メチルメタカロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メチルメタカロン
Methylmethaqualone.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
3244-75-5 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 63382
ChemSpider 57045 チェック
化学的データ
化学式 C17H16N2O
分子量 264.322

メチルメタカロン(Methylmethaqualone)は、キナゾリノン系のメタカロン英語版のアナログで、β型のGABAA受容体アゴニスト活性に由来する、メタカロンと似た、ほぼ同じ強さの催眠/鎮静作用を有する。メチルメタカロンは、メタカロンのフェニル環の4位がメチル化している。ドイツでは1999年に非合法化し、アメリカの麻薬取締局ではほぼ同時期に"drug of forensic interest"として記載された。この化合物は、ドイツの闇市場で、メタカロンのアナログのデザイナードラッグとして販売されていると見られている[1][2]

動物実験により、鎮静の効果のある投与量を少し超えると、けいれんを誘発することが示され[3]、またヒトの利用でけいれんが促進されうるという報告もあった。

出典[編集]

  1. ^ Klein RFX, Hays PA (January–June 2003;). “Detection and Analysis of Drugs of Forensic Interest, 1992 - 2001; A Literature Review.” (pdf). Microgram Journal (DEA) 1 (1–2): 60. オリジナルの2011年7月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110719112749/http://www.justice.gov/dea/programs/forensicsci/microgram/journal_v1/2003_1-2.pdf. 
  2. ^ “The structural identification of a methyl analog of methaqualone via 2-dimensional NMR techniques”. J. Forensic Sci. 38 (2): 455–65. (1993年3月). PMID 8455002. 
  3. ^ “[SUBSTITUTED 4-QUINAZOLINONE DERIVATIVES AS HYPNOTICS AND ANTICONVULSANTS]” (German). Arzneimittelforschung 13: 688–701. (1963年8月). PMID 14085923.