処分から処刑へと決めた。結局アヒザーデ・ヒュセインはキプロスへ向かう船に乗ってる途中で絞殺された。1638年には宮廷の医師のエミール・チェレビーにアヘンを吸わせた後、毒殺するなどした。ムラトは身内に対しても厳しく、姉のゲヴヘルハン・スルタンの夫のカラ・ムスタファ・パシャ(第二次ウィーン包囲を主導したカラ・ムスタファ・パシャとは別人)を殺害した。

サファヴィー朝との戦い[編集]

秩序の乱れた帝国問題を解決するべく取り組みを始め、オスマン・サファヴィー戦争(1623-1639)では、1624年サファヴィー朝アッバース1世バグダードを含むイラクが奪われると奪還を試んだ。1625年に大宰相をイラクに派遣してバグダードを攻撃したがあと一歩のところでアッバース1世率いる増援隊が到着したため、モスルへと撤退した。1629年には大宰相のガジ・ヒュスレフ・パシャのもと、バグダードを奪還する作戦が再び開始したが、厳しい冬と洪水によって戦果が挙げられなかった。しかし翌年にはケルマーンシャー近くでサファヴィー軍を撃破することに成功し、ハマダンを占領したその勢いでバグダードを再び包囲したが、この時も厳しい冬が襲って来ていたため、結局攻略できずに撤退した。これ以降サファヴィー朝のバグダード支配が確固たるものとなった。

1635年、ムラト率いるオスマン軍はエレヴァンへと進軍し、これを征服した。この勝利の余勢を駆って、ムラトは、弟バヤズィトとスレイマンを処刑した。トプカプ宮殿の内廷にある豪華な東屋エレヴァン・キオスクはこの戦勝を記念して建てられたものである。しかし、そのエレヴァンは、翌年サファヴィー朝に奪還される。1638年にムラトは再びイラクへ親征してバグダードを奪還した。これに先立ってムラトは再び弟カースムを処刑している。バグダードの包囲戦は11月15日に開始され、40日間の包囲戦の末、12月25日についにバグダードを陥落させた。しかし、最後の攻勢の時に大宰相は戦死してしまった。ムラト4世のバグダード遠征中、ムガル帝国ね皇帝のシャー・ジャハーンの大使と面会している。面会の場では刺繍の施された1000枚の布と鎧が贈与された。オスマン側はそのお返しに武器とカフタンを与えて、大使がバスラを出発して帰国する時には護衛の兵士をつけたという。ムラトは当初サファヴィー朝の首都イスファハーンを攻め落とすつもりであったが、新しく大宰相となったケマンケシュ・ムスタファ・パシャは和平交渉を開始し、アッバース1世の孫サフィー1世とカスレ・シーリーン条約を結びイラク領有を確定させた。この条約は後にトルコとイランの国境の基礎になる。イスタンブールに戻ったムラトはヴェネツィア遠征のために艦隊の編成を命じるが、1640年に27歳で病死、イブラヒムが後を継いだ。

死去[編集]

ムラトはエレバン遠征中に肝硬変を発祥していた。これは短期間で回復したが、1639年11月に再び症状が悪化した。これによりムラトはしばらくの間飲酒を控えていたが、症状の回復後飲酒を再開した。それにより1640年に肝硬変により死去した。

ムラトは死の床で弟イブラヒムの処刑を命じたが、母后キョセムによって防がれたという。ムラトは皇位を側近の1人、もしくはクリミア・ハン国の者に継がせようとしていた。この伝承が正しければオスマン朝が断絶していた可能性もあった。オスマン家が断絶したさいは、チンギスハンの血を引くクリミア・ハン家がそのあとを継ぐ、という話が流布するようになるのは、この頃である。スルタン廃位が繰り返される17世紀初頭において、オスマン王家に代わる王統の即位が、ありうべき未来として想定されたのである。

人物[編集]

ムラト4世の煙草嫌いは凄まじく、当時のコンスタンティノポリスイスタンブール)の人口は100万人いたとされるが、そのうち3万人の喫煙者は彼の手で何らかの処罰を受けたとされる。また、イラク遠征に従軍していた書記が『宿営日誌』に書き残し、ムラト4世の遠征時の様子と往復路が詳細に記されている。また、コーヒーに対しても厳しい禁令を出している。また彼は多くの詩を描き残した。さらに作曲家でもあり、「ウザフ・シュレフと呼ばれる曲を作った。

参考文献[編集]