モウカザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
モウカザル
全国
ヒコザル - モウカザル(#391) - ゴウカザル
シンオウ
ヒコザル - モウカザル(#005) - ゴウカザル
基礎データ
英語名 Monferno
進化体系 1進化ポケモン
進化前 ヒコザル
進化後 ゴウカザル
世代 第4世代
ポケモン学
分類 やんちゃポケモン
タイプ ほのお / かくとう
高さ 0.9m
重さ 22.0kg
特性 もうか
かくれ特性 てつのこぶし
テンプレートを表示

モウカザルは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

ヒコザルの進化形。額には眉毛が繋がったかのような青い隈取りができ、腕には黄色の輪がはまったかのような模様がある。長く伸びた尾の先端には炎が灯っている。青い隈取りと尻尾の炎が鮮やかなほど、群れの中で地位が高い。

これは武器として使用される他、炎を長く伸ばして体を大きく見せ、外敵を威嚇する際にも用いられる。尻尾の炎の勢いをコントロールしてこれらの用途で使用する事で、自分の得意な間合いを保ち、天井や壁を利用した空中殺法で戦う。

ゲームでのモウカザル [編集]

ダイヤモンド・パール』から登場。ヒコザルがレベル14で進化する。野生のものは存在しない。かくとうタイプが追加され、覚える技にも一部変化が見られる。レベル36でゴウカザルに進化する。

プレイヤーが最初にナエトルを選択した場合はライバルが、ポッチャマを選択した場合はナナカマド博士の助手(ヒカリもしくはコウキ)が使用する。

アニメでのモウカザル [編集]

ダイヤモンド&パール』(以下DP)88話で、アオイがポケモンサマースクールで借りたポケモンとして登場。声優古島清孝

サトシのポケモンとして登場。サトシのポケモン (ダイヤモンド&パール)#ゴウカザルを参照。

映画でのモウカザル [編集]

2009年公開の『アルセウス 超克の時空へ』にサトシのモウカザルが登場。

ポケモンカードでのモウカザル [編集]

炎タイプの1進化ポケモン。ポケモンカードDP「エントリーパック」、および拡張パック「時空の創造 ダイヤモンドコレクション」「時空の創造 パールコレクション」にヒコザル、ゴウカザルと同時に収録されている。

関連項目 [編集]