メロス (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メロス
FLOWシングル
初出アルバム『下記参照
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル Fun City Records
作詞・作曲 KEIGO,TAKE(作詞)
TAKE(作曲)
チャート最高順位
  • 週間10位オリコン[1]
  • 週間1位(オリコンインディーズチャート)[2][出典無効]
  • 2003年度年間267位(オリコン)
  • 2003年度年間11位(オリコンインディーズチャート)
  • 登場回数5回(オリコン)[1]
FLOW シングル 年表
贈る言葉
(2003年)
メロス
(2003年)
ブラスター
(2003年)
テンプレートを表示

メロス」は、FLOWの楽曲で、インディーズ4枚目のシングル(FCCD-3000)。2003年4月30日にFun City Recordsより発売された。今作で、バンド初の初登場でのオリコントップ10入りを記録した。

解説[編集]

  • インディーズ時代最後のシングル。完全生産限定で発売で、生産された5万5000枚を売り切った[3][4]。現在は廃盤。
  • 収録曲は表題曲のみで、ワンコインシングル(500円)として発売された。
  • 2003年5月23日放送分の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、チアガールと共に同曲を披露した。また、同番組の年末スペシャルにも出演し、「贈る言葉」とのメドレー形式で披露した。

収録曲[編集]

  1. メロス [4:08]
    作詞:KEIGO,TAKE 作曲:TAKE 編曲:FLOW,Seiji Kameda
    • テレビ朝日系『Matthew's Best Hit TV』3代目エンディングテーマ
    • テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2003年5月度オープニングテーマ
    • 元々はカップリング曲として制作されたが、ファンからの反響が良かったためシングルとしてリリースすることになった[5]
    • 応援歌の要素を持っており、ミュージック・ビデオ横浜にある洋館で撮影された。ギターのTAKEいわく「恋愛に臆病な男性を励ますという内容」になっているらしく、メンバーはその男性を励ます天使役という形で登場している[6]
    • 千葉ロッテマリーンズが、「sing for you」というタイトルでこの楽曲を応援歌として流用している。

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「メロス」FLOW(ORICON STYLE)2013年10月30日閲覧。
  2. ^ アーティスト概要(バイオグラフィー)”. Amazon.co.jp. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。[出典無効]
  3. ^ FLOW - アミューズ オフィシャル ウェブサイトアミューズ公式サイト)「メロス」のページ参照。
  4. ^ メジャー1枚目のアルバム『GAME』の初回盤付属のDVDの「FLOW LIVE HISTORY」より。
  5. ^ メジャー26枚目のシングル「常夏エンドレス」初回盤付属DVDの「TALK THE MAX!!!」のTAKEの発言より。
  6. ^ ベストアルバム『FLOW THE BEST』初回盤付属のDVDのコメンタリーより。