モアイくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モアイくん
ジャンル アクションパズル
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 コナミ
発売元 コナミ
ディレクター 村木摂
梅崎重治
プログラマー 柴田裕治
音楽 上高治己
美術 岸本方彰
人数 1人
メディア 512キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 199003091990年3月9日
その他 型式:KDS-M9
テンプレートを表示

モアイくん』は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から発売されたパズルアクションパズルゲーム

概要[編集]

ツインビー』(1985年)や『グラディウス』(1985年)などコナミの様々なゲームに登場していたモアイがデフォルメしてメインキャラクターとなって登場している。モアイくんはジャンプで一段高い位置へ登り、頭突きでブロックを破壊し、爆弾で足場を破壊しながら、ステージ中にある扉へ向かって進んでいく。プッチー(モアイ族の子供)を全員救出し、扉に入ればステージクリアとなる。全56ステージ。

ステージ音楽に奇数では「笑点のテーマ」(1967年)が使用され、偶数では「Somebody Stole My Gal(吉本新喜劇のテーマ)」(1918年)が使用されている。2015年、プロジェクトEGGにより「コナミファミコンクロニクル Vol.3 ROMカセット編」に収録される形でサントラ化された[2]

登場キャラクター[編集]

モアイくん
この作品の主人公であるモアイ族の勇者。
プッチー
平和の楽園「モアイランド」に住んでいるモアイ族の子供。
スカル兵A
スカル帝国の下級兵。
スカル兵B
スカル帝国の下級兵だが、スカル兵Aよりも足が早い。
スカル帝国監視兵
プッチー達が逃げ出さないよう周りをいつも見張っている。
スカル帝国隊長
スカル兵士達の上官。口から剣を吐いてくる。
スカル帝国将軍
口から大量のコウモリを吐いてくる。
火吹きモアイ像
モアイくんの頭突きが通用しない、一定の間隔で炎を吐き出すモアイの石像。
スカルキング
モアイ族でありながら、侵略と破壊を繰り返すスカル帝国の悪の王。三千年も生きた為に老いて白骨と化した体しか残っておらず、昔のような若い肉体を手に入れるため悪魔と契約を結んだ。

スタッフ[編集]

  • プログラマー:柴田裕治
  • キャラクター・デザイン:岸本方彰
  • サウンド・デザイン:上高治己
  • スペシャル・サンクス:霜出健治
  • ディレクター:村木摂、梅崎重治

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点[3]
ファミリーコンピュータMagazine 19.50/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.50点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.70 3.22 3.11 3.19 3.18 3.10 19.50

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 327頁。
  2. ^ 『コナミ・ファミコン・クロニクル Vol.3 ROMカセット編』懐かしのKONAMIサウンドが蘇るCDが発売! - ファミ通 2015年7月17日(2015年8月22日閲覧)
  3. ^ a b モアイくん まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月18日閲覧。