メジャーリーグベースボールとナショナルバスケットボールアソシエーションの両方の試合に出場した選手の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

メジャーリーグベースボールとナショナルバスケットボールアソシエーションの両方の試合に出場した選手の一覧(メジャーリーグベースボールとナショナルバスケットボールアソシエーションのりょうほうのしあいにしゅつじょうしたせんしゅのいちらん)は、北米4大プロスポーツリーグのうちの2つ、野球のトップリーグであるメジャーリーグベースボール(MLB)とバスケットボールのトップリーグであるナショナルバスケットボールアソシエーション(NBA)の両方の試合に出場した選手の一覧である。12人がこの偉業を達成した。

概要[編集]

ナショナルバスケットボールアソシエーション(NBA)が創設された1946年以来、12人がメジャーリーグベースボール(MLB)とNBAの両方で選手として試合に出場している[1]

日本でも人気を呼んだ西部劇のテレビ番組『ライフルマン』で主演を務めたことで知られるチャック・コナーズもMLBとNBAの両方の試合に出場した選手の1人だった。ニューヨークの下町ブルックリンで生まれ育ち、野球とバスケットボールの両方でズバ抜けた才能を持っていた[2]1946年からボストン・セルティックスで3年間プレーした。その後に名門ブルックリン・ドジャースに一塁手として入団したが、当時のドジャースの一塁手には球団史に残る強打者ギル・ホッジスがおり、長期のマイナー暮らしを余儀なくされた。球団に対してトレードを直訴して[2]1950年シカゴ・カブスへ移籍。カブスでは1951年に66試合に出場して打率.239・2本塁打OPS.585しか記録出来ず、再びマイナー暮らしに戻った。カブスのマイナー球団はロサンゼルスにあり、そこでコナーズは地元ハリウッドの映画会社からスカウトされて1952年に俳優に転向し、スクリーンデビュー。197cmの長身と精悍なマスクが買われ、数多くの西部劇などに出演した。『ライフルマン』では早撃ちルーカス・マケイン役で人気を集めた。

MLBオールスターゲームに3度選出された輝かしい経歴を持つジーン・コンリー投手1961年ボストン・レッドソックスへ移籍し、同年は同じボストン市内の球団であるボストン・セルティックスにも在籍していたので、同じ年に一都市で2つのプロスポーツを兼ねる最初の選手となった[3]。また、「北米4大プロスポーツリーグのうち2つでチャンピオンリングを獲得した唯一の選手」としても知られている(ミルウォーキー・ブレーブスに在籍していた1957年ワールドシリーズ制覇、セルティックスに在籍していた1959年・1960年・1961年にNBAファイナル制覇)。

1960年にはMLBのMVPを受賞し、MLBオールスターゲームに5度選出されたディック・グロート遊撃手デューク大学時代にバスケで839ポイントのNCAAシーズン記録を樹立しており、2013年時点で「アメリカ大学野球殿堂入りとアメリカ大学バスケットボール殿堂入りの両方を果たした唯一の選手」である。

シカゴ・ホワイトソックスで2年間プレーしたデイブ・ディバッシャー投手はデトロイト・ピストンズにも在籍し、1964年には史上最年少24歳の若さでコーチ兼任となり[3]、選手兼任コーチを3シーズン務めた。引退するまでにNBAオールスターゲームに8度選出された。1983年バスケットボール殿堂の殿堂表彰を受け、1996年にはNBA50周年記念オールタイムチームにも選出された。

ブリガムヤング大学に通って大学バスケで華々しい活躍をする傍ら、1979年から3年間トロント・ブルージェイズでプレーしたダニー・エインジ二塁手は大学卒業前にバスケットボール一本に絞ることを決めた。1981年のNBAドラフトで2巡目指名を受けてボストン・セルティックスに入団し、3点シュートの名手として10年以上の長期にわたってNBAで活躍した。

一覧から漏れた注目すべき人物[編集]

1946年にNBA組織が確立されるまでは小規模のバスケットボールのリーグが存在しており、フランキー・フリッシュハンク・グリーンバーグルー・ブードローなど後のアメリカ野球殿堂入り選手も掛け持ちでプレーしていた[3]

シカゴ・ブルズのスーパースターでバスケットボールの神様と呼ばれたマイケル・ジョーダン1993年10月に突然NBAを引退する意思を表明。「子供の頃からの夢。父の願いでもあった」と述べ、MLBへの挑戦が大きな話題となった。翌1994年シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待されたが、その後にマイナーリーグに降格。傘下AA級バーミングハムで自分の夢を追い続けた。1994年はAA級で127試合に出場して30盗塁を記録したが、打撃成績の方は打率.202・3本塁打・OPS.556。MLB長期ストライキの影響もあり、わずか1シーズンでMLBでプレーする夢を諦めた[3]

達成選手一覧[編集]

チャック・コナーズは後に俳優に転身した(写真は1950年頃)
ダニー・エインジボストン・セルティックスなど14シーズンにわたってNBAでプレーし、NBAオールスターゲームにも出場した(写真は2008年)
マイケル・ジョーダンは1シーズンのみシカゴ・ホワイトソックス傘下のAA級バーミングハムでプレーした(写真は1994年)
  • 選手名はファーストネームの50音順ソート。
  • 選手名に太字は兼業したシーズンがあることを示す。
  • MLBオールスターゲーム選出経験のある選手はMLB所属期間に銀色表記。
  • バスケットボール殿堂入りの選手はNBA所属期間に金色表記、NBAオールスターゲーム選出経験のある選手はNBA所属期間に銀色表記。
  • MLBはシーズン154-162試合制、NBAはシーズン66-82試合制である。
選手名
MLB出場期間
MLB出場試合数
NBA出場期間
NBA出場試合数
しゆるつ/ハウィー・シュルツ 1943/1943-48年 0470/470試合[4] 1949/1949-50-52-53年 0173/173試合[5]
はあむほるつ/フランク・バームホルツ英語版 1947/1947-49、51-57年 1019/1019試合[6] 1946/1946-47年 0045/45試合[7]
こなあす/チャック・コナーズ 1949/1949、51年 0067/67試合[8] 1946/1946-47-47-48年 0053/53試合[9]
こんりい/ジーン・コンリー 1952/1952、54-63年 0276/276試合[10] 1952/1952-53、58-59-60-61、62-63-63-64年 0351/351試合[11]
くろおと/ディック・グロート 1952/1952、55-67年 1929/1929試合[12] 1952/1952-53年 0026/26試合[13]
りけつつ/ディック・リケッツ英語版 1959/1959年 0012/12試合[14] 1955/1955-56-57-58年 0212/212試合[15]
はみるとん/スティーブ・ハミルトン英語版 1961/1961-72年 0421/421試合[16] 1958/1958-59-59-60年 0082/82試合[17]
ていはつしやあ/デイブ・ディバッシャー 1962/1962-63年 0036/36試合[18] 1962/1962-63-73-74年 0875/875試合[19]
りいと/ロン・リード英語版 1966/1966-84年 0751/751試合[20] 1965/1965-66-66-67年 0119/119試合[21]
なつしゆ/コットン・ナッシュ英語版 1967/1967、69-70年 0013/13試合[22] 1964/1964-65、67-68年 0084/84試合[23]
えいんし/ダニー・エインジ 1979/1979-81年 0211/211試合[24] 1981/1981-82-94-95年 1042/1042試合[25]
へんとりくそん/マーク・ヘンドリクソン 2002/2002-11年 0328/328試合[26] 1996/1996-97-99-2000年 0114/114試合[27]

脚注[編集]

  1. ^ Baseball and Basketball Players Baseball-almanac.com
  2. ^ a b 大リーグ雑学ノートP173 福島良一著
  3. ^ a b c d 大リーグ雑学ノートP172 福島良一著
  4. ^ Howie Schultz Statistics and History Baseball-Reference.com
  5. ^ Howie Schultz Basketball-Reference.com
  6. ^ Frankie Baumholtz Statistics and History Baseball-Reference.com
  7. ^ Frankie Baumholtz Basketball-Reference.com
  8. ^ Chuck Connors Statistics and History Baseball-Reference.com
  9. ^ Chuck Connors Basketball-Reference.com
  10. ^ Gene Conley Statistics and History Baseball-Reference.com
  11. ^ Gene Conley Basketball-Reference.com
  12. ^ Dick Groat Statistics and History Baseball-Reference.com
  13. ^ Dick Groat Basketball-Reference.com
  14. ^ Dick Ricketts Statistics and History Baseball-Reference.com
  15. ^ Dick Ricketts Basketball-Reference.com
  16. ^ Steve Hamilton Statistics and History Baseball-Reference.com
  17. ^ Steve Hamilton Basketball-Reference.com
  18. ^ Dave DeBusschere Statistics and History Baseball-Reference.com
  19. ^ Dave DeBusschere Basketball-Reference.com
  20. ^ Ron Reed Statistics and History Baseball-Reference.com
  21. ^ Ron Reed Basketball-Reference.com
  22. ^ Cotton Nash Statistics and History Baseball-Reference.com
  23. ^ Cotton Nash Basketball-Reference.com
  24. ^ Danny Ainge Statistics and History Baseball-Reference.com
  25. ^ Danny Ainge Basketball-Reference.com
  26. ^ Mark Hendrickson Statistics and History Baseball-Reference.com
  27. ^ Mark Hendrickson Basketball-Reference.com

関連項目[編集]