メディアッティ・コミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社メディアッティ・コミュニケーションズ
Mediatti Communications,Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-0031
東京都港区西麻布1-2-7 KN127ビル10F
設立 1997年3月25日
業種 情報・通信業
事業内容 有線テレビジョン放送事業会社の統括
代表者 代表取締役社長 青木智也
資本金 101億25百万円(2008年11月30日現在)
従業員数 グループ合計545人(派遣社員含む)
決算期 12月31日
主要株主 ジュピターテレコム 100.0%
外部リンク http://www.mediatti.com/
テンプレートを表示

株式会社メディアッティ・コミュニケーションズ(Mediatti Communications,Inc.)は、かつて存在したケーブルテレビ統括運営会社(MSO)である。旧名称は、株式会社トーメンメディアコムジュピターテレコム(J:COM)に吸収合併され消滅している。

メディアッティ・コミュニケーションズの事業会社については、株式会社ジュピターテレコム傘下のサービス局・事業会社となっている。

沿革[編集]

  • 1997年3月25日 - トーメン株式会社が、ケーブルテレビ統括運営会社の株式会社トーメンメディアコムを設立。
  • 2000年4月 - オリンパス・キャピタル・ホールディングス・アジア(香港所在のアメリカ系プライベートエクイティファンド)との折半出資の合弁会社とする。
  • 2000年7月31日 - 香港のPCG傘下のパシフィック・センチュリー・サイバーワークス(PCCW)と資本業務提携。第三者割当増資に応じて出資(トーメンの出資は42%に)。
  • この頃、株式会社トーメンメディアコムの商号を、株式会社メディアッティ・コミュニケーションズに変更。
  • 2001年2月5日 - 湘南ケーブルネットワーク株式会社(SCN)の株式22%を、株式会社日本ネットワークサービスから取得し筆頭株主となる。
  • 2002年10月31日 - 株式会社シティテレコムかながわの株式55%を取得し、子会社化(38%→93%)。
  • 2004年2月10日 - アメリカのリバティメディア・インターナショナル(現リバティ・グローバル)が、メディアッティ・コミュニケーションズへ出資する契約を締結(約80%出資のオリンパス・キャピタルが株式を順次売却)
  • 2004年4月15日 - 全額出資子会社のメディアッティ・ブロードバンド・コミュニケーションズが、沖縄アメリカ軍基地内でのケーブルテレビ事業をアメリケーブル・インターナショナルから承継。
  • 2004年7月 - 江戸川ケーブルテレビ株式会社の株式92.3%を取得し、子会社化。
  • 2004年11月26日 - 株式会社東上ケーブルテレビの株式を、東武鉄道株式会社から取得し、69.7%出資の子会社とする。
  • 2005年4月 - 傘下の株式会社東上ケーブルテレビの商号を株式会社メディアッティ東上に、ブランド名を「メディアッティ東上」に、それぞれ変更。
  • 株式会社シティケーブルネットを、傘下におさめる。
  • 2005年10月20日 - 株式会社シティテレコムかながわの株式7%を、既存株主8社から取得し、完全子会社化。
  • 2006年6月1日 - 傘下の株式会社シティケーブルネットが使用するブランド名を、「メディアッティ所沢」にする。
  • 2006年9月1日 - 傘下の株式会社シティテレコムかながわ江戸川ケーブルテレビ株式会社が使用するブランド名を、それぞれ「メディアッティかながわ」と「メディアッティ江戸川」にする。
  • 2006年11月27日 - 宮城ネットワーク株式会社の株式をセコム株式会社とカメイ株式会社から、株式会社ケーブルネット新潟の株式をセコム株式会社からそれぞれ取得し、宮城ネットワーク株式会社を78.9%出資の子会社、株式会社ケーブルネット新潟を89.7%出資の子会社とする。
  • 2007年12月1日 - 傘下の株式会社ケーブルネット新潟が使用するブランド名を、「チューリップNET」から「メディアッティ新潟」に変更。
  • 2008年7月8日 - 株式会社横浜テレビ局の株式48.3%を、日揮株式会社および富士通株式会社から取得し、子会社化(24.3%→72.6%)。
  • 2008年9月17日 - 傘下の株式会社ケーブルネット新潟の全株式を、株式会社ニューメディアに譲渡(その後の2009年1月にニューメディアと合併)。
  • 2008年12月25日 - 株式会社ジュピターテレコムが全株式を取得し、完全子会社化(それまでにメディアッティ・ブロードバンド・コミュニケーションズ社はメディアッティ・コミュニケーションズから独立した模様)。
  • 2009年4月1日 - 株式会社ジュピターテレコムに吸収合併され、法人は解散。同時に傘下の株式会社メディアッティ東上が株式会社ジェイコム東上に商号変更。また、傘下6社使用のブランドをすべて「メディアッティ」から「J:COM」に変更。

J:COMによる買収[編集]

2008年12月25日に、ジュピターテレコム(J:COM)が、従来の株主であるLiberty Japan MC,LLC(リバティ・グローバルの子会社。45.46%)、MC investments,Ltd.(23.85%)、Mediatti Holdings,Ltd.(20.85%)、豊田通商(5.75%)、PCCW Mediacom,Ltd.(PCCWの子会社? 2.72%)、個人3名(1.37%)の8者から、発行済み株式6万8275株すべてを283億52百万円で買取り、連結子会社化した。これによりジュピターテレコムは、タイタス・コミュニケーションズケーブルウエストに続き国内のMSOの3社目を買収したことになる。

グループ局[編集]

いずれも2009年3月31日時点。

株式会社ジェイコム東上 (J:COM東上)
埼玉県朝霞市志木市新座市富士見市ふじみ野市及び入間郡三芳町
株式会社シティケーブルネット (J:COM所沢)
埼玉県所沢市
江戸川ケーブルテレビ株式会社 (J:COM江戸川)
東京都江戸川区
株式会社シティテレコムかながわ (J:COMかながわセントラル)
神奈川県横浜市瀬谷区大和市の一部(元々のJ:COM相模原・大和エリア外の部分)、海老名市座間市及び綾瀬市
宮城ネットワーク株式会社 (J:COM仙台キャベツ)
宮城県仙台市青葉区泉区宮城野区若林区黒川郡富谷町
株式会社横浜テレビ局(J:COM横浜)
神奈川県横浜市南区磯子区中区西区(一部)
以前から出資していたが、2008年7月8日をもって筆頭株主日揮富士通より株式を取得し、経営権を得た。

元グループ局[編集]

株式会社ケーブルネット新潟 (旧メディアッティ新潟)
新潟県新潟市
2006年12月からグループ入りしていたが、2008年9月17日付でニューメディア(本社・山形県米沢市)へ経営譲渡
株式会社メディアッティ・ブロードバンド・コミュニケーションズ
沖縄県在日米軍基地