メアリー・ウォーノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メアリー・ウォーノック: Helen Mary Warnock, Baroness Warnock1924年4月14日 - )はイギリス哲学者実存主義にかんする著作家。専攻は道徳哲学教育哲学心の哲学。1984年から1991年までケンブリッジ大学ガートン・カレッジの代表を務めた。

著作[編集]

単著[編集]

  • メアリー・ワーノック 『二十世紀の倫理学』 保田清 訳、法律文化社1979年
  • メアリー・ワーノック 『生命操作はどこまで許されるか : 人間の受精と発生学に関するワーノック・レポート』 上見幸司 訳、協同出版、1992年

共著[編集]

  • メアリー・ウォーノック、ブラーム・ノーウィッチ 『イギリス特別なニーズ教育の新たな視点 : 2005年ウォーノック論文とその後の反響』 ロレラ・テルジ 編著、宮内久絵・青柳まゆみ・鳥山由子 監訳、ジアース教育新社、2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]