メアリー・ピックフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メアリー・ピックフォード
Mary Pickford
メアリー・ピックフォード Mary Pickford
メアリー・ピックフォード(1918年撮影)
生年月日 (1892-04-08) 1892年4月8日
没年月日 (1979-05-29) 1979年5月29日(87歳没)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
国籍 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 オーエン・ムーア (1911-1920)
ダグラス・フェアバンクス (1920-1936)
チャールズ・ロジャース (1937-1979)
著名な家族 ロナルド(養子)
ロクサンヌ(養女)

メアリー・ピックフォードMary Pickford1892年4月8日 - 1979年5月29日)は、カナダトロント出身の女優、プロデューサー。サイレント映画時代の大スターであり、「アメリカの恋人」と呼ばれて親しまれた。妹のロッティ・ピックフォードは女優、弟のジャック・ピックフォードは映画監督・プロデューサー。

生涯[編集]

ピックフォードの本名は、グラディス・ルイーズ・スミス(Gladys Louise Smith)といった。アイルランドカトリック教徒の両親のもとに生まれる。カナダの巡業劇団に参加し7歳より子役として活躍していたが、ニューヨークに移りブロードウェイの舞台に立つようになった。1909年、15歳の時に有名なD・W・グリフィス監督に認められて映画デビュー。小柄で若々しいピックフォードは、無邪気な少女役で長く人気を博した。

ピックフォードは年間100万ドル稼ぐ最初の女優であった[1](同時期のスターであった浪費家のグロリア・スワンソンと違い、貯金もする倹約家だった[要出典])。

1916年、自分自身のプロダクション「メアリー・ピックフォード・カンパニー」を設立。自分で自分の映画を作り出す最初の女優となった。

1919年、監督のD・W・グリフィス、ダグラス・フェアバンクスチャールズ・チャップリンらと映画配給会社ユナイテッド・アーティスツ社を共同設立。同社の映画『青春の夢』や『小公子』などに主演。

1922年、ドイツの映画監督エルンスト・ルビッチをハリウッドに招き、制作した映画『ロジタ』に出演。

1929年の『コケット』でアカデミー主演女優賞を受賞した。

1933年に俳優業から引退。引退後はプロデューサーとして映画製作に参加したり、化粧品会社などを設立し実業家としても活躍した。83歳の1975年にアカデミー名誉賞を授与され、その4年後に亡くなった。

プライベートでは1920年にダグラス・フェアバンクスと結婚し、このカップルは"ピックフェア"と呼ばれ親しまれたが1936年に離婚した。

ピックフォードの名言「失敗とは転ぶことではなく、転んだまま起き上がらないことです」。

主な出演作品[編集]

1921年ごろ撮影
フェアバンクスとハネムーンへ
『小公子』(1921)
  • 死の歌 A Pueblo Legend(1912年)
  • 落花流水 Caprice(1913年)
  • 鷲の友 The Eagle's Mate(1914年)
  • シンデレラ Cinderella(1914年)
  • 山家の娘 Fanchon, the Cricket(1915年)
  • 優しき乙女 Esmeralda(1915年)
  • 半生の悪夢 Poor Little Peppina(1916年)
  • 印度の処女 Less Than the Dust(1916年)
  • 一門の誇り The Pride of the Clan(1917年)
  • 小米国人 The Little American(1917年) セシル・B・デミル 監督
  • 農場のレベッカ Rebecca of Sunnybrook Farm(1917年)
  • 小公女 The Little Princess(1917年)
  • 闇に住む女 Stella Maris(1918年)
  • 春のおとづれ How Could You, Jean?(1918年)
  • 連隊の花 Johanna Enlists(1918年)
  • 青年大尉キッド Johanna Enlists(1919年)
  • 孤児の生涯 Daddy-Long-Legs(1919年)
  • 十五、六の頃 The Hoodlum(1919年)
  • 想い出の丘へ Heart o'the Hills(1919年)
  • 青春の夢 Pollyanna(1920年)
  • シャボンの泡 Suds(1920年)
  • 愛の燈明 The Love Light(1921年)
  • ナット The Nut(1921年)カメオ出演
  • 勝手口から Through the Back Door(1921年)
  • 小公子 Little Lord Fauntleroy(1921年)
  • 嵐の国のテス Tess of the Storm Country(1922年)
  • ロジタ Rosita(1923年) エルンスト・ルビッチ監督 
  • ドロシー・ヴァーノン Dorothy Vernon of Haddon Hall(1924年)
  • アンニー可愛や Little Annie Rooney(1925年)
  • ベン・ハー Ben Hur(1925年)ノンクレジット
  • ダグラスの海賊 The Black Pirate(1926年)ノンクレジット
  • Sparrows(1926年)
  • デパート娘大学 My Best Girl(1927年)
  • ガウチョ The Gaucho(1927年)
  • コケット Coquette(1929年) アカデミー主演女優賞受賞
  • じゃじゃ馬馴らし The Taming of the Shrew(1929年)- ウィリアム・シェイクスピアの『じゃじゃ馬ならし』の映画化
  • お転婆キキ Kiki(1931年)
  • 秘密 Secrets(1933年)

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mary Pickford at Filmbug