メトロこうべ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メトロこうべ
Metro Kobe
新開地タウン
新開地タウン
店舗概要
所在地 兵庫県神戸市兵庫区(神戸タウンの一部は中央区
開業日 1968年(昭和43年)9月1日
施設管理者 神戸高速興業株式会社[1]
延床面積 10,198 m²
商業施設面積 3,024 m²
店舗数 68店
最寄駅 神戸高速線高速神戸駅新開地駅
西日本旅客鉄道(JR西日本)JR神戸線神戸駅
外部リンク 公式ウェブサイト

メトロこうべ (Metro Kobe) は、神戸高速線高速神戸駅新開地駅を結ぶ地下構造の商店街。神戸高速興業株式会社(神戸高速鉄道の子会社)が管理する。

概要[編集]

高速神戸駅と新開地駅の真上にそれぞれ神戸タウンと新開地タウンとがある[1]。センター(星の広場)と名づけられた地下通路が両タウンを結んでいる[1]。なかでも、センターエリアにある卓球場は、メトロこうべの名所として有名である。 神戸タウンでは、デュオこうべ経由ハーバーランド[1]と、新開地タウンおいては聚楽館ビル脇のエレベーターのある出口で直結している新開地商店街を経由すれば湊川公園に行くことができる。そのために湊川公園からハーバーランドまで雨天時でも濡れることもなくバリアフリーでの移動が可能である。

開業の経緯[編集]

神戸高速鉄道が計画された当初、国鉄神戸駅前に、4社の総合ターミナル駅・神戸高速鉄道「高速神戸駅」を設置予定(阪急電鉄・阪神電気鉄道山陽電気鉄道が地下路線で、神戸電鉄は高架路線で乗入れ)であり、新開地駅の設置は計画にはなかった。

後に、この計画は見直されて神戸電鉄は地下を走行する路線に計画が変更になる。そして、神戸電鉄と阪神電鉄・阪急電鉄・山陽電鉄が接続する形態で新開地駅を設置することになった。このため、神戸高速鉄道のターミナル駅は、予定されていた高速神戸駅と4社が乗り入れる新開地駅との二駅に分割されて誕生することになる。

高速神戸駅と新開地駅との距離はわずか500メートルである。その両駅ともターミナル駅となることから、それにふさわしい商業施設を両駅ともに構築するとともに、両ターミナル駅間を結ぶ地下通路(センター)も同時に構築されることになった。

神戸高速鉄道の開業直後は、新開地駅ならびに高速神戸駅(折り返し設備も含む)の構造がゆえに、山陽電鉄は新開地駅まで、阪急電鉄と阪神電鉄は高速神戸駅までの乗り入れが基本となっていた。そのため、高速神戸駅と新開地駅をつなぐ電車の本数がやや少なく、山陽電鉄や神戸電鉄で新開地駅まできた人々は、日本国有鉄道の神戸駅前にでる手段としてはメトロこうべの地下通路を歩く場合も少なくなかった。

現在では、阪急電鉄・阪神電鉄・山陽電鉄は相互にダイヤ改正を繰り返し、プラットホームに着いた電車に乗れば高速神戸駅または新開地駅に自然と着くまでに両駅をつなぐ電車の本数は増加した。新開地止まりの山陽電鉄普通列車の乗客、高速神戸止まりの阪神電鉄各駅停車の乗客を阪急電鉄特急が即時に高速神戸ならびに新開地に輸送するというダイヤになっている。

PiTaPa導入について[編集]

2008年(平成20年)2月現在、神戸タウンと新開地タウンの各店舗においては、メトロこうべ名店会の協力のもとにPiTaPaで決済できる店舗、あるいはPiTaPaを提示することにより別のサービスを行う店舗が多い。鉄道会社が主導して始めた阪急電鉄HANA PLUSカードなどとは異なり、地域振興の目的で神戸市が主導で始めたKOBE PiTaPaに神戸高速鉄道などの鉄道会社が参画したために、神戸高速鉄道区間の乗降の決済にPiTaPaが使用可能になったのは2006年(平成18年)7月からであるが、メトロこうべにおいては既に2005年(平成17年)6月にはPiTaPaを採用して使用できるようになっていた。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 屋内測位普及発展に関する調査研究報告書 (Report). 財団法人ニューメディア開発協会. (2009-3). 

関連項目[編集]