メルヴィン・ギラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メルヴィン・ギラード
Melvinguillard.jpg
基本情報
本名 メルヴィン・ポール・ギラード・ジュニア
(Melvin Paul Guillard Jr.)
通称 ザ・ヤング・アサシン
(The Young Assassin)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1983-03-30) 1983年3月30日(36歳)
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
所属 チーム・アナコンダ
チーム・パニッシュメント
ジャクソンズMMA
→インペリアル・アスレチックス
ブラックジリアンズ
→グラッジ・トレーニング・センター
アメリカン・トップチーム
身長 175cm
体重 70kg
リーチ 180cm
階級 ウェルター級
ライト級
バックボーン レスリングキックボクシング
テンプレートを表示

メルヴィン・ギラードMelvin Guillard1983年3月30日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。アメリカン・トップチーム所属。

来歴[編集]

アルフレッド・ボナベル高校時代にレスリング部のコーチから総合格闘技の指南を受ける。 レスリングでは、2002年にルイジアナ州王者になっている。キックボクシングでも活躍しタイトルを2つ獲得した[1]

TUF[編集]

2005年リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン2リッチ・フランクリン率いるチーム・フランクリンのウェルター級選手として参加。エピソード2のエリミネイションバウトでジョシュ・バークマンに敗れシーズンから脱落するも、11月5日のフィナーレではマーカス・デイヴィスにTKO勝ちし、UFCへの継続出場権を獲得した。

UFC[編集]

2006年9月23日、ライト級転向初戦となったUFC 63でゲイブ・ルーディジャーと対戦し、ボディブローでKO勝ちを収めた。

2007年ジョー・スティーブンソンリッチ・クレメンティ相手に連敗を喫した[2]。スティーブンソン戦後の薬物検査ではコカインの陽性反応が検出され、ネバダ州アスレチック・コミッションから8か月間の出場停止処分と2100ドルの罰金が課せられた[3]

2008年7月5日、UFC 86デニス・シヴァーと対戦し、右ストレートをダウンを奪い、追撃のパウンドで開始36秒TKO勝ちし、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年9月16日、UFC Fight Night: Diaz vs. Guillardのメインイベントでネイサン・ディアスと対戦し、ギロチンチョークで一本負け[4]

2010年2月6日、UFC 109ホニス・トーヘスと対戦し、3-0の判定勝ち[5]。5月29日、UFC 114でウェイロン・ロウと対戦し、ボディへの左膝蹴りでKO勝ち[6]。9月25日、UFC 119ジェレミー・スティーブンスと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた[7]

2011年1月22日、UFC: Fight for the Troops 2エヴァン・ダナムと対戦し、TKO勝ちを収め4連勝。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後はライト級王座への挑戦をアピールした[8]。この試合はケニー・フロリアン欠場を受けての出場となった[9]

2012年1月、ジャクソンズMMAを離れインペリアル・アスレチックスへ移籍。

2012年8月11日、UFC 150で元同門で友人のドナルド・セラーニと対戦し、右ストレートでプロ初のKO負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年12月29日、UFC 155ジェイミー・ヴァーナーと対戦し、僅差の判定負け。当初は12月15日のThe Ultimate Fighter 16 Finaleで対戦する予定であったが、計量後にヴァーナーが体調不良を訴えたため急遽中止となっている[10]

2013年3月24日、自身のTwitterで当時在籍していたブラックジリアンズを離脱し、ジャクソンズMMAに復帰する事を宣言したが[11]、ジャクソンズMMAに復帰を拒否された[12]。2010年にアルバカーキで2件の傷害事件を起こした事が懸念材料になったとのこと。

2013年10月26日、UFC Fight Night: Machida vs. Munozロス・ピアソンと対戦。反則であるグラウンド状態での膝蹴りを当ててしまい、ピアソンは額から出血。試合続行不能とみなされノーコンテストとなった。

2014年3月8日、UFC Fight Night: Gustafsson vs. Manuwaでライト級ランキング14位のマイケル・ジョンソンと対戦し、判定負け。後日、UFCを解雇された。

WSOF[編集]

2014年7月5日、WSOF初参戦となったWSOF 11でJ.Z.カルバンと対戦し、パンチと肘打ちの連打でTKO勝ちを収めた。

2014年11月15日、WSOF 15でジャスティン・ゲイジーと対戦し、1-2の判定負け。当初はライト級タイトルマッチとして予定されていたが、ギラードの体重超過によりノンタイトル戦に変更となった。

Bellator[編集]

2016年7月22日、Bellator 159で薬物検査に失格してカンザス州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分が下されるも[13]、薬物更生プログラムを受けて出場停止の期間が6ヶ月に短縮された。なお、カンザス州アスレチック・コミッションの規定で薬物名は公表されないがコカイン系の薬物とされている[14]

RIZIN[編集]

2018年7月29日、RIZIN.11五味隆典と対戦し、スタンドパンチ連打でKO負け。前日計量でギラードは契約体重を950gオーバーした[15]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
58 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 21 2 9 0 2 3
21 6 9 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 五味隆典 1R 2:23 KO(スタンドパンチ連打) RIZIN.11 2018年7月29日
× モーリス・ジャクソン 2R 1:50 TKO(パウンド) SCL 65: Destination 2018年2月10日
× イスラエル・アデサンヤ 1R 4:49 TKO(パンチ連打) Australian FC 20
【Australian FCミドル級暫定王座決定戦】
2017年7月28日
× ムスリム・サリコフ 1R 1:33 KO(フックキック) Kunlun Fight MMA 12 2017年6月1日
× チディ・ヌジョクアニ 5分3R終了 判定0-3 Bellator 171: Guillard vs. Njokuani 2017年1月27日
デイヴィッド・リッケルズ ノーコンテスト(薬物検査失格) Bellator 159: Caldwell vs. Taimanglo 2016年7月22日
× デレク・カンポス 2R 0:32 KO(スタンドパンチ連打) Bellator 149: Shamrock vs. Gracie 2016年2月19日
× ブランドン・ガーツ 5分3R終了 判定1-2 Bellator 141: Guillard vs. Girtz 2015年8月28日
× ジャスティン・ゲイジー 5分3R終了 判定1-2 WSOF 15: Branch vs. Okami 2014年11月15日
J.Z.カルバン 2R 2:36 TKO(スタンドの打撃) WSOF 11: Gaethje vs. Newell 2014年7月5日
× マイケル・ジョンソン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Gustafsson vs. Manuwa 2014年3月8日
ロス・ピアソン 1R 1:57 ノーコンテスト(反則) UFC Fight Night: Machida vs. Munoz 2013年10月26日
マック・ダンジグ 2R 2:47 KO(左フック→パウンド) UFC on FOX 8: Johnson vs. Moraga 2013年7月27日
× ジェイミー・ヴァーナー 5分3R終了 判定1-2 UFC 155: dos Santos vs. Velasquez 2 2012年12月29日
× ドナルド・セラーニ 1R 1:16 KO(右ストレート) UFC 150: Henderson vs. Edgar 2 2012年8月11日
ファブリシオ・カモエス 5分3R終了 判定3-0 UFC 148: Silva vs. Sonnen 2 2012年7月7日
× ジム・ミラー 1R 2:04 チョークスリーパー UFC on FX 1: Guillard vs. Miller 2012年1月20日
× ジョー・ローゾン 1R 0:47 チョークスリーパー UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
シェーン・ローラー 1R 2:12 KO(スタンドパンチ連打) UFC 132: Cruz vs. Faber 2011年7月2日
エヴァン・ダナム 1R 2:58 TKO(膝蹴り) UFC: Fight for the Troops 2 2011年1月22日
ジェレミー・スティーブンス 5分3R終了 判定2-1 UFC 119: Mir vs. Cro Cop 2010年9月25日
ウェイロン・ロウ 1R 3:28 KO(ボディへの膝蹴り) UFC 114: Rampage vs. Evans 2010年5月29日
ホニス・トーヘス 5分3R終了 判定3-0 UFC 109: Relentless 2010年2月6日
× ネイサン・ディアス 2R 2:13 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
グレイゾン・チバウ 5分3R終了 判定2-1 The Ultimate Fighter: United States vs. United Kingdom Finale 2009年6月20日
デニス・シヴァー 1R 0:36 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 86: Jackson vs. Griffin 2008年7月5日
エリック・リーガン 3分3R終了 判定3-0 Rage in the Cage 105: Friday Night Fights 2008年3月7日
× リッチ・クレメンティ 1R 4:40 チョークスリーパー UFC 79: Nemesis 2007年12月29日
× ジョー・スティーブンソン 1R 0:27 フロントチョーク UFC Fight Night: Stevenson vs. Guillard 2007年4月5日
ゲイブ・ルーディジャー 2R 1:01 KO(右ボディブロー) UFC 63: Hughes vs. Penn 2006年9月23日
リック・デイヴィス 1R 1:37 KO(右ストレート) UFC 60: Hughes vs. Gracie 2006年5月27日
× ジョシュ・ニアー 1R 4:20 三角絞め Ultimate Fight Night 3 2006年1月16日
マーカス・デイヴィス 2R 2:55 TKO(カット) The Ultimate Fighter 2 Finale 2005年11月5日
ロジャー・ウエルタ 5分3R終了 無効試合 FFC 14
【ライト級トーナメント 決勝】
2005年3月5日
ペーテル・カルエヴィチ 1R 2:24 TKO(肘打ち) FFC 14
【ライト級トーナメント 準決勝】
2005年3月5日
ダレル・スミス 1R 3:07 TKO(パンチ連打) FFC 14
【ライト級トーナメント 1回戦】
2005年3月5日
ロバート・エマーソン 5分3R終了 判定2-1 Reality Combat Fighting: Cold Hearted 2005年2月19日
× サンチノ・デフランコ 1R 2:33 三角絞め ISCF: Domination at the DAC 2004年11月20日
ジェイソン・ハザウェイ 1R 0:37 TKO(パンチ連打) ISCF: Compound Fracture 2004年10月15日
ラバーン・クラーク 5分3R終了 ドロー Reality Combat Fighting: Dual in the Delta 2004年9月25日
エンジェル・ニエベス 5分3R終了 判定3-0 FFC 11: Explosion 2004年9月10日
× ライアン・スタウト 1R 2:55 腕ひしぎ十字固め Battle of New Orleans 14 2004年7月10日
リー・キング 5分3R終了 ドロー Battle of New Orleans 13 2004年6月25日
リッチ・ミラー 2R 2:07 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 58 2004年6月11日
カイル・ブラッドリー 1R 4:20 TKO(パンチ連打) FFC 9 2004年5月14日
× ジェイク・ショート 5分3R終了 判定0-3 FFC 8 2004年3月5日
× カーロ・プラター 1R 2:32 フロントチョーク FFC 7 2003年12月19日
ジャスティン・ウィーマン 2R TKO(パンチ連打) ISCF: Anarchy in August 2003年8月2日
カイル・ブラッドリー 1R 2:54 アームロック FFC 6: No Love 2003年7月11日
ポール・パーセル 1R TKO(パンチ連打) Art of War 2 2003年6月21日
ディエゴ・サライバ 1R KO(パンチ連打) ISCF: May Madness 2003年5月21日
アレックス・クロノフスキー 1R 1:32 KO(パンチ) Battle of New Orleans 6 2003年4月26日
アーロン・ウィリアムズ 1R 1:43 TKO(パンチ連打) Freestyle Fighting Championships 5 2003年4月25日
ビクトー・エストラーダ 1R 2:04 腕ひしぎ十字固め Battle of New Orleans 5 2003年3月22日
ロッド・ラミレス 2R 0:32 TKO(パンチ連打) Battle of New Orleans 4 2003年2月15日
ジョー・ジョーダン 5分2R終了 判定3-0 Battle of New Orleans 3 2003年1月18日
ジョナソン・ハーグロダー 1R 0:31 KO(パンチ) Battle of New Orleans 2 2002年12月21日
カルヴィン・マーティン 5分2R終了 判定3-0 Battle of New Orleans 1 2002年11月16日

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 紫帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(3回)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]