メアリー・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メアリー・ロジャース
生誕 メアリー・セシリア・ロジャース(Mary Cecilia Rogers)
1820年ころ
アメリカ合衆国コネチカット州ライム(Lyme)
死没 1841年7月28日(21-22歳)
アメリカ合衆国ニュージャージー州ホーボーケン(Hoboken)

メアリー・セシリア・ロジャース(Mary Cecilia Rogers、1820年ころ - 1841年7月28日に遺体で発見される)は、アメリカ合衆国の謀殺事件の犠牲者で、その話は国民的なセンセーションになった。彼女の遺体がハドソン川で見つかったとき、彼女はギャングの暴力の犠牲者であると推測された。しかしながら、ある証人が、彼女は妊娠中絶未遂ののち投棄され、いっぽうで彼女のボーイフレンドの自殺の書き置きは彼の側での巻き添えを示唆している、と誓って言った。ロジャースの死亡は未解決なままである。彼女は、エドガー・アラン・ポーの先駆者的な推理小説マリー・ロジェの謎」に霊感を与えた。

前半生[編集]

メアリー・ロジャースは十中八九、1820年にコネチカット州ライム(Lyme)に生まれたが、ただし誕生の記録は残っていない。[1]彼女は、未亡人の母親のひとり子として成長した、若い美しい女性であった。20歳のときマリーは母親が経営する下宿屋(boarding house)に暮らし、ただし彼女を近所の話の種にしたのは彼女の美しさであった。[2]彼女の父親は彼女が17歳であったときに汽船の爆発で死去し、彼女はニューヨークのジョン・アンダーソン(John Anderson)所有のたばこ店の事務員の仕事に付いた。[3]アンダーソンは、ひとつには彼女の肉体的な魅力が多くの顧客を呼んだから、彼女に豊かな賃金を支払った。ある顧客は自分は午後の間ずっと彼女と「悩ましげな目くばせ」("teasing glances")を交わすためだけに店で過ごしたと書いた。またある賛美者は『New York Herald』に、彼女の天国のような微笑と星のような眼に言及している詩を発表した。[1]顧客のなかには、ジェイムズ・フェニモア・クーパーワシントン・アーヴィング、フィッツ=グリーン・ハーリック(Fitz-Greene Halleck)のような有名な文学者も居た。[4]

最初の失踪[編集]

1838年10月5日、ニュー・ヨークの新聞『The Sun』が、「ミス・マリー・セシリア・ロジャース」("Miss Mary Cecilia Rogers")が自宅から姿を消したと報じた。[3]彼女の母親フィービー(Phoebe)は、自分は自殺の書き置きを見つけ地元の検死官はそれを分析したと言い、「自殺するという固い変えられない決意」("fixed and unalterable determination to destroy herself")を明らかにした。[1]しかしながら、翌日、『Times and Commercial Intelligence』が、失踪は捏造で、ロジャースはブルックリンの友達を訪ねに行っただけであると報じた。『Sun』は、以前に1835年にグレート・ムーン・ホークス(Great Moon Hoax)として知られる物語を発表して論争を起こしていた。[5]なかには、この帰還は本当は捏造であった、その証拠はロジャースがすぐに仕事に戻らなかったことであるという人々もいた。彼女が結局はタバコ店でふたたび働き始めたとき、或る新聞は事件ぜんたいがアンダーソンによる売名行為ではないかと提言した。

謀殺事件[編集]

1841年7月25日に、ロジャースは彼女のフィアンセ ダニエル・ペーン(Daniel Payne)に、自分はおばその他の家族を訪ねると語った。3日後、7月28日に、警察はニュー・ジャージー州ホーボーケンのハドソン川に彼女の遺体が浮いているのを見つけた。[6]「美しい葉巻きたばこの娘」("Beautiful Cigar Girl")と言われた彼女の死亡の謎は新聞によってセンセーショナルに扱われ、国民的な注意を浴びた。事件の詳細は、彼女は、処置の失敗ののち中絶医マダム・レステル(Madame Restell)によって謀殺あるいは投棄されたことを示唆した。[7]複数か月後、死因審問がいまだなお進行中であったが、悲しみにうちひしがれた、彼女のフィアンセ ダニエル・ペーンがひとしきりの痛飲のあいだにアヘンチンキを過剰摂取して自殺を遂げた。1841年10月7日にホーボーケンのシビルズ・ケーヴ(Sybil's Cave)の近くで彼が死亡した所で、彼の遺体の複数の紙類のなかから深く後悔している書き置きが見つかったが、それにはこうあった:「世界のみなさんへ - ぼくはここ現場に居ます。ねがはくはぼくの無駄に過ごした人生を[神が]許したまわんことを」("To the World – here I am on the very spot.May God forgive me for my misspent life.")[8]

物語は、報道によって広く公表され、またこの都市の刑事法執行の夜回り官らのシステム(watchmen system)の不適当さを強調した。[9]当時、ニューヨークの32万の人口は、ひとりの夜回り(watch)、100人の都市執行官(city marshals)、31人の保安官(constables)、そして51人の警察官吏(police officers)から成る古めかしい権力によって奉公されていた。[10]普及している説は、彼女はギャングの暴力の犠牲者であるというものであった。[11]1842年11月に、フレデリカ・ロス(Frederica Loss)が名乗り出て、ロジャースの死亡は妊娠中絶未遂の結果であると誓って言った。警察は彼女の話を信じようとせず、事件は未解決のままであった。[3]事件に対する関心がうすれた9週間後、報道は別の無関係な謀殺事件を公表し始めたが、[12]それはジョン C. コルト(John C. Colt)によるサミュエル・アダムズ(Samuel Adams)の謀殺事件であった。[13]

フィクションで[編集]

マリー・ロジャースの死亡によって霊感を与えられた物語「マリー・ロジェの謎」のイラストレーション 1853年

ロジャースの話はエドガー・アラン・ポーの「マリー・ロジェの謎」("The Mystery of Marie Rogêt")(1842年)としてフィクション化されて有名である。話の運びはパリに移されたし、そして犠牲者の遺体はセーヌ川で見つかった。ポーは話を、最初の近代の探偵小説であるとふつう見なされる「モルグ街の殺人」の続きとして表現し、その主人公C・オーギュスト・デュパンをふくめた。それをポーは手紙に書いた:「デュパンがマリーの暗殺の謎を解明した次第を示すと見せかけて、わたしは、実際は、ニュー・ヨークの真の悲劇の精確な分析に立ち入る」("under the pretense of showing how Dupin... unravelled the mystery of Marie's assassination, I, in fact, enter into a very rigorous analysis of the real tragedy in New York.")[14]物語では、デュパンは、あり得る解決をいくつか提示し、しかし実際は謀殺犯人の名前を決してあげていない。[15]

注釈[編集]

  1. ^ a b c Stashower, Daniel (2006). The Beautiful Cigar Girl. New York: PenguinBooks. pp. 20–23. ISBN 0-525-94981-X. 
  2. ^ vitelli, Romeo (2011). The Beautiful Cigar Girl. Toronto. ISBN 0-525-94981-X. http://drvitelli.typepad.com/providentia/2011/05/the-mary-rogers-case.html. 
  3. ^ a b c Sova, Dawn B. (2001). Edgar Allan Poe: A to Z (Paperback ed.). New York: Checkmark Books. pp. 212–213. ISBN 0-8160-4161-X. 
  4. ^ McNamara, Joseph (2000). The Justice Story: True Tales of Murder, Mystery, Mayhem. Sports Publishing LLC. p. 99. ISBN 1-58261-285-4. 
  5. ^ Willis, Jim (2010). 100 Media Moments that Changed America. Santa Barbara, Calif.: Greenwood Press. p. 19. ISBN 978-0-313-35517-2. 
  6. ^ Thomas, Dwight; Jackson, David K. (1987). The Poe Log: A Documentary Life of Edgar Allan Poe 1809–1849. New York: G. K. Hall & Co. pp. 336–337. ISBN 0-7838-1401-1. 
  7. ^ Collins, Paul (2011). The Murder of the Century. Random House. p. 128. ISBN 978-0-307-59220-0. 
  8. ^ The Murder Mystery of Mary Rogers”. 2012年3月14日閲覧。
  9. ^ Lardner, James; Reppetto, Thomas (2000). NYPD: A City and Its Police. Owl Books. pp. 18–21. ISBN 0-8050-6737-X. 
  10. ^ Lankevich, George L. (1998). American Metropolis: A History of New York City. NYU Press. pp. 84–85. ISBN 0-8147-5186-5. 
  11. ^ Silverman, Kenneth (1991). Edgar A. Poe: Mournful and Never-Ending Remembrance (Paperback ed.). New York: Harper Perennial. p. 205. ISBN 0-06-092331-8. 
  12. ^ Nelson, Randy F. (1981). The Almanac of American Letters. Los Altos, California: William Kaufmann, Inc.. p. 183. ISBN 0-86576-008-X. 
  13. ^ Walsh, John (1968). Poe the Detective: the Curious Circumstances Behind The Mystery of Marie Roget. Rutgers University Press. p. 2. ""The Oblong Box" (not a story of crime as Poe told it) is based in part on the murder of the printer, Samuel Adams by John C. Colt, which succeeded the death of Mary Rogers as the leading sensational topic for the American press." 
  14. ^ Rosenheim, Shawn James (1997). The Cryptographic Imagination: Secret Writing from Edgar Poe to the Internet. Baltimore: Johns Hopkins University Press. pp. 68–69. ISBN 978-0-8018-5332-6. 
  15. ^ Meyers, Jeffrey (1992). Edgar Allan Poe: His Life and Legacy (Paperback ed.). New York: Cooper Square Press. p. 135. ISBN 0-8154-1038-7.