メタルギアソリッド モバイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メタルギアソリッド モバイル
ジャンル タクティカル・エスピオナージ・アクション
対応機種 携帯電話
開発元 Ideaworks3d
発売元 KDE-J小島プロダクション
人数 1人
メディア EZアプリ(BREW)iアプリS!アプリ
発売日 2008年1月31日(EZweb)
2008年6月(i-mode)
2009年2月6日(Yahoo!ケータイ)
テンプレートを表示

メタルギアソリッド モバイル』 (METAL GEAR SOLID MOBILE、略称: MGSM) は、コナミデジタルエンタテインメント(以下コナミ)から発売された携帯電話ゲームソフト。以前から、MSX版のメタルギアなどの携帯移植版はあったが、本作は初のメタルギアシリーズの携帯版として発表された。ストーリーは本作独自のものになっている。当初はauEZweb)版で配信されていたが、同年6月にはdocomoi-mode)版、2009年2月6日にはソフトバンクモバイルYahoo!ケータイ)版が配信された。

概要[編集]

2007年7月24日、METALGEAR 20th ANNIVERSARY PARTY にて制作を公式発表。時代設定は、シャドー・モセス事件(『メタルギアソリッド』)以降・マンハッタン沖タンカー沈没事件(『メタルギアソリッド2』)以前。シリーズでおなじみのレーションM9なども登場する。

主観撃ちや張り付き、台のぼり、ロッカーに隠れるなどのアクションも健在。携帯のカメラで撮影した画像の情報をスネークの迷彩に反映できるなど、携帯アプリゲームであることを利用したギミックも用意されている。2008年2月現在、auのW51、W52、W53シリーズに対応するが、内W51SAW52SAW53SAAQUOSケータイ W51SHW52SHはカメラ操作には非対応。ソフトバンクモバイル版は2009年2月現在932SHのみの対応となる。

本作の体験版が、auから発売中のW53Sソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)とソフトバンクモバイルの932SH(シャープ製)にプリインストールされている。なおW53Sについては、W53Sの特徴のひとつである「Style-Upパネル」を利用し、すでに発売中の100色のパネルに加えメタルギアオリジナルバージョンを「auショッピングモール」内「mobile forest」にて発売中である。

上記のオリジナルバージョンのパネルは、7月24日に開催された「METAL GEAR 20th ANNIVERSARY PARTY」にて、シリーズの監督を務める小島秀夫本人の手掛けたサンプルバージョン4種類が公開された。

ストーリー[編集]

シャドー・モセス事件以降、反メタルギア財団「フィランソロピー」を組織し、その活動を行っていたオタコンとスネーク。

ある日、オタコンの元に「新メタルギア設計に関わる技術者」を名乗る者から連絡が入る。「この施設や新型メタルギアに関わる情報を提供する代わりに、私がこの施設から逃げ出すのを協力してほしい。」という。新たな潜入を開始したスネークに謎の人物が無線をよこす。「目で見えるものだけで判断するな。何を信ずるかは自ら考え慎重に行動しろ」と言う。

登場キャラクター[編集]

ソリッド・スネーク
本作の主人公。元FOXHOUND隊員。オタコンに科学者リード博士の救出と、研究施設への潜入調査の依頼を受けてやってきた。今回はカモフラージュシステムを搭載したスーツを着込んで登場(ただしゲーム開始時点では潜入時のトラブルにより故障している)。
ハル・エメリッヒ(オタコン)
リード博士とスネークの依頼の橋渡しとなった。ただし素性が不透明なリード博士に疑いを持っている。そのため完全に信用しているわけではない。
リード博士
メタルギアプロジェクトの人工知能の専門家。女性。自分の開発した技術が兵器に転用されるのを恐れ、メタルギアの情報を提供することと引き換えにオタコンに助けを要求する。
リボルバー・オセロット
オセロットがシャドー・モセス事件で持ち出したメタルギアREXに関する技術情報を闇取引してしまったことが、本作品の物語の発端になっている。今作は名前だけで登場はしない。

関連項目[編集]