ムーバブルフレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ムーバブルフレーム (Movable Frame) は、メカニックデザイナー永野護によってネーミングされた[要出典]ロボット架空の機構。フレーム構造の一つで、可動骨格、可動骨組みの意味である。

なお、「ガンダム」シリーズにおけるモビルスーツについてなされているムーバルフレームというカナ表記/表音表記は、Movable Frameという綴りから分かるように明らかな間違いであるが、アニメ重戦機エルガイム』放映当時の設定資料でも、そのように表記しているものがある。

重戦機エルガイム[編集]

ムーバル・フレーム (MORVABUL F-LAME) [1]は、アニメ『重戦機エルガイム』に登場する架空の機構である。

機体の骨格をフレームによって構成し運動性の向上をはかる目的で採用された。また、規格を共通させることによって生産性を高める役割も持っている。フレームのサイズによってS型、M型、L型に分類されており同じサイズであれば装甲・装備の変換を容易に行うことができるために汎用性が高い[要出典]

ガンダムシリーズ[編集]

『ガンダムシリーズ』では『機動戦士Ζガンダム』において初めて、「ムーバブルフレーム」という、モビルスーツのフレーム構造の設定が登場した。

RX-78ガンダムを含む従来のモビルスーツは外骨格(モノコック構造)で設計されており、装甲そのものが骨格として機体を支える構造をとっていた。骨格となる装甲そのものの強度で機体を支えることが出来、安価に大型モビルスーツを生産できる反面、運用効率には課題を残していた[2]。また、ビーム兵器の普及により、MSの重装甲化が有用ではなくなり始めた事を受け、その運用は防御力よりも運動性を重視する者にシフトした[3]。こうして開発されたムーバブル・フレームは機体フレームと装甲を二分した構造となっており、整備性や機体の運動性の向上に寄与した[3]。同時に、このフレームの採用により装甲そのものは第1世代MSのような構造材との兼用から純粋な装甲板へと変遷し、可動装甲板(フローティング・アーマー)となったことで可動域も向上した[4]。加えて、ガンダリウムγの採用によって、装甲そのものは軽量かつ剛性が高いものとなっている[4]。この技術の原型となったのはコア・ブロックシステム[3]マグネットコーティングである[2]

宇宙世紀0083年頃より可変モビルアーマーの開発が始まると[5]、その機構においてムーバブル・フレームは大いに活用され、機体サイズの小型化と剛性の強化を両立させた[5][注 1]

このムーバブルフレームの実用化は地球連邦軍が先んじて成功し[5]ガンダムMk-IIで初の導入が行われた[2][注 2]。平行する形でアナハイム・エレクトロニクスとエゥーゴも試作型のムーバブル・フレームを完成させリック・ディアスへの搭載に漕ぎ付けている[5]。そして、ガンダムMk-II強奪によりエゥーゴにはより完成度の高い技術が流出し、ゼータガンダムのような可変MSを実用化する事にも成功した[5]

一方で、フォーミュラ計画が発動されるとMSの骨格や装甲にはサイコフレームで培われた技術をベースとしたMCA構造が取り入れられるようになった[6]

機甲戦記ドラグナー[編集]

ムーバブルフレーム (Movable Frame) は、アニメ『機甲戦記ドラグナー』に登場する、架空の機構。メタルアーマーのフレーム構造。

メタルアーマーのフレーム構造は全てムーバブルフレームであるとされ、超小型核融合のジェネレーターと最小限の駆動系、バーニア・ロケットモーターがワンパッケージとなっている[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、アクシズではムーバブルフレームに依らない独自の可変モビルスーツ、ガザシリーズを比較的早期に開発しているが、これは独自のブロック移動方式によるものである[5]
  2. ^ ただし、腕部等の限定的な導入はジム・クゥエルにその先駆型が導入されている[3]

出典[編集]

  1. ^ 永野護著、角川書店編『重戦機エルガイム』1-2、ザ・テレビジョン・アニメシリーズ、角川書店、1984-1985年
  2. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑』バンダイ、1993年2月、36-37頁。(ISBN 978-4891892067)
  3. ^ a b c d 『パーフェクトグレード RX-178 ガンダムMk-II(エゥーゴ)』バンダイ、2001年11月、説明書。
  4. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、72頁。(ISBN 978-4891890186)
  5. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、38-42頁。(ISBN 978-4891890186)
  6. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE35 機動戦士ガンダムMS大図鑑PART5 コスモ・バビロニア建国戦争編』バンダイ、1991年6月、60-61頁。ISBN 4-89189-157-2。
  7. ^ 『Bクラブスペシャル ドラグナー モデル&設定集』バンダイ、1987年9月10日、42頁。ISBN 4-89189-324-9。


関連項目[編集]