メヌード (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メヌード』(原題:Menudo)は、アメリカ小説家レイモンド・カーヴァー短編小説

概要[編集]

『グランタ』1987年春号に掲載された。1988年5月刊行の精選作品集『Where I'm Calling From: New and Selected Stories』(アトランティック・マンスリー・プレス)と1988年8月4日刊行の短編集『Elephant and Other Stories』(コリンズ・ハーヴィル社)に収録された。

日本語版は『新潮』1989年4月号が初出。翻訳は村上春樹。村上が独自に編纂した単行本『ささやかだけれど、役にたつこと』(中央公論社、1989年4月20日)および、『THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 6 象/滝への新しい小径』(同社、1994年3月7日)に収録された。全集第6巻はその後「村上春樹翻訳ライブラリー」シリーズでは、『』(中央公論新社、2008年1月10日)と『滝への新しい小径』(同社、2009年1月10日)の2冊に分かれて出版された。

メヌードはメキシコ料理のひとつ。作中、アルフレードという男が主人公のためにメヌードを作るが、ボブ・エーデルマンの写真集『Carver Country: The World of Raymond Carver』(チャールズ・スクリブナーズ・サンズ、1990年9月7日)には、この人物のモデルとなった画家アルフレード・アレギンと彼の作品の写真、そしてカーヴァーがアレギンに宛てた未発表の手紙が収められている[1]

あらすじ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『カーヴァー・カントリー』中央公論社、1994年10月7日、村上春樹訳、131頁、146-151頁。