メゾンラフィット競馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メゾンラフィット競馬場
Hippodrome de Maisons-Laffitte
橋の上から見たメゾンラフィット競馬場
橋の上から見たメゾンラフィット競馬場
施設情報
所在地 フランスメゾン=ラフィット78600、プルーズ通り1
座標 北緯48度57分58秒 東経02度10分05秒 / 北緯48.96611度 東経2.16806度 / 48.96611; 2.16806座標: 北緯48度57分58秒 東経02度10分05秒 / 北緯48.96611度 東経2.16806度 / 48.96611; 2.16806
開場 1878年
所有者 フランスギャロ
収容能力 20000人
コース
周回 右回り・左回り両用
馬場 芝、平地競走のみ
テンプレートを表示

メゾンラフィット競馬場(メゾンラフィットけいばじょう、Hippodrome de Maisons-Laffitte)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県メゾン=ラフィットにあるサラブレッド平地競馬競馬場ヨーロッパ最長の直線コースを備え、直線競走も多く開催している。

概要[編集]

1878年にジャック・ラフィットの遺産であったセーヌ川沿いの92ヘクタールの土地に、ムーラン・ルージュの創設やパリミュチュエル方式の発明などで知られるJoseph Ollerが建設された競馬場である。同地は18世紀末には草競馬が行われていた土地でもあった[1]。後の1897年にスポーツ奨励協会が借り受けて競馬を開催、1995年に同協会がフランスギャロに統合され、以後は同組織の下で運営されている[1]

競馬場のすぐ近くにはトレーニングセンターが併設されており、競馬場よりも大きな区画内に621馬房を構えている。

1994年まではクロスカントリー競走も行われていたが、現在は平地競走のみを開催している[1]

2018年11月28日、フランスギャロは2019年を持って競馬開催を終了し、調教施設としてリニューアルすると発表した。

コース[編集]

コースは馬場のみで、一般的な楕円形のトラックコースを中心に、スタンドから見てやや右手に襷コースが付き、さらに正面・向こう正面の両端が左右に長く伸びた構造をしている。向こう正面はセーヌ川に面しており、そのため川の湾曲に従って内側に曲がっており、それぞれの両端で正面の直線と接合している。

右回り・左回りの両方で競馬を行える構造になっており、また施行可能な距離も800メートルから3200メートルまでと非常に幅広い。特に正面の直線は幅45メートル・長さ2300メートルとヨーロッパ随一の長さを誇り[1]、直線2000メートルの競走も開催される。

主な競走[編集]

メゾンラフィットでの競馬開催は主に3月から11月までに行われている。以下はメゾンラフィット競馬場で開催される主な重賞競走。

  • ユジューヌアダム賞(Prix Eugène Adam G2、芝直線2000、7月、3歳)
  • ロベールパパン賞Prix Robert Papin G2、芝直線1100、7月、2歳牡牝)
  • メシドール賞(Prix Messidor G3、芝直線1600、7月、3歳上)
  • ラ・クープ・ド・メゾンラフィット(La Coupe de Maisons-Laffitt G3、芝直線2000、9月、3歳上)
  • エクリプス賞(Prix G3、芝直線1200、10月、2歳)
  • セーネワーズ賞(Prix de Seine-et-Oise G3、芝直線1200、11月、3歳上)
  • クリテリウム・ド・メゾンラフィット(Critérium de Maisons-Laffitte G2、芝直線1200、11月、2歳)
  • ミエスク賞(Prix Miesque G3、芝直線1400、11月、2歳)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d メゾンラフィット競馬場 Archived 2009年2月17日, at the Wayback Machine. - 競馬国際交流協会・世界の競馬場