メガミの笑壺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メガミの笑壺
ジャンル 未体験漫才シミュレーション
対応機種 PlayStation Portable
ニンテンドーDS
ニンテンドーDSi(ニンテンドーDSiウェア
PlayStation Vita(ダウンロード)
開発元 ニュー娯匠
発売元 アーテイン
[DSi][PSVita]Collavier
人数 1人
メディア [PSP]UMD
[DS]DSカード
[DSi、PSVita]ダウンロード
発売日 [PSP]2006年3月30日
[DS]2006年6月29日
[DSi]2013年5月1日
[PSVita]2014年8月21日
テンプレートを表示

メガミの笑壺』(めがみのえつぼ)は、アーテインから2006年3月30日に発売された漫才を題材としたシミュレーションゲーム。同年6月29日に追加要素を加えた『タッチで漫才! メガミの笑壺DS』が発売された。

2013年5月1日にはDS版から音声カットや調整を行ったニンテンドーDSiウェアタッチで漫才! メガミの笑壺DL』が、2014年8月21日には『メガミの笑壺DL』が配信開始された。

ストーリー[編集]

売れない漫才コンビ「カラテスパイダー」は慶納神社のお祭り「岩伎祭」で、花吹雪マッチポンプの裏方の仕事をすることになっていた。
しかし肝心のマッチポンプが仕事をサボってしまったため、代わりに漫才することになってしまう。
ネタも用意していない彼らは舞台でスベってしまう。突如要石に雷が直撃し、その衝撃で気絶。目が覚めた二人の前に「笑の神」と名乗る老人が現れ、「お前たちの漫才のせいで妖怪へきわろの封印が解けてしまった」とダメ出しをし、「へきわろに身体を乗っ取られたくなければ五弁天を祭る祠の前で笑いを奉納しろ」と告げられ謎の眼鏡を渡される。
目が覚めるとそこは病院で、一機の顔に夢の中で見た眼鏡がかけられていた。へきわろを封印することになってしまった二人はどうなるのか・・

システム[編集]

基本操作[編集]

×ボタン(DS版ではBボタン)で台詞に、□ボタン(Yボタン)で千歳の表情に、△ボタン(Xボタン)でイメージにツッコミを入れる。(ツッコミを入れずにスルーすることもできる) なお、ツッコミは会話パートにも現れることがある。 ストーリーを進めるとオファーが来て、そこで磨きがかかった漫才を披露することができる。

アクションツッコミ[編集]

本作は実際に行われるツッコミをミニゲームとしている。

フォロー
千歳が噛んでしまった台詞を正しく直すというもの。噛んでしまった部分は赤文字で表示される。
方向キーの左右で文字を操作し、○ボタンで落として正しい単語にする。
DS版は落下してくる文字を受け止めるものになっている。
ひろう
ツッコミのキーワードとなる三つの単語のうちどれか一つをツッコむというもの。
二つ並んだプレゼントと奥にあるプレゼントをタイミング良くクレーン車でひろう。
DS版は三つの単語がカップに入れられてシャッフルした後に落ちてくる単語を拾うものになっている。
ヤジ
プレイ中に客からヤジが飛ぶことがある。
カウント後に「へたくそ」と書かれた槍が降ってくるので、スポットライトが当たっている場所に逃げるというもの。
DS版は上下から迫ってくる槍に対して安全地帯に逃げるものになっている。
たとえ
千歳のボケをなにかにたとえてツッコむというもの。突っ込む際に一言ごとに拳骨、チョップ、蹴りを放っている。
単語が二択ずつに分かれており、それを選んで3つの単語を正しい文法にしてツッコむ。
DS版は単語が書かれた小島を跳び移るというものになっている。
ノリ
所謂ノリツッコミを行うというもの。主に漫才の区切りに来る。
3機のロケットから1機選んだ後、角度を調整し星目掛けて発射するというもの。
DS版はPSP版と視点が違い、飛んで行く星に発射するものに変更されている。
ツカミ
漫才の冒頭で行うツカミギャグ。台詞は「俺達、メガネ率200パーセント!」で笑の神が考案した。
方向キーとボタンを使って画面に支持されたポーズ通りに入力する。
DS版はポーズが書かれたカードに従ってタイミング良く入力するというものになっている。
スカシ
Lv3から使えるアクションツッコミ。必ず漫才の半分を過ぎた時に現れる。
潜水艇を岩にぶつけないようにして加減速させ、一番下の黄色いラインに到達させる。
DS版は闘牛になっておりAボタンでマントを用意し、突っ込んでくる牛に対してタイミング良くかわすというものになっている。
「おいこみ」と書かれたラインに到達すると(DS版では赤い牛をかわす)千歳が豹変し、漫才の内容も変化する。
笑い待ち
Lv3から使えるアクションツッコミ。ツッコミを入れる際に、タイミング良く行うことによってキタイゲージの上昇率が変化する(タイミングが完全に一致すると1.5倍になる)。
タイミングはネタや客層によって違う。なお、実際に存在する同名のテクニックとは異なっている。
壱快天ツッコミ
完全クリアした後に使えるアクションツッコミ。スカシで追い込みが成功した際、漫才の最後に登場する。
ツッコミの内容は所謂文字の入れ替えを連続で行うものとなっている。

登場人物[編集]

萬条 一機(ばんじょう いっき)
- 竹本英史
本作の主人公。漫才コンビ「カラテスパイダー」のツッコミ担当。快活な性格だがではあるがその分がさつである。年齢は19歳で相方の巻村千歳とは同級生。
慶納神社で寒い漫才をしてしまったがために笑の神からダメ出しを喰らった後、へきわろの力を防ぐことができる眼鏡を強制的にかけられた(へきわろを封印するまで外すことはできない)ため、その尻拭いをすることとなる。
巻村 千歳(まきむら ちとせ)
声 - 中尾良平
カラテスパイダーのボケ担当。一機とは違い、元からメガネをかけている。学生時代に一機にコンビを組まされることになった。
普段はテンションが低く、あがり症で弱気なオタクだが、才能はあり舞台で大きな笑いをとると性格が豹変する。
笑の神(わらいのかみ)
声 - 徳山靖彦
夢の中に突如現れた笑いの神と名乗る老人。へきわろの封印を解いてしまったカラテスパイダーにダメ出しをし、一機にメガネを渡した人物。
事あるごとに一機の夢の中に現れては漫才のテクニックを伝授する。とてもガラが悪く、彼の頭突きは一機を一撃で気絶させる程の威力がある。
その正体はかつて一世を風靡し、30年前に失踪した「花吹雪一門」の設立者・花吹雪壱快天(はなふぶきいちかいてん)であると千歳の口から明かされる。
園田 カレン(そのだ かれん)
声 - 中西悠
カラテスパイダーが所属している芸能事務所「花吹雪プロダクション」のマネージャー。イギリス人と日本人のハーフ。
プロダクションには受付嬢のアルバイトで入ったのだが、仕事が増えたためかマネジメント業もこなすようになった。
千歳によると、仕事の仕切り方がとても厳しいらしい。
大門寺 ひろみ(だいもんじ ひろみ)
声 - 高橋晃央
花吹雪プロダクションの社長。一見ダンディだが、変な仕事を請け負うことが多い。千歳から陰で「アホな社長」と言われている。
花吹雪 マッチポンプ(はなふぶき マッチポンプ)
カラテスパイダーの先輩で若者には全く受けないが、年配層には絶大な人気を誇る漫才コンビ。
細くて背の高い方がツッコミ担当のマッチ(声:徳山靖彦)、太っている方がボケ担当のポンプ(声:平井啓二)。
性格は悪く、一機たちへの説教を楽しんでいる。なお、慶納神社での仕事をサボったがためへきわろの封印が解けてしまったため、ある意味元凶でもある。
へきわろ
声 - 平井啓二
「慶納神社」に古くから伝わる妖怪。非情に嫉妬深く、才能に秀でた人物に憑りついて邪魔をする。
慶納市に古くから伝わる妖怪で「よしのむらのもののけ」と称されている。馬鹿げた行動を行うことで村人を楽しませていたが、村の祭に現れた旅芸人に嫉妬し、芸や歌を封印して村に災いをもたらした。
これを見かねた慶納村の長老が呼んだ芸事の神である五弁天によって要石に封印されたが、一機たちの寒い漫才によって封印が解けてしまう。
五弁天
声 - 山口繭、中西悠、鹿野優以
芸事の神。その名の通り五人の弁天である。村人に「へきわろを封印する代わりに我々を祀る祠を建て、その前で芸を見せ続けよ」と告げた。
しかし現代になって忘れ去られてしまった影響で祠にこもってしまい、その影響か弁天の周りには奇妙な人物が集まるようになった。
舶来忍者
声 - 徳山靖彦、平井啓二、福原耕平
日本文化が大好きな忍者姿の外人集団。フランスの傭兵部隊に所属していたため流暢な日本語を話せるが、「片言の舶来忍者」という設定に拘っているため敢えて片言で喋っている。
黒岩 源太(くろいわ げんた)
声 - 福原耕平
慶納刑務所に収容されている囚人。「芸を喰らう野獣」と呼ばれ恐れられており、刑務所慰問をしに来た何人もの芸人を潰してきた。
実は自身が考えた未完成のネタ「かすみ草」を託せる芸人を探していた。カラテスパイダーの漫才を見て、半ば無理矢理かすみ草を託した。
薔薇咲 銀二(ばらさき ぎんじ)
声 - 徳山靖彦
老人ホーム シルバーボウイの管理人。元芸人で利用者からはシルバーと呼ばれている。
かつては黒岩と「めおとぼういず」という漫才コンビを組んでいた。
エイティつるまろ
声 - 坂本明正
N-1グランプリの司会者。「ゆえーい」「~チョ」などの独特な喋り方をする一方でカラテスパイダーを露骨に見下しているが、カラテスパイダーからは「ギャグが80年代」と評されている。
木村(きむら)
声 - 川名真知子
慶納ぽかぽかTVに勤めるディレクター。DS版のみに登場。

ステージ[編集]

談話喫茶 ともしび
客同士が不幸話を語り合う喫茶店。弁天の祠は店の前にある。
一機達の不幸話に見せかけた漫才を見てからは「漫才喫茶 でおち」に改名する。
廃墟の病院
名前の通り廃墟になった病院。弁天の祠は病院内にある。
心霊現象が噂されている場所だが、何故か舶来忍者達が集まっている。
慶納刑務所
慶納市の刑務所。弁天の祠は刑務所の入り口前にある。
「芸人墓場」と呼ばれており中庭には芸人のギャグが彫られた墓場があると言われている。
聖ジュヌヴィエーヴ教会
夜中になるとヴィジュアル系バンドを集めて「ミサナイツ」呼ばれるギグイベントを開催している教会。弁天の祠は教会の入り口前の階段にある。
老人ホーム シルバーボウイ
前衛的アートを彷彿させる外観をした老人ホーム。利用者は同性愛者をにおわせる人物が多い。
慶納神社
慶納市の神社。要石の前で芸や踊りを披露する「慶納岩伎祭」が行われる。後にカラテスパイダーの影響で様々な噂が立ち、テレビ局が駆けつけ漫才イベント「N-1グランプリ」が開催される。
慶納ぽかぽかTV
DS版のみに登場。慶納市のテレビ局。
カラテスパイダーはマッチポンチが出演するカラオケ番組「まるごとヤングのど自慢」の前説漫才を行う。