メーデイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イーヴリン・ド・モーガンの1889年の絵画『メーデイア』。バーケンヘッドウィリアムソン美術博物館英語版所蔵。

メーデイア古希: Μήδεια, Mēdeia)は、ギリシア神話に登場するコルキス(現在のグルジア西部)の王女である。イアーソーン率いるアルゴナウタイの冒険を成功に導いたとされる。長母音を省略してメデイアとも表記される。

概要[編集]

太陽神ヘーリオスの孫であり、魔女キルケーの姪にあたる[1]。すでにヘーシオドスの『神統記』に名前が現れており、コルキスの王アイエーテースオーケアノスの娘エイデュイア(イデュイア)の娘で[2]アポロドーロスによればカルキオペー[3]アプシュルトスという兄弟がいたが[4]ロドスのアポローニオスはアプシュルトスを異母兄としている[5]。後代の説ではタウリケー王ペルセースの娘ヘカテーとアイエーテースの娘で、キルケー、アイギアレウスと兄弟とするものもある[6][1]。イアーソーンとの間にメーデイオス[7]、あるいはメルメロスペレース[8][9][10][11]、あるいは双生児テッサロスとアルキメネース、ティーサンドロスを生んだ[12]。またアテーナイアイゲウスとの間にメードスを生んだという[8][13][14][15][16][17]

ヘーシオドスはメーデイアを《眼輝く乙女》と呼んでおり[18]、ロドスのアポローニオスはメーデイアやキルケーがヘーリオスの子孫の証である黄金色の光を発する輝く瞳を持つとしている[19][20][21][22]。ヘカテー神殿に仕える巫女であり[23][22]、ヘカテーの魔術に長けていた。元来はギリシアに征服された地方の土着の女神だったと考えられている[24]

メーデイアの魔法[編集]

クラテールに描かれたメーデイア。クリーブランド美術館所蔵。

ロドスのアポローニオスによると、メーデイアは女神ヘカテーからあらゆる魔法の薬草とその扱い方を教わっており、彼女が薬草を用いて行う魔法は激しく燃える炎の勢いを和らげ、川の流れを堰き止め、星々や月の運行を妨げることが出来た[25]。そしてメーデイアは良からぬ研究をするたびに、の女神セレーネーを恋の魔法でエンデュミオーンのいる地上に引き下ろし、夜空から月明かりを消し去ったという[26]。また冥府の住人を呼び出したり[27]、幻を見せることもお手の物だった[28][29][30][31]シケリアのディオドロスも、メーデイア自身が研究して習得した薬草学薬学の知識に加えて、母ヘカテーや姉キルケーが得た知識も等しく学んでいたとしている[32]

メーデイアの薬草の知識の中でも特筆されているのはプロメーテイオンと呼ばれる薬草である。この薬草はコーカサスの山頂に縛られたプロメーテウスが不死身の大鷲に肝臓を食われた際に、大地に飛び散ったイーコールから生まれたもので[33]、この薬草から作った魔法の薬を真夜中にヘカテーに供儀した後、身体や武器・盾に塗りつけると、1日の間だけ刃や火から身を護り、無双の力を得ることが出来た[34][35][36]。ただし供儀の最中にヘカテーに対して礼を失するとその限りではない。供儀においては1人で黒衣をまとい、円形の穴を掘り、その中で雄の屠殺した後、穴のそばに積み上げた薪の山に置いて火をつけ、ヘカテーに捧げる。さらに蜂蜜を注いで女神を慰撫しつつ加護を祈願する。するとヘカテーが供物を受け取りに現れるので、薪の山から戻って来る。その際に女神の足音や地下のたちの鳴き声が聞こえても決して後ろを振り返ってはならない。さもなくば努力が水泡に帰すだけでなく、無事に帰ってこれないとメーデイアは語っている[35]

メーデイアは祖父ヘーリオスから授かった有翼の竜に引かせた二輪の戦車に乗っていたが、この戦車には、メーデイアが大地と天界の両方を支配していることを象徴するために翼があった[37]

眠りの魔法[編集]

メーデイアが眠りの魔法に用いたという杜松の枝。

またメーデイアは眠りの魔法にも優れていた。ロドスのアポローニオスはメーデイアが金羊毛を守護する竜を眠らせた手順を次のように語っている。まず呪文を唱えて眠りの神ヒュプノスに助力を乞い、ヘカテーに加護を祈る。すると呪文の力で竜は力を緩め警戒を解いたが、まだ眠らせることは出来なかったので、切り取ったばかりの杜松の枝を薬草の汁に浸し、魔法の秘薬を直接竜の眼にかけて眠らせ、最後に竜の頭に薬を塗った。こうしてイアーソーンは金羊毛を手に入れることができた[38]。その後、ヘカテーの助りを借りて夜の闇に魔法の薬を空中に撒き魔力を働かせ、月を遮られたので弟のアプシュルトスを待ち伏せで騙まし討ちされ逃げる。一方、オウィディウスはまず見たものを忘却させる効果のある薬草を竜にかけた後、眠りをもたらす呪文を唱えたとしている。この呪文には荒波や激流を鎮める効果もあった[39]

若返りの魔法[編集]

若返りの魔法を施したメーデイア。

メーデイアの最も有名な魔法は老人を若返らせる魔法である。オウィディウスによれば、それは次のようなものであった。まず満月の夜に、星々と月、ヘカテー、薬草をもたらす大地をはじめとする諸神に祈りをささげた後に有翼の竜の戦車に乗って各々の地方で薬草を採取する。次に男との接触を断ち、館の戸口に芝土でヘカテーとヘーベー祭壇を作る。そしてその傍に2本の溝を掘り、黒い屠殺して血を注ぐ。さらにそこに白い葡萄酒と温めた乳とを1杯ずつ加えた後、冥府の王ハーデースペルセポネーに祈り、魔法を施す過程で老いた者の生命が失われないように祈願する。ここでようやく魔法を施す相手を運び入れる。燃える祭壇の周囲をめぐり、松明を溝の血に浸して火をつける。集めた薬草は、東方産の石、引き潮のあとの海岸の砂、満月の夜に出来たミミズクの翼と肉、人狼、キニュプス産の水蛇の皮、長寿とされる牡鹿肝臓、9代を生きた鳥のくちばしなどと煮込んで魔法の薬を作る。大釜の中を乾燥したオリーブの枝でかき混ぜたとき、枝に生命力が戻って葉が茂ったりオリーブの実がなると頃合であり、魔法で眠らせた老人の首を切開して血を流し、薬を喉や傷口に流し込む。するとたちまちのうちに若返るという[40]

ただし、アポロドーロスは身体を切り刻み、薬草とともに大釜で煮ることで若返らせるとしている[41]。一説によると逆に薬を身体に塗って老人の姿にすることも出来た[42]。そして体に塗った薬を洗い流すと、再びもとの若々しい姿に戻るのだった[43]

神話[編集]

ヘーラーの企み[編集]

ピンダロスによると、美と愛の女神アプロディーテーはメーデイアをイアーソーンに恋させるため、車輪アリスイを結びつけた呪具イユンクスを作り、呪文とともにイアーソーンに与えた。イアーソーンはこの呪いを用いることでメーデイアを仲間に引き入れ、金羊毛を奪うことに成功した[44]。ロドスのアポローニオスによると、メーデイアに恋させるようアプロディーテーを説得したのは女神ヘーラーである。ヘーラーはイオールコスペリアースへの憎しみとイアーソンがアイエーテースに殺されないようにという親切心から、アプロディーテーを訪れ、彼女の息子エロースの矢でメーデイアの心にイアーソーンへの恋を目覚めさせ、イアーソーンの味方をさせるよう説得した。エロースの矢に胸を射抜かれたメーデイアはイアーソーンの冒険を様々に助けた[45]

アプシュルトスの殺害[編集]

アポロドーロスによると、イアーソーンとメーデイアが金羊の毛皮(金羊毛)を獲ってアルゴー船を出航させたとき、アイエーテースの船団に追われ、メーデイアは、一緒に連れてきていた幼い弟アプシュルトスを殺し、亡骸を海にばらまき、追手がこれを拾い集めている間に脱出したとされている[4]

しかしこれには異説があり、ロドスのアポローニオスによると、アプシュルトスはアイエーテースとコーカサスニュムペーのアステロディアーの子で、このときすでに成人していて、追手の船団を率いた。そしてメーデイアが小島にアプシュルトスをおびき出したところをイアーソーンがこれを殺したというものである[46]。いずれにせよ、メーデイアは親族殺しの罪を浄めなければならないことを、アルゴー船に取り付けられたドードーナの聖なる予言で知らされた。そこでアルゴナウタイはアイアイエー島を訪れ、アプシュルトス殺害の罪を魔女キルケーに浄めてもらった[47]

イアーソーンとの結婚[編集]

メーデイアはその後もアルゴナウタイと行動を共にし、プランクタイの岩礁やセイレーンの住む島といった海の難所を乗り越えて、アルキノオス王が統治するケルキュラ島にたどり着いた。彼らはアルキノオスから歓待を受けたが、コルキス人の追手が島にやって来てメーデイアの引き渡しを要求した。メーデイアは王妃のアレーテーにすがりついて、引き渡しに応じないでほしいと懇願した。王妃がアルキノオスにどうするつもりなのか尋ねると、アルキノオスは「もし、メーデイアが処女のままであったならアイエーテースのもとに返そうと思うが、しかしイアーソーンと夫婦の契りを交わした後ならば夫婦を引き離すような裁定は下さないし、もし子供を身ごもっていたならば決してコルキス人に引き渡すことはしない」と語った。そこでアレーテーはアルゴナウタイに王の判断を知らせ、納得した彼らは、ケルキュラ島の海岸にあるマクリスの聖なる洞窟で婚礼と初夜の床の準備をした。床の上には金羊毛が敷かれ、ヘーラーは2人のためにニュムペーたちを送って祝福した。そしてアルゴナウタイがコルキス人の襲来に備える中で、オルペウスは婚礼の祝歌を歌い、メーデイアはイアーソーンと夫婦の契りを交わした。翌日、アルキノオスがメーデイアに関する裁定を下すと、コルキス人はメーデイア返還の要求が無駄であることを悟った。しかしアイエーテースの怒りを恐れて帰国をためらい、アルキノオスの許しを得てケルキュラ島に移り住んだ[48]

タロース退治[編集]

その後も航海は続いた。クレータ島ではタロースに遭遇したが、メーデイアは船の甲板で三度呪文を唱え、生者の生命を食らう冥府の死霊や猟犬を召喚し、タロースに幻を見せた。するとタロースはアルゴー船に投げつけようとした巨岩を落とし、踵の一本の血管を覆う薄い膜を傷つけてしまい、イーコールが流れ出て死んでしまった[49]。メーデイアが薬で狂わせた、あるいは不死にすると約束してタロースを欺き、血管を塞ぐ釘を抜き去ったため、イーコールが流れ出て死んだという説もある。このような冒険を経て、メーデイアはイアーソーンの祖国イオールコスにたどり着いた[50]

アイソーンの若返り[編集]

コッラード・ジアキント英語版の1760年の絵画『メーデイアはアイソーンを若返らせる』。メトロポリタン美術館所蔵。

オウィディウスの『変身物語』によると、イアーソーンは、メーデイアに対して自らの寿命を縮め、年老いた父アイソーンの延命を願い出たが、メーデイアは夫の望みに応じて死期の迫ったアイソーンを魔法の秘薬で若返らせるという不思議な法術を行った[51]

ペリアース殺し[編集]

メーデイアはペリアースの娘たちに老いた雄羊を切り刻んで鍋に入れてぐつぐつ煮て、若返らせる所を見せた。姫たちは父親を同じように若返らせようと、ペリアースを切り刻み、鍋に入れてぐつぐつゆでたが、ペリアースは死んでしまった。メーデイアがペリアースを謀計によって殺した後、イオールコスの人々はメーデイアの残酷な仕打ちに怒って追放し、メーデイアはイアーソーンとともにコリントスに向かった[41]

イアーソーンへの復讐[編集]

ウジェーヌ・ドラクロワの1862年の絵画『我が子を殺すメデイア』。パリルーヴル美術館所蔵。

追放されたイアーソーンとメーデイアはコリントスで幸福に暮らしたが、コリントス王クレオーンに気に入られたイアーソーンは王から娘グラウケーを与えられた。そこでイアーソーンはメーデイアと離婚してグラウケーと結婚したが、激怒したメーデイアは結婚の誓約を立てた神々にイアーソーンの忘恩をなじり、グラウケーに毒を浸したペプロス[8](あるいは魔法の薬で作った黄金の[10])を贈り、それを着たグラウケーは炎に包まれ、助けようとしたクレオーン王とともに王宮もろとも焼け死んだ。さらにメーデイアは2人の息子であるメルメロスとペレースを殺し[8][10]、ヘーリオスから授かった有翼の竜の戦車に乗ってアテーナイに逃れた[8]

この復讐劇は後代のエウリーピデースによる脚色であるとも言われる[52]。イアーソーンとメーデイアの間には、7人の息子と7人の娘がいたが、メーデイアが手にかけたのではなく、グラウケーとクレオーンの殺害に憤激したコリントス人たちが、彼らをことごとく捕らえ、石を投げつけて殺したというものである。また、長男のメーデイオスは、イアーソーン同様ペーリオン山のケイローンに養育されていて、難を逃れたともいう。

また、復讐劇は起きなかったとする説もある。パウサニアスによるとコリントスはもともとメーデイアの父アイエーテースの出身地であり、アイエーテースが国政を執った時期があったので、コリントス人は王統が途絶えた後にメーデイアを迎え入れた[53]。しかしメーデイアは子供を不死にしようと考えてヘーラー神殿に隠したが、そのことを知ったイアーソーンはコリントスを去ったため、メーデイアもコリントスをシーシュポスに譲って去ったという[54]

逃避行[編集]

コリントスを追われたメーデイアは、初めテーバイヘーラクレースを頼った。そしてヘーラクレースが狂気に憑りつかれて我が子を殺戮しているのを目の当たりにした。ヘーラクレースはイアーソーンが本当に不誠実で、自分を襲った狂気を治してくれるのなら匿おうと言った。そこでメーデイアは英雄を苦しめる狂気を薬草で治癒したが、エウリュステウスがヘーラクレースに別の苦役を強いたため、英雄に保護してもらうことを諦めざるを得なかった[55]

次にメーデイアはアテーナイを訪れた。アテーナイのアイゲウス王は喜んで迎え、メーデイアと結婚した。しかしメーデイアは王宮にやって来たテーセウスを危険視し、排除しようとした。そこで夫にテーセウスに用心するよう言い含めた。アイゲウスは彼が自分の息子だとは気づかずにメーデイアの言葉を信じ、テーセウスをマラトーンの牡牛退治に行かせた。そしてテーセウスが無事に戻って来るとメーデイアは今度は毒殺しようと試みた。しかしアイゲウスがメーデイアから渡された毒薬入りの飲物でテーセウスをもてなそうとしたとき、トロイゼーンに残した自分の剣をテーセウスが献上したので自分の息子だと気づいた。こうして毒殺に失敗したメーデイアは王の息子を殺そうとしたために息子メードスとともにアテーナイを追放された[8][56][注釈 1]

その後メーデイアはイタリア半島に行き、マルビウム人たちに蛇遣いの術を教えた。テッサリアー地方にも一時滞在し、女神テティスと美しさを競ったが、イードメネウスの審判で敗れたという[57]。さらに、小アジアに達して王と結婚した。この王はアイギオスでメーデイオスの父だともいう。

コルキスへ帰国[編集]

コルキスで父王アイエーテースが伯父ペルセースに王座を奪われたと聞いたメーデイアは、メードスを連れて故郷コルキスに帰り[8][13]、ペルセースを殺してアイエーテースを再び王座につけた。息子のメードスは後に周辺諸国を征服してメーディアを建国した[8]

一説によると、メーデイアはアルテミス巫女だと身分を偽ってペルセースの国に訪れた。そして自分が殺したコリントス王クレオーンの息子ヒッポテースが投獄されていることを知った。実は彼は母の後を追ってきた息子メードスだったが、そうとは知らずにヒッポテースが自分を殺しに来たのだと考えて、彼はメーデイアの息子メードスであり、王を殺すためにやって来たに違いないから自分に引き渡してほしいと説得した。しかしメードスが連れて来られるとメーデイアは自分の息子であることに気づき、メードスにペルセースを殺すよう命じた。そしてメードスがペルセースを殺して王権を奪うと、メーデイアはその地を自分の名前にちなんでメーディアと名付けた[58]ヘーロドトスも、メーディア人たちはアテーナイから逃亡したメーデイアが自分の名前にちなんでメーディア王国と名付けたと主張したと述べている[59]

その後[編集]

やがてメーデイアは不死の身となり、エーリュシオンの野を治めたという。アキレウスは死後ヘレネーと結婚したという伝説があるが、相手はヘレネーではなく、メーデイアだという説もある[60]

エウリーピデースによる悲劇[編集]

古代ギリシア三大悲劇詩人の一人エウリーピデースによる戯曲。コリントスを舞台とし、夫イアーソーンに離婚を告げられ、追放を言い渡されたメーデイアは、イアーソーンへの復讐のために彼の新しい花嫁とその父王、そして自分の2人の息子を殺害してコリントスを去っていく。一人の女性によって全てを狂わされてしまう物語である。

系図[編集]

オケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセーイス
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
オデュッセウス
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
 
 
ペルセース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エイデュイア
 
アイエーテース
 
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
ミーノータウロス
 
カトレウス
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーデイア
 
イアーソーン
 
 
カルキオペー
 
プリクソス
 
 
アプシュルトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メルメロス
 
ペレース
 
アルゴス
 
キュティッソーロス
 
プロンテス
 
メラース
 
プレスボーン
 


ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このエピソードはテーセウスのミーノータウロス退治直後に自殺したアイゲウス王が生きているためミーノータウロス退治以前のものだが、テーセウスがミーノータウロスの退治後に上記のアルゴナウタイに参加していた説もあるので矛盾が生じている。

出典[編集]

  1. ^ a b 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』280頁。
  2. ^ ヘーシオドス、959行-962行。
  3. ^ アポロドーロス、1巻9・1。
  4. ^ a b アポロドーロス、1巻9・24。
  5. ^ ロドスのアポローニオス、3巻241行-244行。
  6. ^ シケリアのディオドロス、4巻45・1-45・3。
  7. ^ ヘーシオドス、997行-1002行。
  8. ^ a b c d e f g h アポロドーロス、1巻9・28。
  9. ^ パウサニアス、2巻3・6。
  10. ^ a b c ヒュギーヌス、25話。
  11. ^ ヒュギーヌス、239話。
  12. ^ シケリアのディオドロス、4巻54・1。
  13. ^ a b パウサニアス、1巻2・8。
  14. ^ ヒュギーヌス、26話。
  15. ^ ヒュギーヌス、27話。
  16. ^ ヒュギーヌス、244話。
  17. ^ ヒュギーヌス、275話。
  18. ^ ヘーシオドス、998行。
  19. ^ ロドスのアポローニオス、3巻287行-288行。
  20. ^ ロドスのアポローニオス、4巻683行-684行。
  21. ^ ロドスのアポローニオス、4巻727行-730行。
  22. ^ a b グスターフ・シュヴァープ 『ギリシア・ローマ神話』第1巻、角信雄/訳
  23. ^ ロドスのアポローニオス、3巻250行-252行。
  24. ^ 里中満智子 『マンガ ギリシア神話6 王女メデイアの激情』 中央公論新社
  25. ^ ロドスのアポローニオス、3巻529行-533行。
  26. ^ ロドスのアポローニオス、4巻55行-66行。
  27. ^ ロドスのアポローニオス、4巻1665行-1669行。
  28. ^ ロドスのアポローニオス、4巻1670行-1672行。
  29. ^ シケリアのディオドロス、4巻51・6。
  30. ^ シケリアのディオドロス、4巻52・2。
  31. ^ ヒュギーヌス、24話。
  32. ^ シケリアのディオドロス、4巻50・6。
  33. ^ ロドスのアポローニオス、3巻851行-853行。
  34. ^ ロドスのアポローニオス、3巻844行-850行。
  35. ^ a b ロドスのアポローニオス、3巻1029行-1050行。
  36. ^ ロドスのアポローニオス、3巻1194行-1264行。
  37. ^ ロバート・グレーヴスギリシア神話 下巻』、紀伊国屋書店
  38. ^ ロドスのアポローニオス、4巻145行-164行。
  39. ^ 『変身物語』7巻。
  40. ^ 『変身物語』7巻。
  41. ^ a b アポロドーロス、1巻9・27。
  42. ^ シケリアのディオドロス、4巻51・1。
  43. ^ シケリアのディオドロス、4巻51・5。
  44. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第4歌213行以下。
  45. ^ ロドスのアポローニオス、3巻10行以下。
  46. ^ ロドスのアポローニオス、4巻410行-481行。
  47. ^ アポロドーロス、1巻9・24。
  48. ^ ロドスのアポローニオス、4巻995行以下。
  49. ^ ロドスのアポローニオス、4巻1638行-1689行。
  50. ^ アポロドーロス、1巻9・26。
  51. ^ 『変身物語』7巻。
  52. ^ アイリアーノス、5巻21話。
  53. ^ パウサニアス、2巻3・9。
  54. ^ パウサニアス、2巻3・11。
  55. ^ シケリアのディオドロス、4巻55・4。
  56. ^ アポロドーロス、適用(E)1・5-1・6。
  57. ^ フォティオス図書総覧英語版』190話。
  58. ^ ヒュギーヌス、27話。
  59. ^ ヘーロドトス、7巻62。
  60. ^ アポロドーロス、適用(E)5・5。

参考文献[編集]

関連項目[編集]