ムルマンスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムルマンスク州
ロシア語: Мурманская область
ムルマンスク州の旗ムルマンスク州の紋章
ムルマンスク州旗ムルマンスク州紋章
ムルマンスク州の位置
国歌不明
公用語ロシア語
首府ムルマンスク
ムルマンスク知事アンドレイ・チビスロシア語版(代行)
構成体種別
連邦管区北西
経済地区北方
面積
 - 総計
国内第26位
144,900km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第61位
892,534人
6.2人/km2
92.2% : 7.8%
時間帯UTC +3(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイトhttp://www.gov-murman.ru/

ムルマンスク州(ムルマンスクしゅう、Мурманская область, Murmanskaya Oblast')は、ロシア連邦北西連邦管区に含まれるオーブラスチ)の一つ。州都はムルマンスク

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+3時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4、同年3月から2014年10月までは通年UTC+4であった)

地理[編集]

Murmansk region.png

いわゆるラップランド地方の東部、コラ半島の全体を占める。西にノルウェーフィンランドと国境を接する。ロシア連邦内では、南にカレリア共和国と隣り合う。白海バレンツ海に面する。

が多く、主要な河川にポノイ川、ヴァルグザ川などがある。最大の湖はイマンドラ湖

ムルマンスク州の領域の大部分はツンドラ地帯、あるいは森林ツンドラ地帯であり、南部の一部にタイガが見られる。

歴史[編集]

この地域で産業、文化、人口の急速に成長したことを受け、ムルマンスク地域とカレリア自治ソビエト社会主義共和国のカンダラクシャ地域を合併して、1938年にムルマンスク州が誕生した。

ソビエトフィンランド戦争の終結後の1940年に、ソビエト連邦に加わっていたリバチ半島とスレドニー半島の西部がムルマンスク州に組み込まれた。

1944年、フィンランドの一部であったペツァモとして知られるペチェンガ地域がムルマンスク州に組み込まれた。

1947年2月3日、ジャニスコスキ・ニスカコスキセクター(面積176km²)は、フィンランドからソビエト連邦に買収され、ムルマンスク州に組み込まれた。

住民[編集]

住民の大半はロシア人であるが、わずかな数のサーミ人も暮らす。ムルマンスクとサンクトペテルブルクを繋ぐ鉄道に沿った地域に住民が集中している。サーミ人にとっては「サーミ人の歴史的地域」でもある。

産業[編集]

漁業が盛ん。燐灰石鉄鉱石ニッケルなどを産する。バレンツ海上の陸棚で原油が採掘されている。

都市[編集]

州都ムルマンスクのほかに、鉱業都市のアパチートゥイキロフスクモンチェゴルスク、軍港都市セヴェロモルスク、古い港町であるカンダラクシャコラなど。

関連事項[編集]

  • バレンツ地域