メジャー完全制覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メジャー完全制覇(めじゃーかんぜんせいは)とは、日本のプロレス界において、俗にメジャー団体と呼ばれる新日本プロレス全日本プロレスプロレスリング・ノアの3団体の管轄するヘビー級王座を獲得した者のことを指す俗称である。

概要[編集]

  • 2008年佐々木健介GHCヘビー級王座を獲得したことで、実況アナウンスやスポーツ新聞にて『メジャー完全制覇』や『グランドスラム達成』と呼ばれるようになったのが始まりである。いわゆる俗称である。
  • 高山善廣が、タッグ王座(IWGPタッグ、世界タッグ、GHCタッグ)で三団体から完全制覇、2009年に三冠ヘビーを獲得したことで、シングル・ヘビーを含めての正真正銘の『完全制覇』を達成している。「メジャー3団体単複全冠制覇」とも呼ばれる。[1]
  • 丸藤正道が、2010年にIWGPジュニアヘビーを(GHCジュニア、世界ジュニアに続き)獲得したことで、ジュニア初の(シングル)完全制覇を遂げた。
  • しかし、現在まで名称など公式なものでは無いため、完全制覇条件が「シングルだけ」「タッグも含め」などの条件は決まっておらず、タッグのみ達成しても呼ばれない場合が多い。達成報酬や称号が与えられることは全く無く、スポーツ新聞の見出し程度である。

ヘビー級王座[編集]

管轄団体 シングル タッグ
新日本プロレス IWGPヘビー級王座 IWGPタッグ王座
全日本プロレス 三冠ヘビー級王座 世界タッグ王座
プロレスリング・ノア GHCヘビー級王座 GHCタッグ王座

歴代達成者[編集]

高山善廣
ベルト 初回奪還日 パートナー
IWGPヘビー級王座 2003年平成15年)5月2日
三冠ヘビー級王座 2009年平成21年)3月14日
GHCヘビー級王座 2002年平成14年)9月7日
IWGPタッグ王座 2004年平成16年)2月1日 鈴木みのる
世界タッグ王座 1999年平成11年)7月23日 大森隆男
GHCタッグ王座 2001年平成13年)12月9日 大森隆男
現在までに高山のみが、シングル王座・タッグ王座の完全制覇を達している(なお高山はこの他に全日本のアジアタッグ王座も獲得している)。
佐々木健介
ベルト 初回奪還日 パートナー
IWGPヘビー級王座 1997年平成9年)8月31日
三冠ヘビー級王座 2007年平成19年)8月26日
GHCヘビー級王座 2008年平成20年)9月6日
IWGPタッグ王座 1991年平成3年)3月6日 馳浩
GHCタッグ王座 2009年平成21年)9月21日 森嶋猛
完全制覇まで全日本プロレスの世界タッグ王座を残すのみとなったが、2014年2月11日をもって現役引退をしている。

ジュニアヘビー級[編集]

管轄団体 シングル タッグ
新日本プロレス IWGPジュニアヘビー級王座 IWGPジュニアタッグ王座
全日本プロレス 世界ジュニアヘビー級王座 - [2]
プロレスリング・ノア GHCジュニアヘビー級王座 GHCジュニアヘビー級タッグ王座

歴代達成者[編集]

丸藤正道
ベルト 初回奪還日 パートナー
IWGPジュニアヘビー級王座 2010年平成22年)1月4日
世界ジュニアヘビー級王座 2008年平成20年)9月28日
GHCジュニアヘビー級王座 2001年平成13年)12月9日
GHCジュニアタッグ王座 2003年平成15年)7月16日 KENTA
また丸藤正道は、NOAH管理のGHC(ヘビー、タッグ、ジュニア、ジュニアタッグ、白)を全てを獲得している。
NOAH内のみならず、日本のプロレス団体で唯一、団体内王座(ヘビーのシングル&タッグ、ジュニアのシングル&タッグを管轄する団体限定として)を獲得した「グランドスラム」の達成者である。
田中稔
ベルト 初回奪還日 パートナー
IWGPジュニアヘビー級王座 2000年平成12年)10月29日
世界ジュニアヘビー級王座 2011年平成23年)1月2日
GHCジュニアヘビー級王座 2019年平成13年)3月10日
IWGPジュニアタッグ王座 2000年(平成12年) 6月25日 金本浩二
GHCジュニアタッグ王座 2018年平成30年)3月11日 小川良成
田中は、丸藤が成し遂げていないIWGPジュニアタッグ王座の戴冠経験があり、ジュニアのメジャー完全制覇を果たした。

完全制覇に近い選手[編集]

シングル王座を2つ獲得している者のみ記載。高山の様にシングル・タッグの完全制覇も存在するので、無獲得タッグも記載。

ヘビー級[編集]

選手名 IWGP
三冠
GHC
IWGP
世界
GHC
永田裕志 -
武藤敬司 - -
小島聡 - -
秋山準 - -
グレート・ムタ - - -
潮崎豪 - -
鈴木みのる -

ジュニアヘビー級[編集]

選手名 IWGP
世界
GHC
IWGP
GHC
獣神サンダー・ライガー -
金丸義信 -
ケンドー・カシン - -
高岩竜一 - -
中嶋勝彦 - - -
近藤修司 - - -
ウルティモ・ドラゴン - - -
鈴木鼓太郎 - -
ケニー・オメガ - -
石森太二 - -

引退により獲得絶望、死去により獲得不可能[編集]

ただし引退選手の場合、現役復帰すれば挑戦可能
ヘビー級
選手名 IWGP
三冠
GHC
IWGP
世界
GHC
備考
橋本真也 - - - 2005年平成17年)7月11日に死去。
三沢光晴 - - 2009年平成21年)6月13日に死去。
小橋建太 - - 2013年平成25年)5月11日に引退。
田上明 - - - 2013年平成25年)12月7日に引退。
天龍源一郎 - - 2015年平成27年)11月15日に引退。
ベイダー - 2018年平成30年)6月18日に死去。
ジュニアヘビー級
選手名 IWGP
世界
GHC
IWGP
  GHC
備考
小林邦昭 - -   - 2000年平成12年)4月21日に引退。

その他[編集]

リーグ完全制覇[編集]

  • 2013年永田裕志が、NOAH主催のグローバル・リーグ戦を優勝したことで、上記3団体が毎年定期的に開催しているリーグ戦をすべて制覇した。しかし、開催年代によってはトーナメント戦方式を取った場合もある。またG1 CLIMAXなどはヘビー級限定とされているため、ジュニアのリーグ戦は省略する。

タッグ・リーグ[編集]

管轄団体 シングル タッグ
新日本プロレス G1 CLIMAX WORLD TAG LEAGUE
※「G1 TAG LEAGUE」含む
全日本プロレス チャンピオン・カーニバル 世界最強タッグ決定リーグ戦
プロレスリング・ノア グローバル・リーグ戦 グローバル・タッグ・リーグ戦

歴代達成者[編集]

永田裕志
ベルト 初回奪還日 パートナー
G1 CLIMAX 2001年平成13年)8月12日
チャンピオン・カーニバル 2011年平成23年)4月13日
グローバル・リーグ戦 2013年平成25年)11月10日
G1 TAG LEAGUE 2000年平成12年)11月30日 飯塚高史

完全制覇に近い選手[編集]

シングル戦で優勝を2つ獲得している者のみ記載。無獲得タッグも記載。

選手名 G1
CC
GL
G1
世界
GL
武藤敬司 - -
小島聡 - -
佐々木健介 - - - -

脚注[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ09/03/15記事
  2. ^ 全日本管轄のジュニアタッグ王座は無し。