メルセデス・ベンツ・GLSクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
GLS350d 日本仕様 フロント
リア
内装

メルセデス・ベンツ・GLSクラスMercedes-Benz GLS-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売しているSUVである。GLクラスの後継車であり、アメリカ(アラバマ州タスカルーサ工場)で生産され、プラットフォームをダッジ・デュランゴと共有している。

初代(2015年-2019年)X166[編集]

2015年11月、ロサンゼルスオートショーで発表[1]

日本市場での歴史[編集]

2016年4月、日本で発売開始[2]

モデルラインナップおよび諸元[編集]

モデル GLS 350d 4MATIC GLS 350d 4MATIC
Sports
GLS 550 4MATIC
Sports
メルセデスAMG
GLS 63 4MATIC
販売期間 2016年4月–
ステアリング
トランスミッション 電子制御9速AT 電子制御7速AT
駆動方式 4WD
エンジン型式 OM642 278 157
種類・
シリンダー
DOHC V型6気筒
ディーゼルターボ
DOHC V型8気筒
ツインターボ
排気量 2,987cc 4,663cc 5,461cc
最高出力 190kW(258PS)
3,400rpm
335kW(455PS)
5,250-5,500rpm
430kW(585PS)
5,500rpm
最大トルク 620Nm (63.2kgm)
1,600–2,400rpm
700Nm (71.4kgm)
1,800–3,500rpm
760Nm (77.5kgm)
2,000–5,000rpm

2代目(2019年-)X167[編集]

GLS フロント

2019年4月、ニューヨーク国際オートショーで発表された[3]

日本市場での歴史[編集]

2020年3月23日、日本で発売開始された[4]。日本市場へは発売当初、「GLS 400 d 4MATIC」と「GLS 580 4MATIC スポーツ」の2モデルが導入される。価格は1263万円から1669万円。

同年12月15日には、ハイパフォーマンスモデルとなる「Mercedes-AMG GLS 63 4MATIC+」が追加発売された。

モデル GLS 400 d 4MATIC GLS 580 4MATIC スポーツ Mercedes-AMG
GLS 63 4MATIC+
販売期間 2020年3月- 2020年12月-
ステアリング
トランスミッション 電子制御9速AT
駆動方式 4WD
エンジン型式 OM656 M176 M177
種類・
シリンダー数
DOHC 直列6気筒
ターボチャージャー付
DOHC V型8気筒
ツインターボチャージャー付
排気量 2,925cc 3,982cc
最高出力 243kW (330PS)
3,600-4,200rpm
360kW (489PS)
5,500rpm
450kW (612PS)
5,750-6,500rpm
最大トルク 700Nm (71.4kgfm)
1,200-3,200rpm
700Nm (71.4kgfm)
2,000-4,000rpm
850Nm (86.7kgfm)
2,500-4,500rpm

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ メルセデス・ベンツGLS”. 2016年5月14日閲覧。
  2. ^ メルセデス・ベンツの最上級SUV、GLSがデビュー”. 2016年5月14日閲覧。
  3. ^ メルセデスベンツ GLS 新型、欧州受注を開始…8万5923ユーロから”. 2019年4月25日閲覧。
  4. ^ メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 【ニュース】” (日本語). webCG. 2020年3月23日閲覧。