メデューサの頭 (医学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:肉眼的所見を示すの画像提供をお願いします。2019年9月

メデューサの頭(メデューサのあたま、: Caput medusae)は、パームツリーサインとも呼ばれる腹部の血管徴候である[1][2]

概要[編集]

を中心とした腹部の皮静脈の拡張は、放射状である。ラテン語 caput medusae(「メデューサの頭」の意)は、毒蛇をもつ空想上の怪物「メドゥーサ(メデューサ)」に由来する。この症候は門脈圧亢進症による。臍帯静脈胎児期に母体から酸素を含んだ血液を送る血管であるが、出生後速やかに閉鎖する。 しかし、肝不全などによる門脈圧亢進症において、再開通し、目視できるようになる[3][4]

鑑別診断[編集]

下大静脈閉塞[編集]

  • 遮断された下大静脈をバイパスし、両下肢からの還流する血液の通路として、腹部側副血行路を生成する。

鑑別診断法[編集]

臍の下にある静脈の血流の方向を同定する。

  • 表皮にみられる臍の下にある静脈を圧迫し、血液が
    • 足へ向かって流れる→メデューサの頭(門脈圧亢進症)
    • 頭へ向かって流れる→下大静脈閉塞

脚注[編集]

  1. ^ 肝硬変による側副循環(臍傍静脈経路とメズサの頭) (PDF)”. 人体のしくみと働き. 2016年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月11日閲覧。
  2. ^ メズサの頭”. 看護用語辞典 ナースpedia. 株式会社クイック. 2017年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月11日閲覧。
  3. ^ http://2.bp.blogspot.com/_ZLpgLTJORxI/TAyqfUsCFDI/AAAAAAAAAyY/zJ1rYz4JNjQ/s1600/img_6_1933_6.jpg
  4. ^ http://tsunepi.hatenablog.com/entry/2016/01/01/050000