メヘレン条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

メヘレン条約(メヘレンじょうやく、英語: Treaty of Mechlin)、またはマリーヌ条約(マリーヌじょうやく、英語: Treaty of Malines)は1513年イングランド王ヘンリー8世神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世アラゴン王フェルナンド2世ローマ教皇レオ10世の間で締結された条約で、反フランス同盟を成立させた。条約は神聖同盟を締結することでヨーロッパ諸国を連合し、ひいてはキリスト教共同体英語版を成立することを目的とした一連の条約で最初のものであり、その後を1516年のロンドン条約、1517年のカンブレー条約、1518年のロンドン条約英語版が続いた[1][2][3][4]

メヘレンフランス語名メリーヌ)はサヴォイア公妃マルグリット・ドートリッシュの宮廷であるホフ・ファン・サヴォワ英語版の場所である。

脚注[編集]

  1. ^ Smollett, Tobias (1758) A Complete History of England, from the Descent of Julius Caesar, to the Treaty of Aix la Chapelle, 1748: Containing the Transactions of One Thousand Eight Hundred and Three Years, Volume 4, James Rivington and James Fletcher, and R. Baldwin
  2. ^ Williams, Hywel (2005). Cassell's Chronology of World History. London: Weidenfeld & Nicolson. pp. 197–204. ISBN 0-304-35730-8 
  3. ^ Rapin de Thoyras (Paul, M.) and Nicolas Tindal (1729) The History of England, Volume 7 of The History of England: As Well Ecclesiastical as Civi, Printed by assignment from Mr. Knapton, for T. Osborne and J. Shipton, J. Hodges, J. Robinson [and 16 others, 1729] (Accessed Sep 2013)
  4. ^ Lesaffer, Randall. (2002) Amicitia in Renaissance peace and alliance treaties (1450-1530). Journal of the History of International Law 4.1: 77-99