メリル・スウェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メリル・スウェイン(Merrill Swain)は、トロント大学オンタリオ教育研究所の名誉教授(第二言語教育論)である[1]。彼女はアウトプット仮説の提唱者として知られている。これは第二言語習得理論の一つであり、学習者は言語情報の入力処理(input processing)のみでは完全な文法的能力を獲得することはできず、話し言葉を出力(output、アウトプット)することが欠かせない、という説である[2]。スウェインはまた、マイケル・カネール(Michael Canale)と共同して取り組んだコミュニケーション能力(communicative competence)に関する業績でも知られている[3]。スウェインは、1998年にアメリカ応用言語学協会の会長を務めた[4]。彼女はカリフォルニア大学で博士号を取得している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Merrill Swain”. Ontario Institute for Studies in Education. 2016年6月24日閲覧。
  2. ^ Ellis, Rod (2008). The Study of Second Language Acquisition. Oxford, UK: Oxford University Press. pp. 260–261. ISBN 978-0-19-442257-4. 
  3. ^ Brown, H. Douglas (2007). Principles of Language Learning and Teaching (5th ed.). White Plains, NY: Pearson Education. pp. 219–220. ISBN 0-13-199128-0. 
  4. ^ Past Presidents”. American Association of Applied Linguistics. 2010年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月11日閲覧。