メリッソス、クセノパネス、ゴルギアスについて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
小品集 (アリストテレス) > メリッソス、クセノパネス、ゴルギアスについて

メリッソス、クセノパネス、ゴルギアスについて』(: Περὶ Μελίσσου, Ξενοφάνους καὶ Γοργίου: De Melisso, Xenophane, Gorgia: On Melissus, Xenophanes, and Gorgias)とは、アリストテレス名義の自然学短篇著作の1つであり、『小品集』を構成する9篇の内の1つ。アリストテレスの作品ではなく、ペリパトス派逍遙学派)の後輩たちの作品と見られている[1]

構成[編集]

全6章から成る。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 『アリストテレス全集10』 岩波書店、1969年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集10』 岩波 pp.323-329

関連項目[編集]