メリーメロディーズ・スターリング・バッグス・バニー・フレンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルーニー・テューンズ > メリーメロディーズ・スターリング・バッグス・バニー・フレンズ
ルーニーテューンズ
(Merrie Melodies Starring Bugs Bunny & Friends)
ジャンル コメディ
声の出演 メル・ブランク
ジュン・フォーレイ
アーサー・Q・ブライアン
作曲 ミルト・フランクリン
ウィリアム・ラヴァ
ユージーン・ポダニー
ジョン・シーリー
カール・スターリング
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
話数 全13話 (各話リスト)
製作
制作 ワーナー・ブラザース・アニメーション
配給 ワーナー・ブラザース・テレビジョン
放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 番組販売⇒FOXキッズ
日本の旗 テレビ東京
放送期間 アメリカ合衆国の旗 1990年9月17日 - 1994年9月9日
日本の旗 1996年7月3日 - 12月18日
放送枠 ワーナーアニメランド
放送分 30分
テンプレートを表示

ルーニー・テューンズ(Merrie Melodies Starring Bugs Bunny & Friends)とは1990年9月17日から1994年9月9日まで放送されたテレビ番組。

アメリカにおけるフォーマット[編集]

このテレビ番組は、メリー・メロディーズだけでなく、ルーニー・テューンズの短編作品も放送している。

これら2つの短編作品においては製作表記の場面がカットされ、各話のタイトルロゴから始まる。

最初のオープニングではダフィーのやり方が異なる、5つのパターンがあり、月曜から金曜までの各曜日に1つずつ行われていた。

後期のオープニングではバッグスが寝坊して猛ダッシュでルーニー・テューンズの複数キャラクターを通り抜いてワーナー・ブラザース・スタジオのサウンド・ステージに到着するという構成になっている[1]

しかしこれも2パターンあり、FOX版『メリーメロディーズ』では到着後に疲れるが、That's All Forks!(これでおしまい)版ではタキシードに着替えている、それとBGMも異なる。

番組は30分まで放送され、3本のクラシック短編が組まれ、そのうちの1つが主演のバッグス・バニーで、2番と3番の間に「HIP CLIP(ヒップ・クリップ)」という非常に短いものが放送された[2]

当初は番組販売で行われたが、1992年9月以降はFOXキッズに移行された。キッズWBでは『That's Warner Bros.!』のタイトルで1995年から1996年まで放送。

日本におけるフォーマット[編集]

日本ではテレビ東京で『ワーナーアニメランド ルーニーテューンズ[3]』として1996年7月3日から12月18日まで放送され、『アニマニアックス』と週替わりで放送された。『ルーニー・テューンズ'96』とも言う。

7月から9月までは『バッグス・バニーのぶっちぎりステージ』の内容を7話分(26本)まで再放送しており、10月から12月までは現行吹き替え版で6話分(18本)放送された。44本のうち13本(現行吹き替え版)が、カートゥーン ネットワークの『バッグス・バニー ショー』の中で再放送され、残りの4本[4]と旧吹き替え版の9本(前期7話分全て)は新吹き替えで放送された。

7月期では本番組のオープニング映像を利用しており、10月期では『ルーニー・テューンズ』と『アニマニアックス』をコラージュしたものが使われた。

吹き替え声優[編集]

キャラクター 前期
(7月~9月)
1話~7話
後期
(10月~12月)
8話~13話
バッグス・バニー 富山敬 山口勝平
ダフィー・ダック 江原正士 高木渉
エルマー・ファッド 兼本新吾増岡弘 長島雄一(現:チョー)
シルベスター・キャット 江原正士 同じ
グラニー 京田尚子 同じ
トゥイーティー 土井美加 こおろぎさとみ
ポーキー・ピッグ 兼本新吾⇒増岡弘 未放送(龍田直樹[5]
ヨセミテ・サム 永井一郎 郷里大輔
フォグホーン・レグホーン 玄田哲章 同じ
マービン・ザ・マーシャン 島田敏 中田和宏
スピーディー・ゴンザレス 滝沢ロコ 未放送(三ツ矢雄二
ナレーション 土井美加
兼本新吾
江原正士
梅津秀行
  • 龍田と三ツ矢は、後の『バッグス・バニー ショー』で吹替に参加している。
  • 前期・後期の脇役などは、上記のキャストによる兼役か、別の声優が担当している。尚、脇役である田野めぐみは、『バッグス・バニー ショー』でグーフィー・グーファーズのマックを演じたが、その後はダフィー役の高木がマックを演じている。

テレビ東京版放送リスト[編集]

各話の邦題タイトルは特殊なテロップに表示される。

ただし4話目は穴埋め[6]のためタイトルは表示されないため、『ぶっちぎりステージ』放映時の邦題(前期のみ)およびカートゥーン ネットワーク放送時の邦題(後期のみ)を表記している。

『ぶっぎりステージ』の内容は1話から7話まで再放送され、8話以降は声優が一新され(前述)、日本語版独自の演出はなくなった。

話数[7] サブタイトル 原題 日本
放送日
備考
1(1) 煮ても焼いても
とめないで!ミュージック
サーカスは大パニック
どん底コヨーテ
French Rarebit
Go Go Amigo
Tweety’s Circus
Boulder Wham!
1996年
7月3日
2(3) バニーの魔女退治
なんでこーなるの!?
ドジでケッコーコケッコー
じしんそう失コヨーテ
Bewitched Bunny
Rabbit Fire
Each Dawn I Crow
Hopalong Casualty
7月17日
3(5) 恐怖のお化けやしき
留守にはご用心
がんばり屋ヘンリー
高速ロードランナー
Transylvania 6-5000
Tweet and Sour
Henhouse Henery
Highway Runnery
7月31日
4(7) めざせ!石油王
ある日のエルマー
ボートで楽しく
どんづまりゃコヨーテ
Oily Hare
Ant Pasted
Tugboat Granny
Lickety Splat
8月14日
5(9) ラビットソン・クルーソー漂流記
ねらわれた100万ドル
羽毛にうもれたコヨーテ
Rabbitson Crusoe
Heir Conditioned
Guided Muscle
8月28日
6(11) バニーのアメリカ物語
あの手この手作戦
チキンチキンサンバ
出るコヨーテは打たれる
Yankee Doodle Bugs
Tom Tom Tomcat
Chicken Jitters
Hook,Line and Stinker
9月11日
7(13) バッグス・バニー in ロビンフッド
楽しいな?!水族館
真昼のコヨーテ
Rabbit Hood
Fish and Slips
Chaser on the Rocks
9月25日
8(15) バックス オーストラリアへ行く
ネズミのとり方教えます
森は楽しいトゥイティー
Bushy Hare
Kiddin’ the KItten
Tweet Tweet Tweety
10月9日
9(17) バッグスと豆の木
眠りの国のラルフ
弾丸ロードランナー
Beanstalk Bunny
From A to Z-Z-Z-Z
Fastest With Mostest
10月23日
10(19) バッグスと海賊サム
空飛ぶ猫
フォグホーンのイタチごっこ
羽毛にうもれたコヨーテ
Captain Hareblower
Go Fly a Kit
Weasel While You Work
Guided Muscle
11月6日
11(21) これも人生?
ワンちゃん物語
ジキルとハイドとバッグス
羽毛にうもれたコヨーテ
This Is a Life?
Dog Tales
Hyde and Hare
Guided Muscle
11月20日
12(23) とんでいったバッグス
ジャイアント・ベビー
フォグホーン・レグホーンの”卵をうばえ”
弾丸ロードランナー
Spaced Out Bunny
Goo Goo Goliath
The Eggcited Rooster
Fastest With Mostest
12月4日
13(25) キツネ狩りを笑え
バッグスとタズの料理対決
バッグスのオザーク山の一日
弾丸ロードランナー
Foxy by Proxy
Bill of Hare
Backwoods Bunny
Fastest With Mostest
12月18日

主題歌[編集]

7月期オープニング 『どったのセンセー?』
終盤でバッグスたちが集まるオープニング。[8]
10月期オープニング『曲名不明』
アニマニアックスとのコラボレーション映像。
日本版エンディング「STAR WORLD」
作詞:牧奈一慶
作曲:あば、横山貴生
編曲:横山貴生
歌手:VBB[9](柿沢美貴)
1996年9月21日日本コロムビアにて発売されたが、現在は廃盤となっている。

スタッフ[編集]

オリジナル版スタッフ
監督 テックス・アヴェリー
ボブ・クランペット
アーサー・デイビス
フリッツ・フレラング
ケン・ハリス
チャック・ジョーンズ
ルーディー・ラリワ
ノーム・マッケイブ
ロバート・マッキンソン
フィル・モンロー
フランク・タシュリン
リチャード・トンプソン
作曲 ミルト・フランクリン
ウィリアム・ラヴァ
ユージーン・ポダニー
ジョン・シーリー
カール・スターリング
日本語版スタッフ
翻訳 岩本令(1話 - 7話)[10]
上妻冬子(1話 - 3話、5話 - 7話)[10]
佐藤恵子(8話 - 13話)
脚色 滝沢ふじお(1話 - 7話)[11]
清水専吉(1話 - 3話、5話 - 7話)[11]
なし(8話 - 13話)
プロデューサー 持丸輝次
佐藤美穂(1話のみ)
構成・演出 稲田宰
演出 なし(1話 - 7話)[12]
木村絵理子[12](8話 - 13話)
音楽指導 不在(1話 - 7話)
一の宮はじめ(8話 - 13話)
録音制作 トランスグローバル(1話 - 7話)
東北新社(8話 - 13話)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ McCorry, Kevin. “Merrie Melodies: Starring Bugs Bunny and Friends”. 2017年11月15日閲覧。
  2. ^ Carmody, John (1990年9月17日). “The TV Column”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/archive/lifestyle/1990/09/17/the-tv-column/9b069286-c84e-445c-8071-87febd2861cf/ 2017年11月15日閲覧。 
  3. ^ 新聞の番組欄では『バッグス・バニー』と表記
  4. ^ 該当するのは、『バッグスと豆の木』、『バッグスと海賊サム』、『弾丸ロードランナー』、『バッグスとタズの料理対決』の4本
  5. ^ ただし『アニマニアックス』の1話でポーキーが登場した際、増岡ではなく龍田が声を当てた。
  6. ^ 特に4話目は短編作品の穴埋め(タイトル表記なし)、『アニマニアックス』のエンディングとその番組のコーナー『ヤッコ・ワーナーの世界かぞえ歌』と『ヤッコ・ワーナーの宇宙の唄』が放送されたことがあった。)。
  7. ^ 括弧はワーナーアニメランドでの話数
  8. ^ キッズWBで放送された『That's Warner Bros.!』という番組でもアレンジされている、オープニングはFOX版で放送された映像(前述)と同じである。
  9. ^ Virtual beautiful Bandの略
  10. ^ a b この2人は、『ぶっぎりステージ』ではトランスグローバルスタジオと表記されていた。
  11. ^ a b この2人は、『ぶっぎりステージ』では無表記。
  12. ^ a b 木村は、『ぶっぎりステージ』でも担当したことがあるが、エンディングクレジットでは田島荘三としか表記されなかった。しかし再放送であるにも関わらず、この番組の1話から7話までは両者ともクレジットされなかった。