メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SHISEIDO PRESENTS テレビCMの日 スペシャルドラマ メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜』(しせいどう プレゼンツ テレビシーエムのひ スペシャルドラマ メッセージ でんせつのシーエムディレクター すぎやまとし)は、2006年8月28日月曜日)の21:00 - 22:54に毎日放送(MBS)の制作によりTBS系列で放送された単発のテレビドラマ

毎日放送の開局55周年記念企画として制作し、資生堂の一社提供番組である。

※テレビCMの日=1953年8月28日日本で初めての民間放送によるテレビ局日本テレビが開局した日に因んで、日本民間放送連盟2005年からこの日を「テレビCMの日」と制定した。

あらすじ[編集]

1960年代から1970年代にかけて、日本のテレビコマーシャルの創成期を築いてきたテレビCMディレクター杉山登志(すぎやま・とし)の生涯を綴る。

杉山は、資生堂の「サンオイル」や「のんびり行こうよ」の歌で有名な鈴木ヒロミツが出演したモービル石油など、昭和を代表するテレビCMを数多く製作した。

ドラマは、"CM界のカリスマ"と呼ばれながらも1973年、37歳の若さで自殺した杉山の記録を元にドキュメンタリータッチで描く。

杉山登志役は藤木直人が、杉山のでCMカメラマンの杉山伝命(すぎやま・でんめい)役は、青年期を平岡祐太、熟年期を藤竜也が演じた。

杉山の自殺から33年後の2006年。CM制作会社に勤務するCMアシスタント・ディレクターの松本佐和(内山理名)が新しいCMを製作するために、一人の男を訪ねた。その男は、杉山伝命(藤竜也)だった。佐和は、杉山が自殺した数年後に生まれた。学生時代に杉山が製作したCMのVTRを見て、杉山の魅力に惹かれ、CM業界の仕事を始めた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:長谷川健夫、飯田健三郎
  • 監督:井坂聡
  • 制作:藪内広之
  • 制作協力:デスティニー
  • 製作著作:毎日放送

補足[編集]

番組のエンドロールは、番組が「テレビCMの日スペシャルドラマ」ということから、昭和を代表するテレビCMの名場面が音声入りで流された。放映されたテレビCMは次の通り。

ほか

番組のオープニングでは、日本で初のテレビCM「精工舎の時計」のCMが放送された。