メルセデス・ベンツ・GLCクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メルセデス・ベンツ・GLCクラス
X253/C253
GLC250 4MATIC(大阪モーターショー2015展示車両)
Osaka Motor Show 2015 (9) - Mercedes-Benz GLC250 4MATIC (X253).JPG
Osaka Motor Show 2015 (10) - Mercedes-Benz GLC250 4MATIC (X253).JPG
メルセデスAMG GLC43 4MATIC
Mercedes-AMG GLC43 4MATIC (X253) front.jpg
販売期間 2016年 -
乗車定員 5名
ボディタイプ SUV
SUVクーペ
エンジン 直列4気筒2Lターボ
直列4気筒2.1Lターボディーゼル
直列4気筒2Lターボ+モーター
V型6気筒3Lツインターボ
V型8気筒4Lツインターボ
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
最高出力 211PS/5,500rpm
最大トルク 35.7kgm/5,500rpm
変速機 9速AT
サスペンション 前4リンク後5リンク
全長 4,660mm(4,670mm[1])(SUV)
4,735mm(SUVクーペ)
全幅 1,890mm - 1,930mm
全高 1,640mm - 1,645mm(SUV)
1,590mm - 1,605mm(SUVクーペ)
ホイールベース 2,875mm
車両重量 1,740 - 2,110kg(SUV)
1,740 - 2,100kg(SUVクーペ)
先代 GLKクラス
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

メルセデス・ベンツ・GLCクラスMercedes-Benz GLC-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売しているSUVである。GLKクラスの事実上の後継車である[1]。なお、GLCクーペについても本項で述べる。

初代(X253・C253)[編集]

GLCクラスは2015年6月17日に発表された。GLCクラスは、いわばCクラス(W205・S205・C205)のSUV版である。Cクラスとしてはセダン・ステーションワゴン・クーペに続く第4のボディの位置付けとなっている。ダイムラーは2015年からメルセデスブランドにおいて一部車種を車名変更をすることになり、唯一SUVであるGクラスを除くSUVの車種にはGLが付き、最後に車格を表す「S」、「E」、「C」が付くことになり、GLCはその法則に準じたものである[2]。 Cクラスと同じプラットフォームを採用、エクステリア、インテリアもCクラス(エクステリアのみS205・Cクラスステーションワゴン)に準じたデザインとなっている。ボディサイズは全長4,660mm[3]×全幅1,890mm[4]×全高1,645mm[5]、ホイールベースは2,870mmとなっておりとなり、先代のGLKからサイズは全長は100mm、全幅は50mm拡大され、全高は25mm低められた。ホイールベースは115mm伸ばされた。これにより座席スペースの拡大、ラゲッジスペースの拡大に寄与している。なおW205・Cクラスセダンと比較すると全長は30mm短く[3]、全幅は80mm広くホイールベースは30mm伸びている。

駆動系では4輪駆動の王道であるトランスファーを搭載するパーマネント式4輪駆動で、駆動配分は左ハンドル仕様車は前後45対55、右ハンドル仕様車は前後33対67である[6]。変速機はガソリンエンジン仕様の変速機は9段の「9Gトロニック」を搭載。後述のプラグインハイブリッドモデルの「GLC350e」には7段の「7Gトロニックプラス」が搭載される。走行モードは「ECO」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「Individual」(インディビジュアル)のモードが選べる。

ドイツ本国でのラインナップは2.0L直列4気筒ターボの「GLC250 4MATIC」、同型エンジンだがチューニングが異なり高出力タイプの「GLC300 4MATIC」、2.1Lディーゼルの「GLC220d 4MATIC」、同型エンジンだがチューニングが異なり高出力タイプの「GLC250d 4MATIC」、2.0L直列4気筒ターボエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「GLC350e 4MATIC」、メルセデスAMG仕様で、3.0L V型6気筒ツインターボのメルセデスAMGが設計監修しメルセデス社内で生産されるエンジンを搭載する「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」が用意される。米国仕様車は、発売当初より「GLC300」(2.0L直列4気筒ターボの高出力タイプエンジン搭載・後輪駆動ならびに4MATIC)が用意されている。

また、派生モデルとして、クーペ仕様のGLCクーペが用意されている。外観はフロントホイールから始まるドロッピングライン、ボディ下部を緩やかに上昇させ、実際よりも長く見せる効果を持つカウンターライン、高い位置に配してサイドウィンドウの高さを視覚的に低く見せるベルトラインの3つのサイドラインで構成されたサイドビューとし、フロントの「ダイヤモンドフロントグリル」はGLEクーペなどのスポーツモデル同様にシングルルーバーにスリーポインテッドスターを一体化させたデザインとし、フロントグリル下のバンパーにはAウイングと大型エアインテークを採用。クロスオーバーSUV特有の要素としてフロントオーバーハングは短めにし、アンダーガードを備えている。リアデザインはクーペ特有のデザインとなり、バンパーはエグゾーストエンドと一体化し、アンダーガードをディフューザー形状とした。また、Sクラスのクーペで初めて導入された細い分割型のリアコンビネーションランプ、中央配置のスリーポインテッドスター、シャープな形状のスポイラーリップはGLCクーペにも採用されている。

直接的なライバルはBMW・X3アウディ・Q5ポルシェ・マカンレクサス・NXとされる。

日本仕様[編集]

日本では2016年2月9日発売。キャッチフレーズは『いよいよ Cクラスに、SUV』となっている。GLKクラスでは、構造上の問題から右ハンドル仕様が用意されなかったが[7]、GLCクラスはプラグインハイブリッド車を除いて全て右ハンドル仕様である。なお日本では『GLCクラス』とは呼ばず単に『GLC』と呼ばれている。グレード体系は「GLC250 4MATIC」、「GLC250 4MATIC Sports」、「GLC250 4MATIC Sports(本革仕様)」の3グレードが用意され、すべて四輪駆動である。日本での発売を記念してGLC250 4MATIC Edition 1を250台限定で発売した[1]

同年9月9日、プラグインハイブリッド車仕様の「GLC350 e 4MATIC Sports」(左ハンドル設定のみ)およびメルセデスAMG仕様の「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」が発表され同日より販売を開始した[8]

2017年2月22日に、日本仕様のGLCクラスでは唯一の2輪駆動(後輪駆動)モデル「GLC200」・「GLC200 Sports」及び、「GLC250」と同じ内外装・機能装備としつつ、2.2L直列4気筒BlueTECエンジンである651型を搭載したクリーンディーゼル車仕様の「GLC220 d 4MATIC」・「GLC220 d 4MATIC Sports」を追加発売。同時に、既存モデルの一部改良も行われ、ヘッドアップディスプレイを「GLC250 4MATIC」・「GLC350 e 4MATIC Sports」・「Mercedes-AMG GLC43 4MATIC」に標準装備したほか、「GLC250 4MATIC」には、車速や走行条件に応じてダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスペンション「AIR BODY CONTROLサスペンション」とブラックアッシュウッドトリムも標準装備した[9]。また、SUVクーペモデルの「GLCクーペ」もGLCのモデル追加・一部改良と同時に日本でも公式発表・発売を開始した(「Mercedes-AMG GLC43 4MATIC Coupé」のみ、同年3月下旬販売開始)[10]

同年7月25日に一部改良[11]。「安心安全サービス」と「快適サービス(同年8月サービス提供開始)」で構成されたテレマティクスサービス「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」を新たに搭載した。これに伴い、全モデル5万円値上げされた。そして、「Mercedes-AMG GLC43 4MATIC」のSUVとクーペそれぞれに無償オプションとして設定されていた「ツインカラー20インチAMGマルチスポークアルミホイール〔フロントタイヤ:255/45R20/リアタイヤ:285/40R20〕」が標準装備へ変更となり、これまで標準装備として設定されていた「ツインカラー21インチAMG5ツインスポークアルミホイール〔フロントタイヤ:255/40R21/リアタイヤ:285/35R21〕」は廃止となった。

2018年1月1日、メーカー希望小売価格が改定され、GLC・GLCクーペの場合、7万円~10万円値上げされた[12]

2018年1月10日、「Mercedes-AMG GLC63 4MATIC+」・「Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+」・「Mercedes-AMG GLC63 4MATIC+ クーペ」・「Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+ クーペ」の追加設定と特別仕様車「Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+ Edition1」・「Mercedes-AMG GLS63 S 4MATIC+ クーペ Edition1」(以下、「Edition 1」)が発表された(同日より注文受付開始、納車は6月ごろを予定)[13]。エンジンにAMG 4.0L V8直噴ツインターボエンジンのM177型が搭載されており、外観には、メルセデスAMG・GT以外のモデルは初となる15本の垂直フィンで構成された「AMGパナメリカーナグリル」が採用された。「Edition 1」は「Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+」をベースに、外観はハイグロスブラックパーツで構成された「AMGナイトパッケージ」、マットグラファイトグレーAMGスポーツストライプ、マットブラックペイント21インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)などを装備。内装はブラックナッパレザー仕様のAMGスポーツシートやAMGパフォーマンステアリング(DAINAMICA)などが採用され、ステッチやアクセントにはイエローが用いられた。ボディカラーは「ダイヤモンドホワイト」と「オブシディアンブラック」の2色で、両モデル共に各色15台ずつ・30台の限定販売となる。

2019年5月23日、特別仕様車「GLC220 d 4MATIC Laureus Edition(ローレウスエディション)」を発売[14]。「GLC220 d 4MATIC Sports」をベースに、外観はフロントグリル・フロントスポイラー・リアバンパー・ルーフレールなどにブラックアクセントを採用した「ナイトパッケージ」や専用ハイグロスブラックペイント19インチAMG5ツインスポークアルミホイールを、内装はブラックアッシュウッドトリムが採用された。装備面では、パノラミックスライディングルーフ、「Burmesterサウランドサウンドシステム」、8ウェイパワーシート、Mercedes me connectが特別装備された。ボディカラーは通常設定の8色に加え、「モハーベシルバー(メタリックペイント・有料色)」と「セレナイトグレーマグノ(スペシャルマットペイント・有料色)」が特別設定された。なお、本仕様車の売り上げの一部はリシュモン社とダイムラー社が共同で設立された財団の一つである「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」へ寄付される。360台の台数限定販売である。

2019年10月3日、マイナーチェンジを発表(同日より受注受付開始、AMGラインは12月、それ以外のモデルは11月より納車予定)[15]。内外装デザインが一新されており、外観はフロントのボンネットにクローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームが備わり、ラジエターグリル内にはツインルーバーデザインが装備された。一部グレードにオプションで用意されているAMGラインを装着した場合はグリルデザインが台形型となり、ダイヤモンドグリルとシングルルーバー、バンパー下部左右には2本のフィンを配置し、シルバークロームのフロントエプロン装着されるなど、スポーティー志向のデザインとなる。リアはバンパーとエグゾーストエンドが一新され、フルLEDリアコンビネーションランプも新デザインに変更された。内装はダッシュボード中央に高精細10.25インチの「ワイドディスプレイ」が装備され、ステアリングホイールはSクラスと同一デザインのものに変更。装備面では各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽等のシステムを統合的にコントロールする「エナジャイジング コンフォート」が全車にオプション設定され、4代目Aクラスと同じ新型の自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」も搭載された。安全性能では、歩行者・飛び出し・右折時対向車検知機能を備えた「アクティブブレーキアシスト」が新たに標準装備された。グレード体系はGLC/GLCクーペ共通で「GLC220 d 4MATIC」、「GLC300 4MATIC」、「Mercedes-AMG GLC43 4MATIC」、「Mercedes-AMG GLC63 4MATIC+」、「Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+」の5種類に整理された。「GLC220 d 4MATIC」はEクラスにも搭載されている2.0L直列4気筒クリーンディーゼルエンジンであるOM654型へ換装され、最高出力を194PSに向上するとともに、振動・騒音の低減も実現した。新グレードの「GLC300 4MATIC」には2.0L直列4気筒ターボエンジンM264型が搭載されており、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」の採用により、「GLC250 4MATIC Sports」に搭載されていた274型に比べ、最高出力が47PS向上され258PSに、最大トルクが2kgm向上され37.7kgmになった。「Mercedes-AMG GLC43 4MATIC」はターボの大型化と制御改良により、最高出力が23PS向上されて390PSとなった。

2019年10月24日、世界初の燃料電池プラグインハイブリッドモデル「GLC F-CELL」が発表された。納車は2020年中頃となる。リアシート下部とセンタートンネル部に700気圧タンクを採用した水素タンクを、車体後部にはプラグを介しての普通交流充電や回生ブレーキによって発電された電気を充電する13.5kWhのリチウムイオン高電圧バッテリーが配されており、最高出力200PS・最大トルク350Nmを発生するモーターを回転して動力を得る仕組みとなっている。燃料電池と高電圧バッテリーの2種類の電源を備えることで、加速の最初期は高電圧バッテリーに充電された電気を使用し、その後は燃料電池で発電した電気をメインに使用するなどそれぞれの特性を生かした走行が可能なほか、システムモードを切り替えることで、燃料電池単体では不可だった短距離での高電圧バッテリーのみで走行や水素不足で最寄りの水素ステーションまで走行する際に高電圧バッテリーの充電を行って総航続距離を延ばすことが可能である。デザインは既存のGLCと差別化されており、フロントグリル・サイドスカート・リアバンパーにEQブランドを象徴するブルーアクセントが配され、サイドに「F-CELL」ロゴが入ったブルーのデカールを、アルミホイールはEQCと同じ20インチ10スポークアルミホイール(ブルーアクセント)がそれぞれ装着される。また、フロントバンパーも専用デザインとなる。なお、本モデルは、水素ステーション網の関係から、欧州以外では日本のみの販売となる。また、原則4年間のクローズエンドリース契約での提供が予定されており、車両は4年後に返却となるが、4年間(または150,000kmに達した時のいずれか早い方まで)は保証プログラム「メルセデス・ケア」の適用により一般保証修理、定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)、24時間ツーリングサポート、地図データ更新が無償となるほか、4回まで無料で希望する他のモデル(車種)の利用が可能な週末貸出サービス「シェアカー・プラス」の利用も可能である。

グレード 排気量・エンジン 最高出力・最大トルク 駆動方式 発売日
GLC200
GLC200 Coupé
274型 1,991cc 直列4気筒 DOHC ターボ 184PS/5,500rpm
30.6kgm/1,200~4,000rpm
後輪駆動 2017年2月22日
GLC200 Sports
GLC200 Coupé Sports
GLC220 d 4MATIC OM654型 1,950cc 直列4気筒 DOHC ディーゼルターボ 194PS/3,800rpm
40.8kgm/1,600~2,800rpm
四輪駆動
GLC220 d 4MATIC Sports
GLC220 d 4MATIC Coupé Sports
651型 2,142cc 直列4気筒 DOHC ディーゼルターボ 170PS/3,000~4,200rpm
40.8kgm/1,400~2,800rpm
GLC250 4MATIC 274型 1,991cc 直列4気筒 DOHC ターボ     211PS/5,500rpm
35.7kgm/1,200rpm~4,000rpm
2016年2月9日(クロスオーバーSUV)
2017年2月22日(クロスオーバーSUVクーペ)
GLC250 4MATIC Sports
GLC250 4MATIC Coupé Sports
GLC300 4MATIC Sports
GLC300 4MATIC Coupé Sports
M264型 1,991cc 直列4気筒 DOHC ターボ     258PS/5,800rpm~6,100rpm
37.7kgm/1,800rpm~4,000rpm
2019年10月3日
GLC350 e 4MATIC Sports
GLC350 e 4MATIC Coupé
274型 1,991cc 直列4気筒 DOHC ターボ     211PS/5500rpm
35.7kgm/1,200rpm~4,000rpm
2016年9月9日(クロスオーバーSUV)
2017年2月22日(クロスオーバーSUVクーペ)
Mercedes-AMG GLC43 4MATIC
Mercedes-AMG GLC43 4MATIC Coupé
M276型 2,996cc V型6気筒 DOHC ツインターボ 390PS/5,500~6,000rpm
53.0kgm/2,500rpm~4,500rpm
2016年9月9日(クロスオーバーSUV)
2017年3月下旬(クロスオーバーSUVクーペ)
Mercedes-AMG GLC63 4MATIC+
Mercedes-AMG GLC63 4MATIC+ Coupé
M177型 3,982cc V型8気筒 DOHC ツインターボ 476PS/5,500~6,250rpm
66.3kgm/1,750rpm~4,500rpm
2018年1月10日
Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+
Mercedes-AMG GLC63 S 4MATIC+ Coupé
510PS/5,500~6,250rpm
71.4kgm/1,750rpm~4,500rpm

出典[編集]

  1. ^ a b c メルセデス・ベンツ、GLKクラスの後継となる新型SUV「GLC」発表会
  2. ^ メルセデス・ベンツGLCの国内販売がスタートweb CG
  3. ^ a b GLC200、GLC220 d 4MATIC、GLC250 4MATICの値。GLC200 Sports、GLC 4MATIC Sports、Mercedes-AMG GLC43 4MATICは4,670mmとなる。
  4. ^ GLC350 e 4MATIC Sportsは1,900mm、Mercedes-AMG GLC43 4MATICは1,930mm
  5. ^ Mercedes-AMG GLC43 4MATICは1,640mm
  6. ^ 【ベンツGLC試乗】売れる要素てんこ盛り!走・攻・守そろうオールラウンダー&GP
  7. ^ GLC日本発売。待望の右ハンドルを設定したミドルクラスSUVcar view!
  8. ^ メルセデス GLC にPHEVとAMGを追加…価格はともに863万円”. carview! (2016年9月9日). 2016年9月10日閲覧。
  9. ^ “「GLC 200」および「GLC 220 d 4MATIC」を追加 「GLC 250 4MATIC」「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」の装備を一部改良” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2017年2月22日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170222_2.pdf 2017年2月23日閲覧。 
  10. ^ “「GLCクーペ」を発表” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2017年2月22日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170222_3.pdf 2017年2月23日閲覧。 
  11. ^ “メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ 機能を一部改良” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2017年7月25日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170725_1.pdf 2017年7月27日閲覧。 
  12. ^ “メルセデス・ベンツ メーカー希望小売価格を一部改定(詳細)” (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2017年12月18日), https://media.mercedes-benz.jp/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9-%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84-%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%82%92%E4%B8%80%E9%83%A8%E6%94%B9%E5%AE%9A-%E8%A9%B3%E7%B4%B0-/ 2018年1月11日閲覧。 
  13. ^ “GLCおよびGLCクーペにGLC 63 4MATIC+、GLC 63 S 4MATIC+を追加、GLC 63 S 4MATIC+ Edition1を発表” (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2018年1月10日), https://media.mercedes-benz.jp/GLC%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3GLC%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%81%ABGLC-MATIC-GLC-S-MATIC-%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0-GLC-S-MATIC-Edition-%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8/ 2018年1月11日閲覧。 
  14. ^ メルセデス・ベンツ日本、「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」を限定発売”. 日本経済新聞 (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  15. ^ メルセデス・ベンツ、「GLC」「GLC クーペ」マイチェン。「MBUX」採用とともに内外装デザインを一新”. Car Watch(インプレス) (2019年10月3日). 2019年10月7日閲覧。

関連項目[編集]