メトロ・パシフィック・インベストメンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
メトロ・パシフィック・インベストメンツ
企業形態 公開株式会社
取引所 フィリピン証券取引所
設立 2006年3月20日
本社 フィリピンの旗 フィリピンマカティ
事業地域 フィリピンの旗 フィリピン
主要人物 社長CEO Jose K. Ma. Lim[1]
会長 マヌエル・パンギリナン英語版[1]
サービス 投資信託
増加5億9300万PHP (2008)
所有者 ファースト・パシフィック英語版
メトロ・パシフィック・ホールディングス (55.9%)
親会社 ファースト・パシフィック英語版
ウェブサイト www.mpic.com.ph
テンプレートを表示

メトロ・パシフィック・インベストメンツ(Metro Pacific Investments Corporation)は、ファースト・パシフィック英語版の子会社のメトロ・パシフィック・ホールディングスが所有し、フィリピンを拠点とする投資信託系持株会社[2]フィリピン総合指数構成銘柄。

上下水道、不動産、インフラなどの事業を行っている。フィリピン国内の幾つかの病院にも投資している。

子会社[編集]

  • ビーコン・エレクトリック・アセット・ホールディングス - フィリピン長距離電話との協業体、マニラ電力の42.6%の企業支配権を保有している。
  • DMCI–MPIC水道会社- DMCIホールディングス英語版との共同事業体、マイニラッド・ウォーター・サービス英語版の83.96%の株式を所有している。
  • メトロ・パシフィック・トールウェイ - マニラ・ノース・トールウェイ、ファースト・フィリピン・インフラストラクチャ・デペロップメント、スービック-クラーク-タルラック高速道路英語版北ルソン高速道路英語版を運営するトールウェイズ・マネジメントなどを所有している。
  • イースト・マニラ・ホスピタル・マネージャーズ (EMHMC) - ルルドの聖母病院を運営している。
  • コリナス・ベルデス・ホスピタル・マネージャーズ (CVHMC) - カーディナル・サントス・メディカル・センターを運営している。

運営する病院[編集]

[編集]

  1. ^ a b Metro Pacific expects net income to rise 30%”. Manila, Philippines: The Philippine Star. 2010年5月23日閲覧。
  2. ^ Metro Pacific Investments Corporation retrieved May 2, 2013