メルセデス・ベンツ・GLBクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

メルセデス・ベンツ・GLBクラスMercedes-Benz GLB-Class )は、ドイツ自動車メーカーであるダイムラーメルセデス・ベンツブランドで展開している高級SUVである。

コンセプトカー (コンセプトGLB)[編集]

コンセプトGLB

2019年4月、オート上海にてコンセプトGLBとして発表された。

サイズは、全長4634×全幅1890×全高1900×ホイールベース2829mmと、ホイールベースはプラットフォームを共有するメルセデス・ベンツ・Aクラス(W177)より約100mm長く、上位クラスのメルセデス・ベンツ・GLCクラスに迫るサイズとなっている。2列シート・5人乗り仕様のほか、3列シート・7人乗り仕様も用意される[1]

初代 (2019年-) X247[編集]

メルセデス・ベンツ・GLBクラス
X247型
Mercedes-Benz X247 Sindelfingen 2020 IMG 2351.jpg
販売期間 2020年 -(日本)
乗車定員 5/7人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ガソリン直4 2.0L
ディーゼル直4 2.0L
駆動方式 FF/4WD(4MATIC)
変速機 8速DCT(8G-DCT)
全長 4,650mm
全幅 1,845mm
全高 1,700mm
ホイールベース 2,830mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

メルセデス・ベンツは2019年6月、GLBを発表した[2]。ヨーロッパ市場には4グレードが設定され、エンジンは2種類の4気筒ガソリン、および1種類のディーゼル・エンジンが設定された。5シーターまたは7シーターが設定される。最上位のディーゼル仕様以外では前輪駆動が標準となる。

日本での発売[編集]

2020年6月25日に2代目にフルモデルチェンジされたGLAと同時にGLBの日本仕様が発表された(同日より予約注文受付開始、納車は7月以降の予定)[3]。日本仕様では、2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン OM654q型を搭載するGLB 200 dと、2.0L直列4気筒ターボエンジン 260(M260)型に四輪駆動システム「4MATIC」を組み合わせたGLB 250 4MATIC Sportsの2グレードが用意される。全車8速DCT(8G-DCT)が組み合わされ、7人乗りのみの設定となる。キャッチコピーは、「アクティブライフが多彩に広がる7シーター、誕生。」である。

全モデルに液晶メーターとナビ画面が繋がったワイドディスプレイが標準装備される。ナビ画面は、タッチパネル式となる。

周囲の交通状況に応じて、自動加減速とステアリングアシストを行う『アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック&アクティブステアリングアシスト』やドライバーがウインカーを点滅させると、行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更する『アクティブレーンチェンジングアシスト』、ドアを開ける際、後方から自転車やバイク、人が近づくと警告灯や警告音で危険を知らせる『アクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)』など、Sクラスと同等の安全装置を備え、最高峰の安全性能を実現する「レーダーセーフティパッケージ」を全車標準装備した。

新世代インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を搭載し、AIを用いた音声認識を可能にした。「Hey,Mercedes!(ヘイ、メルセデス)」(日本仕様は「Hi,Mercedes!(ハイ、メルセデス)」)で起動する優れた音声認識システムを備えており、自然な対話で、カーナビの目的地設定やエアコンの温度調節など、車両の機能をコントロールすることができる。

WLTCモードによる排出ガス並びに燃料消費率に対応しており、GLB 250 4MATIC Sportsは「平成30年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得している。

2021年1月12日に、ハイパフォーマンスモデルであるMercedes-AMG GLB 35 4MATICの追加設定が発表された(同日より予約注文の受付を開始、同年1月末頃より納車)。エンジンにはGLB 250 4MATIC Sportsと同じM260型を306PS・40.8kg・mの高出力・高トルク仕様で搭載され、四輪駆動についても、電気機械制御式の多板クラッチで、走行状況に応じて前後100:0から50:50の範囲でトルク配分を変化するパフォーマンス思考のAMG 4MATICが装備され、「ESP」が作動している時は「コンフォート」モードに固定されるが、ボタン操作で「ESP」をオフにするか、「ESP SPORT Handing」を選択した場合は「スポーツ」モードに切り替わる。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式を、リアはサブフレームを介してボディにリジットマウンドされたマルチリンク式を採用。併せて、サスペンションを制御する3つのモードを選択可能な「AMG RIDE CONTROL サスペンション」が装備された。ブレーキシステムは耐フェード性に優れ、制動距離を短縮した強化ブレーキシステムが採用され、ドリルドベンチレーティッドタイプの大径ディスクブレーキ(フロント350mm、リア330mm)やシルバーペイント仕上げにブラックのAMGロゴが入ったブレーキキャリパー(フロント:新型モノブロック対向4ピストンキャリパー、リア:1ピストンフローティングキャリパー)が装備される。なお、Mercedes-AMG GLB 35 4MATICは発表時点で型式を取得しており、「平成30年排出ガス基準25%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得している。

同年4月5日に、エントリーモデルであるGLB 180とディーゼルエンジン仕様の四輪駆動モデルであるGLB 200 d 4MATICの追加が発表された(同日より予約注文の受付を開始、納車はGLB 200 d 4MATICが同年6月、GLB 180は同年7月を予定)[4]。GLB 180は超小型・軽量で優れた動・静剛性を特徴とする1.4L直列4気筒ターボエンジンであるM282型を搭載、トランスミッションは7G-DCTとなり、前輪駆動仕様となる。GLB 200 d 4MATICは既存のGLB 200 dに四輪駆動システム「4MATIC」を搭載した四輪駆動モデルとなる。

グレード一覧
グレード 販売期間 排気量 エンジン 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
GLB 180 2021年4月 - 1,332cc M282型 直列4気筒 DOHC ターボチャージャー 136PS/20.4kg・m DCT(7G-DCT) FF
GLB 200 d 2020年6月 - 1,950cc OM654q型 直列4気筒 DOHC ターボチャージャー 150PS/32.6kg・m DCT(8G-DCT)
GLB 200 d 4MATIC 2021年4月 - 4WD(4MATIC)
GLB 250 4MATIC Sports 2020年6月 - 1,991cc M260型 直列4気筒 DOHC ターボチャージャー 224PS/35.7kg・m
Mercedes-AMG GLB 35 4MATIC 2021年1月 - 306PS/40.8kg・m

プロモーション[編集]

SUVモデル「GLA」および「GLB」のコミュニケーション活動の一環として、2020年に50周年を迎え、世代を超えて愛されるドラえもんの映画 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」とのタイアップキャンペーン を実施した。

ドラえもんと一緒にメルセデスの魅力や先進技術をわかりやすく紹介する スペシャルサイトを公開し、仲間と大冒険を繰り広げる映画 ドラえもんの世界観で「GLA」および「GLB」の魅力を伝えるオリジナルWeb CMを公開した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ メルセデス・ベンツ「コンセプトGLB」発表 量産モデルは早ければ年内に国内導入か”. 2019年6月12日閲覧。
  2. ^ メルセデス・ベンツGLB発表 3列シート7人乗りも 新小型SUVのサイズ/内装”. 2019年6月12日閲覧。
  3. ^ メルセデス・ベンツ、新型「GLB」発表。7人乗り3列シートSUV”. CarWatch(インプレス) (2020年6月25日). 2020年6月26日閲覧。
  4. ^ 3列シートSUVのメルセデス・ベンツ GLBに、1.4Lガソリンの「GLB 180」、2.0Lディーゼルの「GLB 200 d 4MATIC」が追加”. clicccar (2021年4月7日). 2021年4月8日閲覧。
  • The GLB(メルセデス・ベンツ日本 公式サイト)