メアリー・ゾフレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メアリー・ゾフレス
Mary Zophres
生年月日 (1964-03-23) 1964年3月23日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州フォートローダーデール
職業 衣裳デザイナー
活動期間 1989年 - 活動中
配偶者 マレー・バレリアーノ(2006年 - 継続中)

メアリー・ゾフレスMary Zophres, 1964年3月23日 - )は、1989年より映画業界で活動しているアメリカ合衆国の衣裳デザイナーである。2010年の映画『トゥルー・グリット』でアカデミー衣裳デザイン賞の候補となり、『ラ・ラ・ランド』と『バスターのバラード』を含め現在までに計3回候補になっている。また前述3作品と2002年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』で英国アカデミー賞衣裳デザイン賞英語版では4回候補となった[1]

生い立ちとキャリア[編集]

フロリダ州フォートローダーデールで生まれた。ニューヨーク州ポキプシーヴァッサー大学に通い[2]、美術史とスタジオアートの学位を得て卒業した。ゾフレスはノーマ・カマリ英語版エスプリ英語版といったファッション業界で働いた[3]オリバー・ストーンの1989年の映画『7月4日に生まれて』で衣裳デザイナーのジュディ・ラスキンの下でエキストラワードローブスーパーバイザーとして雇われた[2][3]。その後、『シティ・スリッカーズ』などでもラスキンと共に働き、ロサンゼルスに移った後はコーエン兄弟の『未来は今』などに参加した。これ以降のコーエン兄弟の作品全てに参加している[2]

フィルモグラフィ[編集]

私生活[編集]

2006年3月9日、コメディ・セントラルのプロデューサー・脚本家であるマレー・バレリアーノと結婚した。

参考文献[編集]

  1. ^ Search Results”. bafta.org. British Academy of Film and Television Arts. 2013年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c Landis, Deborah Nadoolman (2012). Filmcraft: Costume Design. Focal Press. p. 177. ISBN 978-0-240-81866-5. 
  3. ^ a b Filmmakers | Mary Zophres | Inside Llewyn Davis”. insidellewyndavis.com. スタジオカナル. 2013年11月18日閲覧。