メジオン杯オープン新人王戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メジオン杯オープン新人王戦(メジオンはい オープんしんじんおうせん、메지온배 오픈신인왕전)は、韓国囲碁の若手棋戦。2013年にトンアパムテク杯オープン新人王戦として開始、2014年にトンアパムテク社の社名変更にともないメジオン杯と改名。入段3年目以下のプロ棋士韓国棋院研究生が出場する。2017年まで開催。

  • 主催 韓国棋院、囲碁TV
  • 後援 メジオン
  • 優勝賞金 (1-4回)800万ウォン、(5回)1000万ウォン

2011年にはKC&A新人王戦が実施された。

方式[編集]

  • 予選勝ち抜き者13名と、シード3名の計16名によるトーナメント戦。
  • 第1期は決勝一番勝負、第2期は決勝三番勝負。
  • 持時間は各1時間、1分の秒読み1回

優勝者と決勝戦[編集]

(左が勝者)

  1. 2013年 卞相壹 - 李東勲
  2. 2014年 卞相壹 2-1 閔詳然
  3. 2015年 申眞諝 2-1 金眞輝
  4. 2016年 申旻埈 2-1 朴河旼
  5. 2017年 申旻埈 2-0 文儒彬

KC&A新人王戦[編集]

入段5年目以下の若手棋士が出場する。予選を勝抜いた10人が2組に別れてリーグ戦を行い、各リーグ上位2名の計4人によるトーナメントを行う。決勝戦は三番勝負。持時間は各2時間、1分の秒読み3回。

  • 優勝賞金 700万元

優勝者と決勝戦[編集]

  1. 2011年 姜儒澤 2-0 李東勲