メピラミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
メピラミン
Mepyramine.svg
IUPAC命名法による物質名
N-(4-methoxybenzyl)-N',N'-dimethyl-N-pyridin-2-ylethane-1,2-diamine
臨床データ
AHFS/Drugs.com International Drug Names
MedlinePlus a606008
法的規制
?
識別
CAS番号 91-84-9 チェック
59-33-6 (maleate)
ATCコード R06AC01 D04AA02
PubChem CID 4992
IUPHAR ligand 1220
DrugBank DB06691
ChemSpider 4818 チェック
UNII HPE317O9TL チェック
KEGG D08183 チェック
ChEBI CHEBI:6762 ×
ChEMBL CHEMBL511 チェック
別名 N-[2-(dimethylamino)ethyl]-N-[(4-methoxyphenyl)methyl]pyridin-2-amine
化学的データ
化学式 C17H23N3O 
分子量 285.38 g/mol

メピラミン(Mepyramine)またはピリルアミン(Pyrilamine)は、H1受容体をターゲットとした第1世代の抗ヒスタミン薬である[1]。しかし、しばしば脳まで急速に浸透し、眠気を催す。抗コリン薬の作用も持つ。一般的な風邪や月経症状の治療のための市販薬の成分にも使われる[2]。虫刺されや発疹の際に用いられる市販の抗ヒスタミンクリームであるAnthisanNeoanterganの成分でもある。

出典[編集]

  1. ^ Parsons, Mike E.; Ganellin, C. Robin (January 2006). "Histamine and its receptors". British Journal of Pharmacology 147 (S1): S127?S135. doi:10.1038/sj.bjp.0706440. PMC 1760721. PMID 16402096. 
  2. ^ Active Ingredients for Midol Complete