メークローン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メークローン駅(メークローンえき、タイ語:สถานีรถไฟแม่กลอง)は、タイ王国中部サムットソンクラーム県ムアンサムットソンクラーム郡にある、タイ国有鉄道メークローン線である。

メークローン駅
切符売り場とホーム
切符売り場とホーム
แม่กลอง
Mae Klong
バーンクラバン (3.59km)
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
サムットソンクラーム県
ムアンサムットソンクラーム郡
駅番号 5032
所属事業者 タイ国有鉄道
所属路線 メークローン線
キロ程 33.75km(バーンレーム駅起点)
電報略号 แอ.
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1907年7月12日
テンプレートを表示
メークローン駅に入線した列車

概要[編集]

メークローン駅は、タイ王国中部サムットソンクラーム県県庁所在地であり、人口10万人が暮らすムアンサムットソンクラーム郡に位置する。当駅の駅名になっているメークローン川は当駅のすぐ西側にある。このメークローン川は映画戦場にかける橋』で有名になったクウェー川の下流に当たる。又当駅から西方に路線を延長し、タイ国鉄南本線パークトー駅と接続する計画があったが実現していない[1]

歴史[編集]

1907年7月12日に民営メークローン鉄道としてバーンレーム駅 - メークローン駅が開業し、約1年後の1908年10月6日にターチーン鉄道を吸収合併した[2]1942年-1945年第二次世界大戦私鉄のメークローン鉄道は、軍事管理化に入りその後1946年5月8日に国有化されタイ国鉄の駅となった[3]

駅構造[編集]

片面ホーム1面1線の地上駅。ホームと着発線を覆う上屋が設けられている。

メークローン線西側区間(バーンレーム駅 - 当駅間)は、全線一閉塞で一列車のみが往復する運行形態となっており、2000年代以降、両終端駅構内を含め側線は全て撤去されている。

メークローン市場[編集]

メークローン市場を徐行通過する列車

メークローン市場は、メークローン駅直前の線路上に広がる市場。本来のメークローン市場は、線路沿いにある場内市場であるが、買い物客を多く集めるために商店が駅に近づき、線路上に市場が広がるようになって場外市場が形成された。

メークローン駅の発着本数が1日3往復程度と少ないことから、線路上は市場として利用されており、線路の脇には様々な屋台が立ち並ぶ。列車接近時には放送が流れ、それを合図にパラソルオーニングを畳んで陳列していた商品を片付け、列車が通り過ぎるとまた営業が再開する。列車と衝突しないよう低くレール沿いに並べられた商品は取り除かれず、列車はその商品の上を徐行して通過する。列車通過時に全店舗が一斉にパラソルを畳む様子から、"Tarad Rom Hoop"(タラート・ロム・フープ、傘たたみ市場)と呼ばれている。その光景の珍しさから観光ツアーのコースに組み込まれることもあり、タイの観光地の一つとなっている。

駅周辺[編集]

  • メークローン市場
  • バスターミナル(200m)

脚注[編集]

  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.223-225
  2. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.47
  3. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.222

参考文献[編集]

  • 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)

関連項目[編集]