メタモルフォーゼ (手塚治虫)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メタモルフォーゼ』は、手塚治虫による日本漫画短編集。

概要[編集]

表題の通り、メタモルフォーゼ(変身)をテーマとした短編集である。

月刊少年マガジン』1976年4月号から同年11月号まで連載されたオムニバスの短編6話に、『週刊少年マガジン』1974年4月21日号に掲載された短編『おけさのひょう六』を第7話として加え、1冊となっている。

  • 講談社版手塚治虫漫画全集88巻 ISBN 978-4061086883
  • 手塚治虫文庫全集140巻 ISBN 978-4063738407
    • 「インセクター」、「インセクター 蝶道は死のにおい」、「夜よさよなら」、「ダリとの再会」を追加収録。

ザムザ復活[編集]

主人公の名前など、フランツ・カフカの短編小説『変身』からの借用が見られる。

あらすじ
野生動物が絶滅の危機に瀕する未来。野生動物保護区では死刑になる犯罪者を世界中から集めては野生動物に改造し、代用とし保護区に放っていた。
ザムザは優秀な飼育員だったが、ライオンに改造された犯罪者の女性と恋に落ちてしまい、このシステムの非道性に気付いたが、所長に捕まり、クズ人間としてゴミ処理用のイモムシに改造されてしまう。
本来は数か月で死亡するイモムシだったが、ザムザは長生きし、やがて羽化すると所長に復讐を果たす。

べんけいと牛若[編集]

あらすじ
中学生の「べんけい」こと凸卍(でこ まんじ)は巨体と厳つい風貌で周囲からは恐れられてた。しかし、卍の母は少女歌劇団の振付師。そのため幼い頃から少女歌劇団の団員などに囲まれ、卍は女性ファッションのデザイナーになるのが夢という心優しい少年であった。
ある日、同学年の「牛若」がべんけいに決闘を申し込んでくる。牛若の家庭は男兄弟ばかりであり、身体や性器が小さいことを兄たちからバカにされていたため、男らしさを証明するために決闘を申し込んだのだった。

大将軍森へ行く[編集]

手塚によれば、本作は半日で執筆したとのことである。

あらすじ
太平洋戦争末期、陸軍南方軍総司令部の雨月大将はベトナムのジャングルの上で輸送機を撃墜されたものの、命を取り留める。
雨月大将はジャングルの中をさまよい、陣地構築のためにイギリス軍に虐殺されたという若い現地民カップルしか住んでいない集落にたどり着き、2人と交流を深める。やがて、2人が結婚をするため、樹を植え替えるという奇妙な儀式を手伝い、仲人を勤めることに。
2人の父親代わりとなった雨月大将の前に、今度は日本軍が現れ、イギリス軍と同じように村を陣地にしようとする。
雨月大将は村が無人であり、2人の正体が自分の植え替えた樹の精霊であることを知るが、父として2人を守るためにただひとり日本軍に戦いを挑む。

すべていつわりの家[編集]

あらすじ
少年「久」は、たびたび「世界が燃え尽きる悪夢」を見るようになった。
両親は久をなだめようとするが、久の疑念は次第に大きくなってゆく。
見ず知らずの親戚の少女ドラコの誘いに乗って、町へ行き、ついには真実を知ることになる。
人類は神に見捨てられ、久は生き残った最後の1人なのであった。両親やドラコは神に見捨てられた最後の人間を育てるべく悪魔たちが変身していたのだった。

ウォビット[編集]

スター・システムとしてロック・ホームが登場しており、同じくロックと狼男が登場する手塚作品『バンパイヤ』を想起する者も多い。

あらすじ
ある農場を青年ロックベルト・トランシルバート男爵がたずねて来る。ロックベルトは農場に人狼(ウェアウルフ)が生息していると告げ、自分は人狼を倒しに来たのだと宣言した。
ついに正体を突き止め銀の弾丸で人狼を倒す。
これで事件は終わったかに思えたが……

聖なる広場の物語[編集]

あらすじ
小鳥たちが住む大木にゴーズとガバ・ガバという2匹の巨大な鳥が住み着くようになった。ゴーズとガバ・ガバは互いに小鳥を守ってやると言い、勢力争いを始めた。
ゴーズとガバ・ガバは「聖なる広場」に行き、不思議な粉を浴びることで身体を大きくしたり、牙を生やしたり、前足を生やしたり、次第に体も大きくなっていき、ついに己の食料として小鳥たちの卵を差し出すように言い出した。

おけさのひょう六[編集]