メソポタミヤの殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メソポタミヤの殺人
Murder in Mesopotamia
著者 アガサ・クリスティー
訳者 石田善彦 ほか
発行日 イギリスの旗1936年
日本の旗
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 ABC殺人事件
次作 ひらいたトランプ
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

メソポタミヤの殺人』(原題:Murder in Mesopotamia)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティ1936年に発表した長編推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの作品のひとつである。

あらすじ[編集]

看護婦のエイミー・レザランは、イラクアッシリア遺跡の調査隊を率いるライドナー博士から、妻ルイーズの付き添いを頼まれる。ルイーズは神経症で誰かに殺されると怯えていたのであった。遺跡調査隊員の間には、不自然な緊張があった。そして着任1週間後、レザランはルイーズから、死んだはずの前夫フレデリック・ボスナーから脅迫状が届いたことを打ち明けられる。

フレデリックはスパイ行為をルイーズに通報されたことで逮捕され、脱走後、列車の転覆事故に巻き込まれ死亡したことになっていた。ただし、埋葬された男の死体は損傷が激しく、フレデリックであると確認できなかった。そして、ルイーズがほかの男と親しくなると、フレデリックの名前で「ほかの男と結婚したら殺してやる」という脅迫状が届くようになったが、ライドナー博士と知り合って結婚するまでは、脅迫状は来なかった。ところが結婚してしばらくすると、「命令にそむいたお前は死ななければならない」との脅迫状が届き、自宅でガス中毒で殺されかけた。その後、イラクにいる2年間は脅迫状も来なかったが、3週間前に「おまえの命は風前の灯だ」、1週間前に「おれは到着したぞ」と書かれた手紙が届いた。

そして翌日の午後、ルイーズは自室で殴殺されているのが発見された。室内の窓は内側から鍵がかかっており、ドアの前で発掘された土器を洗っていた現地人の少年が、部屋には誰も出入りしなかったと証言した。ただし、少年は屋上にいたライドナー博士に呼ばれて10分間ほどその場を離れていた。その後の調査の結果、外部の人間が侵入することは不可能であったことから、犯人は調査隊員の中にいると判断された。折しも、シリアからバグダッドに向けて旅行中であったエルキュール・ポアロは、現地の警察署長から事件の調査を依頼される。

登場人物[編集]

  • エルキュール・ポアロ - 探偵
  • エイミー・レザラン - 看護師、物語の語り手
  • エリック・ライドナー - 考古学者
  • ルイーズ・ライドナー - エリックの妻
  • レイリー先生 - 外科医
  • シェイラ・レイリー - レイリーの娘
  • アブダラ - 土器洗いの少年
  • マリー・マーカド - ジョーゼフの妻
  • メイトランド - 警察署長

遺跡調査隊員[編集]

  • リチャード・ケアリー
  • ディヴィッド・エモット
  • カール・ライター
  • ラヴィニ神父
  • アン・ジョンソン
  • ジョーゼフ・マーカド

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
メソポタミヤの殺人 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-5 高橋豊 解説 数藤康雄 真鍋博 1976年 367 4-15-070005-2 絶版
メソポタミア殺人事件 新潮社 新潮文庫 蕗沢忠枝 解説 蕗沢忠枝 1986年 373 4-10-213512-X 絶版
メソポタミヤの殺人 早川書房 クリスティー文庫12 石田善彦 解説 春日直樹 Hayakawa Design 2003年12月12日 419 4-15-130012-0
メソポタミヤの殺人 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 田村義進 2008年1月9日 4-15-208886-4
殺人は癖になる 東京創元社 創元推理文庫 厚木淳 1978年5月12日
改版2000年11月14日
370 4-488-10540-2

翻案作品[編集]

ラジオドラマ

TV作品