ムーランルージュの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムーランルージュの青春
監督 田中じゅうこう
脚本 大隅充
出演者 明日待子
中村公彦
三崎千恵子
音楽 仙石幸太郎
撮影 本吉修
配給 アルゴ・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2011年9月17日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ムーランルージュの青春』(むーらんるーじゅのせいしゅん)は、2011年9月17日日本で公開された映画ムーランルージュ新宿座生誕80周年を記念したドキュメンタリー作品である。

ストーリー[編集]

昭和6年(1931年)から昭和26年(1951年)までの20年間、新宿で続いたレビューやエスプリの利いた芝居などを上演した大衆演劇の劇場「ムーランルージュ新宿座」を、それらに関わった人々のインタビューや再現舞台を通して描いた貴重な記録映画である。

森繁久彌有島一郎望月優子千石規子由利徹などを輩出したこの劇場の紹介とともに、戦後座長夫人だった三崎千恵子と旧劇団員との感動的な再会やムーランに対する気持ちの深さを描く。ムーランのトップアイドルであり、アイドルスターのハシリでもあった、当時90歳の明日待子へのインタビューも行われている。

スタッフ[編集]

  • 監督:田中じゅうこう
  • 脚本:大隅充
  • プロデューサー:千葉一彦、三輪敏雄、橋本啓一、田中知英
  • 撮影:本吉修
  • 音楽:仙石幸太郎

出演[編集]